思うこと

私が嫌いなタイプ

こんばんは、与沢です。

今日は、いつもと趣向を変えて、本音トークいきたいと思います!
私は、嫌いなタイプがものすごくはっきりしています。
これを言うと、私が嫌われるかもしれません。

しかし、多くの人のためになると思って私はあえて言います。

なぜなら、私が嫌いなタイプは成功しないタイプだと思っているからです。
ここ最近、私は、何人かをFACEBOOKやLINEでブロックしました。

どういう人をブロックしたかというと、
あるビジネスへのアドバイスをしてほしい、という内容や

これをやってくれないか、とお願いをしてきた人間です。
正直、これ系のメッセージは毎日20通前後来ます。

なので、今更どうってことないのですが、これらのメールへは、

個別でのご相談にはのっておりません、とお返ししました。
なぜお返ししたかというと以前うちの会社に面接に来ていたり、

うちの会社と関係があった者たちだからです(内容はそれぞれ別件)。
すると、一人は、私との2ショット写真を添付してきて、冷たいなー

会長の弟子ですよ、と言ってきました。
しかしながらこの者は数日で飛んだ人間なんです。

その瞬間にブロックしました。
このメールになんの問題があるか分かりますでしょうか。
まず第一に、

礼儀です。

何か人にお願いするとき、私ならとてつもなく

へりくだった文を作り何度も失礼がないかを

確認して送ります。それが依頼の時の姿勢

というものです。
それが一切ない。
この礼儀なくして、今もなお私に友達かのように

連絡やメッセをしてくる者がいますが、

このスタンスで成功はまずできないので、ここにはっきりと

記載しておきます。
特に赤の他人なら良いのですが、以前私の部下だった者たちが、

礼儀を持っていないのを見るにつけ、悲しくなります。
つまり、関係があるからこそ、悲しくなるわけです。
次に、配慮です。

連絡をしてきた者は、以前も、何で稼いでいますか?

と連絡をしてきました。
何の脈絡もなく突然というところがポイントです。
自分には、自分の時間や都合があるように、

相手には相手の時間や都合があります。
ですから、突然連絡し、かつ、人に頼み事をする、

ということがそもそもスタートから

失礼な行為なんです。
もしそれでも、どうしても突然連絡して人に頼み事をしないといけないというのなら、

そんな時だからこそ、より礼儀をわきまえて、慎重に連絡をすべきだと考えています。
そして、次に勘違いです。

そもそも私はこの人間に何かをアドバイスすべき責務を負っていません。
お金をいただいているわけではないですし、

むしろ私とロールスロイスと映る写真が出てきては、

弟子と言われたのでは、かえって自分にはマイナスです。

利用されているだけです。
そもそも数日で飛んだ人間を弟子とは言いませんからね。

全ての人がこういうタイプではないのを知っています。
むしろ8割の日本人は礼儀をわきまえています。

また8割の私の元弟子は素晴らしいです。
しかし、こういう少数の人間たちがいることで、

私は二度と弟子を取らないと誓いました。
私にとっては弟子制度というのはマイナスでしかない

という深刻な事態にだいぶ前に気が付いたからです。
私も職業人ですから、お金をいただければ

仕事としてきちんとアドバイスします。

それは当然のことです。
しかしお金をいただいていない人へ回答する義務はありません。

無償でやることもあれど、無償でやってもらうなら礼儀はなお必要です。
逆に言うと、突然何かを思い出したように、

いきなり相手の状況に配慮せずお願いをしてくる人。
そういう者は、絶対に人生の成功はないです。
もしもまだ人生で大きな結果を出していない人がいたとすると、こうアドバイスします。
それは、礼儀がないこと、空気が読めないことが最大の敗因の理由だよ、と。
私は、ネット上では、礼儀がない人間を演じていますが、

実は、対面する人への失礼は絶対になきようしています。
つまり本当の顔の部分として、私は相手に非礼なことなど絶対にしないのです。

だから成功しているわけです。
もし、今日の私の文章を読んでぎくっとする人は気を付けて下さいね。

例えば男女関係を例に出したいのですが、

過去に肉体関係があった女性に

突然連絡する男性がいるようです。

それは男の勝手な都合です。
あなたが、その女性とやりたくなったのか、暇つぶしかはわかりませんが、

長らく連絡が途絶えていた相手に連絡をするのは基本的には辞めた方が良いです。

相手には新しい環境やパートナーがあることがほとんどです。

それでも連絡するなら、相手に期限や行為を迫らずに、ゆとりを与えて最敬礼で連絡をするべきです。

でないと相手にひどく迷惑です。
簡単に言うと、自分の都合で、相手の状況に配慮せず

突如連絡すること自体がかなり非礼である、ということです。

まして、相手に何らかの行為を求める、というのは終わっています。

間違いなくそれをする人が一流になることはないです。
人が動くときというのは、その人自身が動きたいと

自発的に思うときか、あるいは、

その人に権利を持って動かせる時のどちらかです。
ずばりお金で相手を動かす権利を持つか、

その人自身が心から動きたいと思うような状態を

作ってあげることが必要です。

無償で人は動きますが、その場合は心が必要です。
このどちらかなんです。
金も払わねーやろうが人に行為を要求するなど言語道断。

金を払わないなら、魅力的なやつになるか、相手が動きたいと思うような環境を作るしかない。

つまり心です。
それもできないなら、【せめて】礼儀です。

というわけで、日本はバカが多くて疲れます。

これまでもそうでしたし、これからもそうなんでしょうが、

うんざりします。

今回はまさに、利用されただけの私が、都合も配慮されずに、一方的に行為を要求され、断ると冷たい、もう忘れたんですか?弟子でしたよ、と説教されたわけです笑

もう前提が違いすぎて、話が合わないのです。

金ももらっていない、何もしてもらっていない、心も動かない、礼儀度外視のなれなれしさ

無理でしょ笑

礼儀を重んじる私からすると奇想天外なわけですよ。
もちろん8割の日本人は優秀です。

しかし少数の非礼な人がいるわけです。

そういう人に限って中途半端です。

ちなみに、私は、自分がされて嫌なことは相手にしないようにしているので、

そもそも、長年連絡を取っていない人に突然連絡をすることは1000%ないです。
このメールを読んでいる人で突然私から連絡が来たという人がいれば、1000万円あげます。

それぐらい私は、自分が嫌いなタイプが取る行動をしないのです。
その最たるものが、人に頼む、人に探りを入れる、突然自己都合で連絡する、という行為です。

人のことが気になってしょうがない人が、すぐに聞き込みしたり、質問したり、理由もなく、ただ気になるからという理由で連絡をしたりしてきますが、これも大嫌いです。
お前が思っているほど、こっちは暇じゃないし、ぶれていないんだよ、ということです。

やることは全て決まっていて、確実に人生の成功のステップを毎日踏んで努力しているわけです。

こちとら忙しいわけです。充実していて他者が人生に割り込んでくる余白はないように生きているんですよね。
自分の神聖な領域に非礼な人が入ってくるといらいらします。

だから、自分が嫌いな非礼は、人にもしません。
お願いごともしないし、依頼もしないし、

興味本位の探りもいれないし、アドバイスも求めない。

なぜなら、自分がされて嫌だから。
私は普通の人よりは有名なんですよね。

だからその分、自分がこれまでされて嫌だったことをたくさん経験しています。
そのため、お願いごとや依頼や助言を求めない分、死ぬほど自分との闘いで努力しています。

人に頼むというのは最も簡単な行為です。
お願いしたいことは全部自分でやるわけですし、技術的にもやれるようにならないといけません。

それが与沢翼の生きる美学であり、誰にも依存したくない。

だから強くなるし、賢くなるわけです。

結果も出ます。

そういう生き方です。

思うに、人に頼りすぎる人だらけです。

全部自分で一度やってみたら?と思います。

トレードもプログラミングもデザインも経理も営業も

コピーライティングも何でも自分でやれよ、って感じがします。

本当に考えているの?本当に調べたの?本当に試してみた?って思います。
ちなみに、経営者が、資金を出してシステムやノウハウ、

プログラムやデザイン、専門知識や労働力とかを買うのはありです。

なぜならお金払ってますもん。
それは事業です。買い物をして、それ以上のリターンを作る行為は

ビジネスですから。

Okです。
私もお金を出したときは、例えばシンガポールの会計士の先生や

不動産会社や弁護士の先生などにたくさん質問します。

まとめて数か月に一度大量にするようしていますが。

その方が効率が良いからです。
お金を出しているなら当然ですが相談をしてOkです。

もちろんモンスターカスタマーにはなりませんよ。
人と人ですから、お金を払ったって礼儀ありです。
簡単な話、例えばですが、

良い女は、金で買えると思っている勘違いさんがいたとします。

しかしながら、美女をお金だけで買おうとしても美女は実は売ってくれません。

愛人気質のそれも良い女はお金をもらった替わりに相手に最低限のことはすれど、

最高の貢献をするのは、惚れたときだけです。

つまり、金だけ払えばよいわけではなくて金+心なんですよね。
金と絆が出来て本当にエロい関係(思いやりベースの関係)ができるのではないでしょうか。

変な例ですが、わかりやすく言えばそういうことです。
ぶっちゃ言いますと私は勘違いではないんです。

その理由は、人にお願いしないでも良いぐらい努力して自分で工夫し一人で解決してきているからです。

そして、何かを依頼するなら、ガツンとお金も出すからです。
そして金を出すことに+してお客になっても私は謙虚です。

お金を出せば、自分がえらい、何でも要求できると思っていますが、違う。
お金を出した上でさらに、相手と良い関係を築くべきなんです。

すると何が起こるかというと、それ以上のリターンが私にあります。
金も出して誠意も出すのか?客も大変だな、と思いますか?

違います。

金と誠意を出すと実は客が一番得するんです。
なぜなら、提供側は、お金も出してくれて、かついい人だし、

この人にこそ全部おいしい話はもっていこうとなるからです。

あなたがお金をもらってみれば一発でわかります。
誠意のある客とそうでない客。

そうでない客なんてこちらから願い下げなわけです。
誠意のあるお客様にもっと尽くしたいと思います。

愛人の理論も一緒。
ぶっちゃけますと、私はキャバクラや飲み会でもぶっちぎりでモテます。

こんなデブなんですよ、このあたり心理学的にレベルの高い人は、私がモテる理由がわかるはずです。

一方デブな与沢がモテるわけない、仮にモテるなら金の力だと思っている人は、実はその人が多分モテない人です。

なぜなら、心理支配という世界を知らないから、外見か金かとなるからです。

実は人は、外見や金よりも最終的には内面で動いています。

特に外見や金で引かれても、最終的に重い決断(例えば結婚とか大金払うとか時間を使う決断とか)をする時は、最後は、内面判断しているからなんです。

結局心理学的側面で、センスない人はもうビジネスは無理なんです。
このあたりの心理を私は誰よりも深く研究してきていて理解しています。

だからビジネスもうまくいきます。
こういう力がない人は、株式市場の値動きの心理も読めないし、相場の空気も鼓動も読めないと思います。

対人関係のセンスなき人は、一生株も勝てません。これが結論です。

ということで、ぜひあなたのためを思ってまとめました。

第一に、礼儀のある人間になって下さい。

第二に、相手への配慮をして下さい。

第三に、勘違いを治して下さい。

第四に、突然人に連絡してお願いをしないで下さい。笑

第五に、他者依存せず自分で努力して下さい。

第六に、ビジネスで買い物するときは、お金+提供者への誠意をもって下さい。

第七に、空気を読んで下さい。自然な脈絡や文脈を作って下さい。

以上です。
第四なんて特に。

いきなり思いたったように連絡してくる東京の女とか私にもいますが、

失礼だよね。自分の都合で私が必要になったら連絡してくるとか。

素直で良いという考えもあるかもしれませんが、私は痛いと思う。
なぜなら、良い女は知っているからです。

出会いはその時が大事。

一瞬の実り。

だからそのとき成立しなかったらもうダメだってこと。
後からその人が良く思えてきても、たいていは遅いということですね。
ちなみに、何もしてもらっていない女から頼み事をされることもありますが、

は?って感じです。何かしてもらった人になら最低限は返します。
あ、そうそうこれも付け加えます。

第八に、なれなれしくするな、です。
なれなれしいやつが世界でトップクラスに嫌いです。

礼儀の親戚みたいな概念ですが、

なれなれしいというのは、幾多の関係や時間を経た

お互いの中でやがて許されるものだと私は思っています。
それが私の考え方です。

自分が相手に何かできていない間柄で、お願いごとはおろか、

なれなれしくすることは1万%ありません。
なれなれしい、というのはバカがすることですよ。

率直とかフランクとか、外人はそうなのかもしれません。
率直、フランクも脈絡があって、親しき仲にも礼儀がある言い方であれば、

OKだと思います。
というわけで、今日は本音で書きました。

私はここで書いたことは1億%本気で信じています。

そして、ここで書いたことをできている人はやっぱり

ビジネスでも結果を出しているんですよね。

何かの参考になれば幸いです。

与沢 翼

———————————————————-

与沢の本音(1日1個好き勝手なこと言います)

これまでの教訓

ある人は、自分が弱いときは、己の野心を

隠して私に近づいてきた。

そして、一たび利権を私から手にすると、

隠していた野心を表にして、

私を踏み台にする時期を終える。

踏み台にすることは構わない。

しかし、それなら私もお金をもらおうと思った。

この経験から人を日本で雇うことを辞めた。

無償どころか、お金を払ってさらに色々と

もっていかれる笑

もちろん反対からの見え方や言い分もあるだろう。

しかし、 私にはそう思える。

富の配分、ふん、なるほど笑
今も、雇ってほしいとか、

運転手にしてほしいとか、

弟子にしてほしいと毎日メールをもらう。

しかし二度と私が雇ったり弟子を取ることは

ない。

結局それは私のためではなく、自分のために

人は近づいてくるのだということを学んだから。

笑 当たり前だな。

これ以上は、踏み台にはされない。
ただ、本当に力のある人も近づいてきてくれて

彼らのおかげで今の私があるのもまた間違いない。

しかし、利己か共栄か

それを見分けるのが著しく困難である

ということだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

PS:誰にでも簡単に株で勝てる方法を体系化した
下山トレーダーの手法を学んでおいて下さい。
第1話 パソコン不要、携帯のみで1日5分を使って
手持ちのお金を2倍に増やす今世紀最強に簡単な株式
投資手法
⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=2971&u=2340&u=2340&u=2340

———————————————————-

第2話 口座残高を倍に膨張させる投資銘柄の選び方・・・
⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=2972&u=2340&u=2340&u=2340

———————————————————-

第3話 過去5年間無敗の株式投資手法
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=y35zUFdZA8g

———————————————————-

第4話 口座残高を倍に膨張させるタイムスケジュール
⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=2990&u=2340&u=2340

———————————————————-

第5話 おまけ
⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=2991&u=2340&u=2340

———————————————————-

第6話 トレード実況中継
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=0IQW-3oVZ8E

———————————————————-

第7話 下山よりあなたへの重要なお知らせ

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=46twpRpZpSQ

———————————————————-

第8話 秘密の全てを公開

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=VAbfevhsICo

———————————————————-

第9話 下山秘伝の技術(相殺決済)

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=1frBcYoOelU
———————————————————-

■対談1  水野トレーダー
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=K2aO9mJbQ00

———————————————————-

■対談2  Sトレーダー
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=jOqQ0uQfDqY

———————————————————-

■対談3  ポンタトレーダー
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=4NcuJPdfiPE

———————————————————-

■インタビュー1  遠山トレーダー
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=5e0HpflSalQ

———————————————————-

■インタビュー2  森のくまトレーダー
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=NORsbJwpEps

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. こういうことをした方がよい
  2. 明日からドバイ
  3. 2016年は山籠もりします。
  4. マインドを正しく矯正しよう
  5. 成長度合いが半端じゃないことです
  6. 未来
  7. 新年あけましておめでとうございます
  8. ヤバすぎる成功学

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. カジノで140万ゲット
  2. まだまだ無力さを痛感する
  3. 新型フェラーリ488スパイダーを買いました。

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

「お金」について考えてみました

今日は、私が31年の人生で最も時間を費やして考えてきたであろう「お金」について考…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. たっかいルブタン!
  2. ラルフの本棚とシャンデリアが届きました
PAGE TOP