仕事

勝利の準備は丸3日で終えること

【与沢コラム】勝利の準備は丸3日で終えること

こんばんは。与沢です。

昨日、年収7倍を目指す目標について提案しました。

実際には、特に7倍という数字にこだわる必要はなく、各自、2倍でも3倍でも構わないと思っています。

ただいずれにせよ、1割、2割の収入UPと異なり、2倍3倍となると、発想の転換が多くの場合で求められることをお伝えしました。

今日は、いざ結果を出すために必要な準備について話します。

準備とは、一体何かというと、本気で結果を出しに行く前に、私がいつもやる儀式的なことでもあります。

それが準備です。

準備とは、環境構築のことです。
わかりやすく言うと、結果を出せる環境を作るということです。

例えば、大学受験をしようと思ったとき、私はまずその環境を作りました。

友達を切ること、彼女と会わない状態を作ること、携帯を解約すること

の3つです。

厳密に言うと、

部屋を勉強仕様に作り替えること、参考書を買いこむこと、予備校に入学すること

という当たり前の3つもあるのですが、特に大事なのは、前3つです。

友達を切り、彼女とほとんど会わず、携帯がないからこそ、合格したと思っています。
成果を出すためには、まずもって未来の憂慮を取り除く必要があります。

言い換えれば後顧の憂いを取る、という感じです。

背中を虎に狙われていたら、おちおち前進もできませんよね。

そのようにそもそも足を引っ張る存在やルールや状況などをすっぱりと切っておかないといけないのです。
なぜ私がこういうことをするかというと、最後の最後で、どんでん返しの大失態を食らわないためです。

例えばですが、一生懸命頑張って合格できる力を付けていたのに、受験直前に友人関係のトラブルや喧嘩、また恋人からふられるという失恋などに巻き込まれたらどうなりますか?

多分落ちます。落ちずともパフォーマンスは下がるでしょう。つまり、危ない戦いになります。

だから後顧の憂いは最初に取っておくというのが私のやり方です。
それも失敗する度に危険なものへの認識が強まるため、憂いは人生経験に比例して増えていくので、それを潰してから動くため、歳とともに、失敗が減り、成功は大きくなります。

例えば税金という憂いを知った以上、儲ける前に海外に行くという行動は、まさにこの準備に相当しています。

準備をしなければ、稼いだ後に気がついて、わざわざ高い税制にさらされますが、それはただの怠慢です。
もちろん日本が絶大に好きな人や日本でないと生きている意味がないと思う人は、税金を払う価値を感じている方ですので、OKです。

しかし、そうでないなら、強く認識していたにも関わらず、稼いだ後に税制の高さにぴーぴー言うのは、ただの怠慢だと私は思うわけですね。
また、彼女も友達も受験よりも大事だ!

というのであれば、切る必要もありませんが、その後、その彼女とも友達とも私の場合は結局別れたので、私にとっては、やはりそもそも彼女や友達よりも大学の方が大事だったのです。

それで良かったと思っています。

冷たい考え方ですが、みんなと一緒ができるのは子供の時だけです。

そういう群衆心理のもたれ合いは、甘い、ですね。
ということで、成果を出すためには、決定的な準備が必要です。

それを、【勝つための準備】と呼んでいて、まず私は準備から入ります。

例えばトレードで勝ちたければ、PCのパフォーマンスが重要だし、モニターが最適であることが実は重要です。

だからしょっぱなにすることは買い物なんですよ。当たり前。商売道具が腐っていては良い仕事ができません。

一流のコックが2流の素材で2流の料理になるように、一流の大工が2流のカンナでは2流の研磨になるように。

一流の人であっても、ダメなものを使えば結果はダメになるんです。

BNFさんから自宅環境を取り除いてスマホだけ渡しても100億稼げないですよ笑 多分。

よってソフトウェアをインストールしたら見やすい表示も考え抜かなくてはいけません。

となると、どの証券を開設しておくかということも当然重要です。
他の例で言えば、ブログでアクセスを伸ばそうと思って最初にやることは一眼レフを買うことなんです。

綺麗な写真は大切なんです。

以後同じ作業をするにも、スタートが変わるだけで後の結果の総体はがらっと変わります。

このように、物事によって、勝つための準備は異なります。

しかし、共通して言えるのは、大前提でやらないといけない準備があり、それを最初に短期集中で片づける必要があるのです。
3日でやれ、と書きましたが3日は比喩です。

準備の内容によっては1日で終わることもありますし、1か月、1年かかることもあるでしょう。

しかし環境構築、すなわち私の言う準備とは、ファーストでやることが必要です。

第一であり、なるべく速やかに、という意味でファーストです。
この発想は生まれもってなぜか人より強く私が持っている意識ですが、

経営者になってプログラマーを雇ったときにこういうエピソードを聞いて、自分のそれまでの無意識の習慣に確信を持ちました。

それは、プログラマーは一流であればあるほど、入社して最初の頃に集中して作業しやすい環境を作るんです、

という技術社員の話を聞いた時でした。
なるほど、一流の人は入社してすぐ仕事をせず、とにかく環境構築に時間を費やすのだなと。

それはソフトウェアの設定もそうだろうし、即必要情報を参照できるようにブックマークを整理したり、フォルダ分けをしたり、

あるいは、予め用意してある、お仕事セットをインストールしたり、CPUとかメモリのチューニングかもしれない。

とにかく働きやすい環境を作ることに数日使うというのです。

その間何も仕事はしないそうです。

私もそれが必要だと思います。
より高いパフォーマンスの成果を出したいと思ったら、やはり、環境が第一です。

環境悪くして成果は出ません。途中で障害にあったりパフォーマンスが落ちますし、最後に、大どんでん返しで失敗を食らうのも、準備不足の人であり、後顧の憂いを取り除かなかった人です。
例えばですが、何もかもうまくいっていた人がある日、火事や事故を起こしてしまって破産とか、順風満帆だった実業家が浮気発覚で離婚して財産をほとんど嫁に取られるとか、結構あるんですよ。

人生は罠だらけ。だからこそ、そういう罠に落ちないためにも準備は必要です。
PCのデータやサーバーが消えたり、信頼しているクラウドが壊れてしまったり、そのデータ預けているブログやSNSの会社が倒産したら、あなたはどうしますか?

常に、リスク予測をして対策を講じる必要がありますし、まずもって仕事しやすい環境は成果を出す上で最も重要なんです。
さらに言うと、適宜必要となる資料やサイトを探す時間を作らないこと、汚い部屋や散乱したPCのファイル状況にならないこと、これらも留意して下さい。

私は、新年なので、今日は資料や契約書を整理し、不要なものを全て捨てさり、PCの内部やストレージを整理整頓しました。

これで一段と仕事がやりやすくなり、あとはもはや成果を出すことしかやることは残っていません。
また、話を応用させますが、不要な固定費をきちんと切っていますか?

これも忘れがちですが、私は、380円のマイクロソフトのワンドライブ(クラウドのストレージ)すら解約しました。
その理由はグーグルがグーグルフォトを発表し、無料で無制限に画像や動画を預けれらるようになったので、

ワンドライブやドロップボックスを有料で使う必要はなくなったからです。

両者有料で以前まで使っていましたが、両方とっくに解約しています。
オンラインストレージだけではありません。

月額固定費というのは、実は消費より悪です。
例えば、読んでもいない新聞や使ってもいないサーバー、ありませんか?

会社になるとこういう訳のわからない固定費がとてつもなく積算されていたりします。

だらだらと無駄な経費が垂れ流れているのです。
私は税金問題に直面したとき、それまでの反省から、カード明細を管理部に集めてもらい、

不要なストレージ、サーバー、会員組織などなどから全て退会しました。

その無駄な固定費たるや月額で200万にも達していました。

今は個人ですが、月7000万円稼いでも固定費は、ガス代、水道代、電気代、ネット代、日本のテレビが見れるサービス代、携帯代、家賃だけしか、存在させていません。
ありとあらゆる毎月課金の固定費を切っているわけです。金があっても月額380円を容赦なくカットします。

カットすればするほど、お金が残ることが実感できるので快感です。億をすぐに稼ぐ人間が380円の節約にエクスタシーを感じるわけです。

富とはそういうものです。
都度課金よりも月額の方が悪なんです。

なぜなら必要な量だけ買えず、サプライヤー有利だからです。

必要であろうとなかろうと、毎月課金されますね。

結局無駄になるのは買う側であり、提供側だけが効率性と安定性が上がっている。

したがって、ビジネスを仕掛けるときは、月額課金は非常に優れていると言えますが、その月額課金の顧客になることは実は私個人的な見解では賛成できないのです。

それは経験上、月額固定のサービスは申し込み後ほぼ100%の確率で要らなくなったという経緯からです。

なので、固定費は切って切って切りまくって下さい。

会社も法人も同様です。

その労力が先日お話した元手の貯蓄になります。

こういうことをして17歳で700万私は貯めたわけです。
ですから固定費は、切っては生活に支障が出るライン以外、全部切る。

これが正しいと私は思う。

そう考えると、ガス、水道、電気、雨風しのぐ家や最低限の衣服に、それから生きるための食以外は、本来なくなっても良い企業あるいは商品なんでしょうね。

上記人間必須の商品以外は、人間を豊かにする企業や商品にすぎず、確かにあれば充実するが、なくても死なないということです。
そして我々は消費という罠にはめられ、稼いだお金をうまく巻き上げられ、現代資本主義と総体としてのサービサーから、うまくもてあそばれているだけかもしれません。

といってもその資本主義を構成する提供側の構成員である人間もまた一人の個人になれば、生きるに必須以外の商品、サービスを消費しているわけですから、みんな循環して、罠にはまっていますね笑

私もそれを知りつつフェラーリとか買っちゃているわけです。

フェラーリなんてまさに生きるに無関係な代物で、資本主義が生んだ贅沢の権化のようなアイテムです。

思うにこの世には3つの商品があります。

一つに、生きるに必須の商品。上で挙げた電気、ガス、水道などですね。

二つに、あればより多くの付加価値を生むことができるもの。例えば携帯や情報などもこれに当たります。

携帯はなくても死にませんが、あることで、支払う料金以上の付加価値をさらに創造しうるものです。

情報もそうです。使い方次第で1万円の情報で10万円を生むこともできるからです。

三つに、支払う料金以上に回収できないマイナスの無駄な商品です。

要は3番目を全て例外なく削除すれば良いわけです。

ただ、難しいのは人によるということ。

アホが、ある情報を得ても無駄になることは多い、しかし、鋭い人が同じ情報を得れば100億の会社を作ることもありますし。

つまり人によって料金以上に回収できるかどうかは異なる。

だからこそ、使うなら使った以上を回収するように努める必要があります。

商品というのは使い手によって実現する価値が変わるということは覚えておくべきです。

例えば同じ不動産を買っても家賃収入にも転売益にも差が出ます。それは大家のセンスであり、情報網次第であり、ノウハウも絡むからです。

いずにせよ、使いきれない商品を買う必要はないです。
そこで、生きるための商品は買わざるをえず、プラスして、生き金として、使う以上に戻ってくる買い物をするのは良いとわかります

逆に、支払った額に見合わないもの、使いきれないものは、かたっぱしから切ることです。

特に無駄な毎月課金は、実は最も損失がでかいです。

月額で考えるのではなく、年額で考えればよくわかると思います。

月額の分割は麻痺させるための魔法です。

よくテレビショッピングが月5000円の60回5年払いとか言って、訳分からなくしますが、いやそれって30万円でしょ、ということです。
まとめます。

明日から新年の仕事始めまでに、以下取り組んでみて下さい。

第一に、後顧の憂いは取り除いておくこと。心配事や邪魔ものは潰しておくこと、解決しておくことです。

勝つなら最後まで不安なく勝ち続ける必要があり、途中何かに脅かされるのはよくないのです。

パワーが出ないし、やる気もそがれるし、成果を誰かに取られたり、最後の最後で失敗することにつながります。

例えば、誰かに株を持たれて起業しても最後はその会社の役員を外されて終わりです。
第二に、仕事のしやすい環境を作ることです。パフォーマンスを上げる前提は物事によっと異なりますので、まずは最適な環境とは何かを各自考えて下さい。もちろん、掃除、整理整頓も含まれます。

第三に、無駄な固定費をかたっぱしから切ることです。

固定費を作り出しているのはカードです。

なぜなら請求書払いは嫌なら支払っていないし、支払うときに必要性を再考するのですが、カードは課金されていることを忘れています。

なので、カード明細を取り寄せて上から全部、生きるに必須以外のものと支払った対価以上を回収できていないと思うものを全て切ればよいです。

この3つができずして大成はまずないですね。

与沢 翼

 

■■LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

LINE ID ⇒ @yozawa(@も含めてID検索して下さい)

スマホからワンクリック追加はこちらです(パソコンの場合QRコードを表示できます)。
与沢翼line@友達追加ボタン

■□■□■□メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)。

与沢翼公式メルマガ(日刊)

関連記事

  1. 私が再び成功した13の原理原則
  2. 本日はいよいよ”生誕祭”当日となりました…
  3. カジノ1億1千万円
  4. 久しぶりに近況報告
  5. アイランドタワー41階のオフィスをついに動かし始めます
  6. ゴマブックスの嬉野社長、赤井副社長と打ち合わせ
  7. 日曜の横浜イベントの写真です
  8. 世界地図を見るのが楽しい

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. フェラーリ458スパイダーを購入しました
  2. ルブタンでまとめ買い
  3. シンガポールに来て1周年

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

生誕祭へご来場いただきました方には本当に感謝致しております

先日の私の生誕祭へご来場いただきました方には本当に感謝致しております。改めて…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. シンガポール
  2. マレーシアのランカウイ島に行ってきましたpart5
PAGE TOP