思うこと

新年は既に24分の1を消化した

こんばんは。与沢です。

今日は1月15日、既に1月の半分、つまり1年の24分の1は終わりましたね。
こう考えるとぼけっとしていると、本当に1年はすぐに終わってしまいます。
今年の年末にきっと私は、あー、今年は利益で10億円稼いだんですねー、とか、

今年は、○○を買いましたー、とか。こういうビジネスを形にしましたーとか

ダイエットに成功しました、とか、色々とこれができた、あれができた、と、きっと言っていると思います。

自信があります。
なぜ自信があるかというと、これまでほとんどのことを達成してきたからです。

そして、毎年、これを達成したと言っているからです。
その内容は、常に新しく、常に記録を更新していて、異なる景色を見ているものです。

人生は、年々よくなるものという大前提に基づいて生きているからです。

こういう風に言うと、なんか与沢は調子に乗っているなと思うかもしれませんが、それはそう思っても良いのですが、本当のことなので、仕方がないのです。
そして、皆さまが、私よりも、もっともっと色々なことを当然のように達成すれば、私程度の者に、

いらっとなど、しなくなるはずです。
私に対して、もしいらっとするなら、二つ原因が考えられます。

一つは、自分が思う存分結果を出せていないからです。
不思議なことに成果を出している人ほど、他人に嫉妬したり、いらっとしません。

成果をぐんぐん出している人は、もっと成長したいと思っているので、他の成果を出している人を見て、素直にすごいなー、そうかー、そういう手があったか、私も取り入れよう、という感じでプラスに情報を使えます。

成果出している人を見ていらっとするなどないです。
そして、あなたが私の発言にいらっとすることがあるとすれば、その二つ目の原因は、まさに素直さがない、です。

自分が絶対だと思う人ほど、成果を出している他者への批判が多くなります。

これはちょこっと成果出した程度の人によく見られます。
ということで、気を付けて下さい。

自分が思う存分たくさん結果出ていれば、結果出している人とは同じシンパシーを感じるはずですので(^^♪

もちろん結果出していない人など見る必要もないんです。
それともう一つは、素直に他人の良いところを学ぶと、すーっと成長していきます。

そこに感情は不要です笑 自分が得するので、どんどん真似した方がよいです。

私なんて自分の人生思い返すと、ぱくってぱくってパクリまくってきた人生です。

成功者の言うことをそのままやってきました。

株始めたときも最初にやったのは、BNFさんの2チャンネルのアーカイブを全て検索しまくって、かき集めたという方法ですので。マジですよ。

アパレルも情報系もトップのやり方を最初に収集します。しかし、私の場合ずっと真似しているわけではなくて、すぐに師匠的な先輩のやり方を離れるという特徴があります。

師匠(的な人)を徹底して学ぶのは、時間短縮のためと訳わからん方向に行かないためです!戻ってくるのに時間かかるので。

で師匠(的な人)のやり方を学んでいくと、自分にも頭がありますから、本質に照らしてこっちの方がよいとか、自分の方法も固まっていくんですよね。

なので、師匠(的な人)発、自分オリジナルになります。守破離で言うと、破離へ移行するのも私はめっちゃ早いです。3か月とか半年ぐらいかな。
で、話を戻しますが、

この15日間で何しました?

私は元旦から仕事して、毎日コラムを書き続けてきました。

しかし、コラム含めそういうソーシャルの更新などは平常運転の範囲ですから、実はそんな平常運転の話をしたいわけではないです。

平常運転で基礎体力は高めに保ちつつ、プラスアルファが大事です。

この2週間で、私は多くのことが実現できました。

1年の24分の1が終わったので、それなりに形になっていないとまずいと思います。

さすがに結果がもう出たというのは私にも無理ですが、今年の一年間の予定を固めたのです。
今年の不動産投資の方針を決定しましたし、トレードの元手と運用目標も決まりました。

メタトレーダー使って今年は、FXに特に力入れます。理由は、秒速で稼ぐにはレバレッジ高い海外証券の方が効率が良いからです。

もちろんお金に余裕があるからこそ、取れる戦略ではあるかもしれませんが。

※XM証券は24時間日本人サポートがついているので最もおすすめです。使い方については、何でも教えてくれます。 ⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=2822&u=3

簡単に言うと口座をWEB完結で開設できて、XMのMT4をインストールすれば、トレード開始がすぐできます。

元手の入金もクレジットカードや日本国内の銀行振り込みでできます。

そして、ネットビジネスの年間予定もカジノ(PAIZA)に行く回数と目標も決まりました。

今年は、海外旅行もたくさんします!去年はどちらかというと働きづめといえば働きづめだったので、

今年は、うまく、世界を見に行きつつ、トレードと英語と健康とビジネスと両立します。

これ両立するには、相当充実してないと無理で、時間の無駄なんてマジで許されないです。
大切なお客様と読者の皆様、そして自分のこと、家族のこと、これしか考えられないです。

他人がどうのなんて言っている人はもう無理です。

他人のことはどうでもいいんですよ、身内と大切な人と自分だけ大事にしましょう。
無関係な人に関心向けるエネルギーを使うほど、バカにはならないで下さい。

あなたのニュースフィードやタイムラインは閉鎖してもよいと思います。
そして、私は、旅行、英語、健康、トレード、ビジネスとこの2週間で2016年の大綱をまとめあげました。

既に他者が絡むものは、打ち合わせについては、対面で話したものもありますが、だいたいをWEB上で終えました。

そのため、あとは、これを実行するだけです。
思うに大きな結果を短期で(例えば一年とかで)集中して出すときは、

他人のことは気にしない。自分にとって重要な少数の人にだけ集中しましょうね!

これが第一です。
あとは無駄な時間を使わないこと、これも大事です。

打ち合わせ、会議、情報収集、飲み会、人脈作り、限度を持ちましょう。
最低限必要なのはわかりますが、私は成果出すときは、上記のような事柄については、ほとんどいらないと思うんですよね。

全体の0.1%ぐらいの時間に留めるべきだと思いますよ。

打ち合わせや会議ばかりしても意味ない。

最初に一回やって中間に1回やって終わりに1回やればよくない?みたいな。
情報もたくさんあっても一つも形にならない。飲み会も人脈もそんなにいらないですって。

現に私は、飲み会は3か月に1回、ソーシャルチェックは1日10分、会議も打ち合わせも月に1回あるかないか、人脈なんてそもそも要らない。一人でも誇り高く、大切な仕事はできるし、人脈作りよりも、もっと重要なことがあります。

成果に直結する少数の要因は何か。

これを考えるべきです。

で、意味ないことやめましょう。他人のことも忘れましょう。

他人は他人、自分と関係ありませんから。

身内と大切な人だけ見てればOK。
他人のこと心配したいなら、大成功してからやって下さい笑
男がはまるのは、賭博と女と酒とその他趣味的なことなので、このあたり気を付けましょう。
趣味はメイクマネーです!と自信もって言えないと一流のビジネスマンじゃないです。

だって、メイクマネーが趣味ならお金持ちになりますもん。
私は現実にメイクマネーが趣味で、それ以外の趣味はないです。
何と言われようとお金でできることは多いし、自由とパワーも手に入ります。

ですから、私は、プライベートジェットを買って、庭に空港を作ってから、

本当に人生にお金が必要だったかどうかを自問して、論じたいと思います。
スティーブジョブズが、お金を稼いだ結果、行きついたのが、色あせない思い出の方がより大事だった、という遺訓を残してそれがソーシャルでシェアされていましたが、

あれ見て、そうか、やっぱり金じゃないんだ、思い出だと思うのは、勘違いです。笑
なぜなら、スティーブジョブズは、全てを手に入れたから、そこに行きついたわけです。

そしてお金があったから誰も実現できない思い出ができたことも忘れてはいけないです。

ということで、

趣味はメイクマネー

時間は有限

無駄なことはしない

他人は他人

覚えておいて下さい。

オ○ニーのしすぎにもくれずれもご注意下さいね。

抜きどころとか探している場合じゃないです。

AVの冒頭で抜いて下さい。笑

与沢

 

20160115_4720

関連記事

  1. これから時代変わると思うんです。
  2. 人気が出てからでは遅い(リスク理論)
  3. 人が全ての基盤である
  4. 【成功へのステップ③】
  5. 夢×熱狂=成功
  6. 第6話 短期投資実践編
  7. 妄想力
  8. 金儲けの本質

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Tokyo Gallery by Musée Collection
  2. 帰国
  3. 【成功へのステップ②】

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

中村会長、カラテカの入江さんと飲んでいます

中村会長、カラテカの入江さんと飲んでいます。いつも貴重な時間をありがとうございま…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 投資で勝つための真実の方法
  2. たっかいルブタン!
PAGE TOP