思うこと

国の要人の言うことは信じない方が良い

こんばんは、与沢です。

FXや株をやっている人にとっては大変な関心事だったかと思いますが、

ドル円が121円前後から111円まで8日程度で10円下落しました。

日経平均も7日で3000円下落しました。

普通は、数か月かけて数千円とか10円とかを上げていくのに、半月せずに、これだけ下がったので、

経済的には、えらいこっちゃと騒いでいます。

特にドル円、株式ともに過去2-3日の動きがやばかったです。

ちなみに、私のサポートしている生徒さんは知っていますが、

自分は予見できていましたので、FXに関しては始めて以来最大の利益でした。

ドル円が、きれいに株価に先行していたので、株も17000円から15000円まで

100%全勝空売りフルスイングで的中できました。

この下落を予見していた先日に、大前提は時に崩れる、という投稿をしたのですが、

今日は、それに関連する話で、政府要人の話を今後、

あまり信用しない方が良いという点を指摘したいです。

石原経済再生担当大臣は、

日本経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は良好で、

今回の円高で変化しているとはみていない。

個人的見解だが、ちょっと市場心理は悲観的すぎるのではないか

と述べました。

菅官房長官も、

我が国の経済は足腰が極めてしっかりしている。

市場心理は悲観的過ぎる

と述べました。

麻生財務大臣は、

引き続き為替市場の動向を緊張感を持って注視していくと同時に、

必要に応じて適切に対応していくが、

急激な相場の変動は望ましくない。

最近の為替市場でかなり荒い値動きが見られる

と指摘しました。

黒田総裁は、

為替相場は経済実体反映して安定推移するのが望ましい

と述べた上で、最近の市場動向は経済実態からみるとやや行き過ぎ

との見解を示しました。

また、市場の過度なリスク回避はマイナス金利の影響とは考えていないと述べました。

今後の金融政策に関しては、2%物価目標の実現のため、

必要になれば何でもやるとあらためて述べました。

これらの発言を見て、政府要人の言うことを鵜呑みにすると大変なことになることがわかります。

そうか日本政府は為替介入で守ってくれるのね、円安維持ね?と思うと痛い目を見ます。

そもそも、つっこみどころも満載なのです。

我が国の経済は足腰が極めてしっかりしている。

どこが?なぜそう言える?

最近の為替市場でかなり荒い値動きが見られる

それは見れば誰でもわかる。

最近の市場動向は経済実態からみるとやや行き過ぎ

それも見ればわかるよ。それは何も言っていない。

市場の過度なリスク回避はマイナス金利の影響とは考えていない

そう言える根拠は?なまじマイナス金利をしたことへの期待から121円超まで円安が進行したため、振り子の原動力で、その反動として、ここまで上から下に、下落してしまったように私には思える。

必要になれば何でもやる

何をやってくれるのか、そこを知りたい。

という風に政府要人の発言はここ1年ぐらいずっと見てきましたが、

常に何も言ってないな、と思っています。

そもそも行き過ぎだ、と言うということは、驚いている様子ですし、

管理相場制ではない以上、1国の政府にはコントロールできないと思います。

なぜなら通貨ペアというぐらいで、相手国があり、投資家も日本人以外もたくさんいるためです。

それなのに、旧来より、金融緩和の手法は無数にある、何でもやる、日本は強い

というのは、国民もそうですし、自分たち自身へ、そう言い聞かせているように聞こえます。

そうなってもらわないと困るという念が入っていますね。

しかし、念じても常にそうなるわけではないので、

そろそろ政府の見込みと市場の心理がずれてきた、という証拠がこれらの政府要人の発言

に出ていると思います。

ということで、政府には期待値があります。

そっちに持っていこうとする意志です。そのため発言は目標を含んだものになります。

しかし、為替や株という自由市場は、国の期待の方向に行くとは限りません。

戦後日本の預金封鎖やバブルが弾けた後の金融緩和も、政府の事後対応です。

なので、株、FXをやる人は、こういう時こそ政府要人やえらい人の言うことをうのみにせず、

真逆の可能性も考えながら、テクニカル的に短期で考察を続けるのが結果としては最も

良い成績になると思う次第です。

前回、前々回乖離率と同率に達しましたので、一度反発上昇が来るでしょうが、

今後も引き続き下落傾向で、上値は非常に重いと見るべきかなと思います。

理由は、米国経済は長らく強すぎた。60か月以上成長した。歴史的にこれ以上成長した事例がない。

中国失速も事実。

米国と中国が悪くて、中東は原油安、アフリカやASEAN、ラテンアメリカはそもそもパイが小さい中で

日本だけぐんぐん伸びるかというと、いったん下値に不安を覚えた市場は、上げてもすぐ下がる可能性を

今後は、常にはらみます。

いわゆる骨折済みなので、けがしやすいです。

ということで、国の要人の言うことは信じない方が良い、というのが現時点の私の考えです。

———————————————————-

与沢の本音(1日1個好き勝手なこと言います)

実は日本出国直前にこんなテレビに出演しました。

ネオヒルズ系なので、伏せていましたが、勝手に

ネットに上がっていますね。

関連記事

  1. 1億円投じる
  2. 許す力
  3. 千里の行も足元から始まる
  4. なぜ富豪が生まれるのか?
  5. 「お金」について考えてみました
  6. 久々に文書いたな。
  7. 強い人がなぜ強いのかを考えてみる
  8. 今の過ごし方が5年後の答えになる。答えは作るもの

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. あーたんを接写 笑
  2. 秒速男子「与沢翼」スタンプが発売開始されました
  3. 1000万溶けるか、増えるか

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

シンガポールへ引っ越しました

シンガポールへ引っ越しました。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 金融マーケットへの本質的な問い
  2. セブのビーチパーティの様子です
PAGE TOP