思うこと

謹賀新年2016年1月1日

与沢です。新年なので、ちょっと長めに書いてみます。

まずは、今年の目標を立てましょう、という話です。

私の目標から宣言しておきますと、年収を12億円で記録することです。

その規模になると月によって多少ばらつきも出るはずですが、

月収1億円が平均という計算です。

わかりやすいです。

月に1本稼ぐと。

1本が億だからまたしびれます。
月収1億とは、売上が月1億ではなく、最終的な利益が月1億という意味です。

税金はほとんどありませんので、税前利益が1億円で=最終的な利益が月1億円である、

という考え方です。
ただ、目標は定めますが、無理はしません。

骨太の事業や一生やるような収益基盤となるもの、

本質的に自信のあるビジネスにしか取り組むことはないので、

打ち上げ花火的なものや期間限定ビジネスをやることもないです。

もうどんちゃん騒ぎの世界には戻りません。

どんちゃん騒ぎとは流行りものや大げさなもののことです。
あくまで土台や基盤があってこその仕組みで、そこまでいきます。

行ってみせます。

継続性、要は今後の持続可能性を第一に考えてのことです。

なぜなら短期的に稼げても意味が一切ないことを死ぬほど深く日本で確信したからです。
あなたも覚えておいて下さい。

稼ぐなら時間をかけてゆっくりと大きく死ぬまで稼げないとダメです。
その自信がないなら、貯金をしたり、値段が騰がったりする資産を買ったりしておいた方が良いです

一生稼ぐ自信がないのに、何もせずいたら、いつか稼げなくなって、野垂れ死にます。

基本人間は楽観的すぎるので、疑うぐらいの方が良いですよね。本当にそっちの方が成功します。
私は死ぬまで今の規模で稼ぎが続くとは言えないと自分のことを判断しており、

そのため怖いからこそ不動産に稼げる間の現金をまず変えたという経緯があります。
それに私はお金を持っているとすぐに賃貸マンションや高級旅行や高級車、高級時計などで散財してしまう癖が

ありましたので、どうせ散財をするながら、不動産で散財した方がはるかによいと気づいたわけです。
さらに過去の歴史や実績から値上がりする蓋然性が高い物件を買っていけば、散財したと思ったら、

将来お金が戻ってくるわけです。
おまけに言うと、人間、家さえあれば、なんとかなるというのも持論です。

雨風しのげれば何度でも再起できます。
なぜなら仕事ができるので、ネットをつなぐお金も毎日の食費も電話代も日当を得る仕事が家でできれば、支払えるからです。

そこからぐいぐい収益を広げられます。しかし、家がないというのは最も不都合です。

特に私はネット関連をマスターしているので、ネットができる家は、ビジネスを保存しているのと同じなわけですね。

さらに各国の一等地に住んでいれば、人脈も情報もチャンスもあり、見栄えもよく信頼も得られます。

したがって、不動産を持っておくことは、私にとって、これでもうホームレスになることはないという防衛の布石

でもあるんです。

昔は鉄砲玉のように、保険はかけないよ、と言う人生観でしたが、今は健全な恐怖感も

持つようになって、そこで家を買っておこうとなったという経緯もあります。
もちろん第一には転売益、

第二に家賃収入を狙っていますが、

第三で言えば

最悪ホームレスは回避しようという

意味もあるわけです。
大きく長く死ぬまで稼ぎ続け、年々豊かになっていく、

こういう構造を考えないとダメですからね。
そこで、今日は、私があなたの目標を決めますね、という話です。

あなたの目標は、年収を7倍にすることです。

いや、年収を今年7倍にしてみたらどうですか?

そんなことが可能だと思いますか?

という提案ですかね。
2015年に私がやったことをあなたもやって欲しいということ。

それはできますか?ということです。
80万$稼ぐ今からさらにここから7倍は、すぐには私にも無理です。

なので、私の今年の目標は当然7倍ではありません。

月7000を月1億にするので、1.4倍ちょっとぐらいでしょうか。

今年の私の目標はそんなもんです。
しかし、去年は実際月12万$から月80万$まで

約7倍まで収入を増やすことができました。
ですから、この目標はあなたにも不可能ではないと思います。

もちろん難しすぎるぐらいとっても高い目標です。
年収500万の方は、3500万です。

年収3000万の方は、年収2億1千万です。

これが7倍です。
そう考えてみると、7倍というのがどれだけ大きいかわかるはずです。
この点、高すぎる目標を立てることは悪いことだと思われていますが、

真剣に考える人にとっては実は、高い目標は非常に強い味方なんです。
例えばですが、年収3000万の人が3500万を目指す、これでも結構すごいことですが、

その時の思考フレームとしては、

今あるものをより改善する

という思考で十分でしょう。
例えば、今の給与制度を活用して、出来高部分を伸ばすとか、

ビジネスであれば、集客数を2割増やすリピート策(お得意様へのサービス)に力を入れるなど。
つまり、今の改善でいけるのは、年10%とか20%とか。

しかし、年600%増益して7倍にするためには、もはや現状の改善では無理なんです。
根本的に新しい別次元の何かを成功させないといけない。
で私はこの話を以前からずっと言っています。

数十パーセントなら改善で足りるが、数百パーセントなら改革が必要

ということです。
改革というのは、革命に近いです。

今やっていることを捨て去るぐらいでないとなしえないからです。
本来の革命とは、クーデターを起こして現政権を倒すことですね。

捨てるものは数限りないです。

もちろん革命であっても、残すものもあります。
いずれにせよ改革をしようとする人は、

中軸は、別次元の何かに変更しなければいけません。

国であれば憲法です。

あなたであれば、あなたのルールや価値観がそれに当たります。
でないと600%増益なんて無理なんです。
例えば私は2010年当時、名もなきブロガーでした。

そこで考えたのは、どうしたらアクセスは増えるのだろうか?ということでした。

そこで、思いついたのがテレビに出ようと思ったということです。

で、実際に出るためには何をすればよいかと逆算で考え、行動していき、その通りとなり、

桁違いの稼ぎとなりました。
さらに、2014年当時、日本のマジもんの税金の高さを身をもって痛感し、

驚きを隠せませんでした。
これでは金持ちになるなんて無理だと思いました。
実際、日本で短期間で金持ちになる方法はキャピタルゲインしかないんです。

税金がそこだけ安いから。

だからみんな賢い人たちは会社を興して上場させようとするんですよ、それは上場企業の役員報酬が目的ではないんです。

上場前から保有する自社の株を持っているからこそ、

それが上場企業となった後で、10億、100億の価値になり、

それを売却すれば20%しか税金を払う必要がないからなんです。

すると100億で売った場合でも80億円、残ります。

サラリーで100億稼ぐと、55億とられ45億が残りますが、

もはや倍ぐらいの差があります。

つまり、現実に日本で富豪になるためには、同じくキャピタルゲイン課税として税率20%である株、FX、先物のトレーダーになるか、上場企業を創業するか、この二つしかないんです。

しかし、上場企業は私には無理です。

彼女とちゅっちゅしている写真も公開したいし、フェラーリもファントムも好きなだけずらずら並べて時に面白いのでスキャンダルも流したいわけです。

そんな自由で極度に拘束を嫌う性格なので、上場まで持ちませんし、上場させたとしても私自らのスキャンダルで株価を暴落させかねない、すると他の株主から代表訴訟されたり、逮捕もされかねません。

ということで、私には上場企業を作るという考えがないです。

それは、あの建前と本音が嫌なんです。

みんな表向きは紳士で真面目ぶってますが、実際は裏で私と同じ人間だし、どスケベで変態で、欲も持っています。

当然です。

しかし、それを隠して生きている。

本音は皆女優と結婚したいから上場目指していたり、キャピタルゲインが欲しいから頑張っているのに、社会貢献のためにとか、価値がどうのと言っています。

もちろん価値とか貢献ってのはあると思います。そんなの私だって貢献はしたいですよ。カスタマーに。

でも、少なくともそれだけじゃないね。

本当は自分の欲もあるんですがみんなそういうのは隠しています。

私は本音と建て前を分けたくないんですよね。

なぜわかるかというと私は上場企業の社長さんたちを目の前で見てきたからです。

みんな私同じ人間ですが、すごく縛られてますよ。やっぱり何でもこそこそ。

すごくストレスもおおそうだった。

私は少なくとも自由でいたいし、法律の範囲であれば、本音で全部生きていきたいので、上場という選択肢が消えました。出資して誰かに上場してもらうぐらいの株主なら良いけど。

その結果、もう一つのトレードを選んだわけです。

しかし途中で思いました。世界はトレードに20%すら課さない。

ならゼロの国に行こう、どうせなら徹底的に税金を私の人生から排除する、と決めました。
日本でお金持ちになるには、時間が倍かかると思いました。

だったら、日本を出ればいいやと私は思いました。

これら全て発想を根本から変えるという視点です。
多くの人は1割、2割の小さ目な改善をしようとします。

もちろん小さめの改善こそ持続可能性の根拠でもあり、私も、

トレードであれば、エントリーの仕方や時間、

タイミングなど今も毎日、改善に次ぐ改善です。

ですから改善をバカにしているのではありません。
ただ、改善は決まった後の物事のルーティーンの中で

やるべきことだと考えます。

つまり、そもそも根本がダメであれば、改善してもたいして変化の量は取れないのです。

そこで、根本を見直すときは、そもそも改革を起こして

根こそぎ変化させる方がまず第一なんです。

根本から変えないと短期間で

劇的な変化にはならないからです。
ということで、私がこれまで結果を出してきた真髄には、

このように発想の根本的な転換を図る

というテクニックがありますので、

覚えておいて下さい。

あなたがもし年収を2016年中で

7倍にしたいと本気で思う場合、

そもそもやっていること自体を変える必要すらあるし、

少なくとも今採用している手段やその方法の大部分を

捨てて入れ替える必要があります。

要は今の成果が出ているスキームを捨て去る勇気が必要なんです。

7倍の成果が出るスキームを採用するためには、今の成果を捨てるわけです。
もっと言うと、やることのテーマや分野すら捨てる場合もあるわけです。
桁を一つ変えるというのは、そもそも発想を変える、

ということですので、覚えておいて下さいね。
そして、人間はとても危険な存在で、同じことをずっと

ネズミのように繰り返してしまう癖があるんです。

同じ場所に住み、同じものを食べ、同じような異性を好み、同じような友達を作り、同じような仕事をする

もちろん私にもそういう偏りがあります。

しかし、なるべく私は、これまでの人生で

それを壊そうと常に自分に対抗してきましたし、

今年はさらに思い込みや偏り、癖、習慣を壊していきたい

と思っています。

例えばですが、私は学生時代にアパレルで起業しましたので、

洋服の企画、製造、仕入、卸、販売に今も私がこだわっていたとします。

すると、今はアパレルしか知らずおそらく日本を離れることも今ほどの収入

をえることもできなかったと思います。

逆にいうと、今もアパレルしか自分はできないと思い込んで、当時のメンバーも

当時の取引先も全員例外なくアパレルです。

沈みゆく船であってもアパレルしかないと思い込んでいるわけです。
また、もう一つの例ですが、

六本木時代には、私が一番楽しいことは、飲み会と考えていました。
飲み会と言っても、はっきり言って地方の飲み会とか学生の飲み会とか

サラリーマンの飲み方とは一線を画しています。
私はですが、アルマンド、クリスタル、サロンほぼオンリーのシャンパンだけを

ひたすら社長連中や美女を交えて飲む、という飲み会で、金がかかります。
これが事実、六本木ど真ん中で行われる成金と著名人たちの飲み方です。

六本木といっても実際はほとんどは六本木ど真ん中ではなく、

六本木のはずれから麻布十番、元麻布、西麻布、青山、広尾、白金あたりまで

またがっています。

金は相当無駄に使うのですが、楽しいと言えば楽しいです。

毎日可愛い子と恋愛ごっこができますし、ビッチと淫乱な

ことが毎晩できます。

ビッチといっても外見は綺麗なんですけどね。
私はそういう飲みで出会ったばかりの子と

ロールスロイスで移動すると、出会って30分で即車中セ○クス

という異常なことを何度もしていました。

30分前に出会ったばかり、その後、二度と会うことも連絡を

取ることもお互いにないです。

別にお金のやりとりもないんです。

にもかかわらず寄って移動する社内でやっちゃいます。

私のドライバーは皆悲惨でしたね笑

結構、あれの音や声がガンガンでしたので。

謝罪したいです笑
にしても、女性はみんな病んでるのか何なのか、何を求めているのか不明の時は、怖くなることもありました。

要は本カノになって贅沢したいとか、お金がほしいとか、

人脈や力を手に入れたいという狙いが明確

な子の方がわかりやすくて、怖くないのですが、

もはや都合が良すぎる女の子は逆に怖かったですね。
というか、マジもんのバカなのか、その子が心配になります。

そんなことした末路には何もないですしね。男は良いですが、

女性はね。
ま、そんなこんなで六本木といえば、楽しいことは飲みとか

食事とかデートしかないんですよ。

東京の遊びというと、メインはそこですね。
それに+でゴルフとか別荘で遊ぶとかクルーザーなどなど

がついてくるぐらいで、基本飲み歩くが金持ちのセットパターンです。

でも、海外に出た私はこう思います。

あの時はなんと視野が狭かったのかと、危なかったと思いました。

あのまま六本木で歳取るまで、飲み歩いていたら、確実に目標達成できない

終ってる人生になってました。中途半端で痛くて、過去の武勇伝語るタイプの社長

になってましたね。
でも東京のど真ん中にいたときは、この世で東京以外に面白いところなんて絶対にない、と思っていました。

渦中にいるとわからない。
ところがそんなことはない。

アジアなんて事業やること自体が遊びだし、

私にとっては不動産、トレード、カジノ、語学この4つを学ぶ、試す、実践するだけで最強の楽しい遊びです。

これからの出会いにも楽しみしかありません。

つまり、人間は思い込んでいるということ。

バランスが良いと思っている人でも、かなり思い込み激しいもんですよ。それが人間です。
そして、その思考の偏りや狭い視野というのを治すのは簡単にはできないんことなんです。

これは経験談です。
その思い込みを取る方法は、

単純に痛い思いをする、大失敗をする、強制的にその思考から遠ざけられる

とかの不可抗力レベルでないと、変わるきっかけになりえないことが多いです。
ただ、大切なことは、自分は思い込んでいる、思考に偏りを持っている

ひいては、チャンスや世界、喜びや幸せを知り尽くしていない

と意識するだけでも違うということです。

だんだん視野が開けてきます。
すると、全ての可能性を否定しない豊かな発想になれます。

つまり、絶対これとか、絶対そうでなければいけないとか、間違いないとか、思わないことです。

間違いだらけなのが人間なので。
すると、ときに未知のものに賭けてでも、今の結果を抜本的に変える挑戦ができるんです。

私はこれからも全ては仮の状態であって、保留であり、決して決めつけない、可能性は

常に多岐に渡り、考え方は途中で変わるかもしれないし、どんどん変わって良い

という柔軟なスタンスでいますし、これからもそれでいきます。
朝令暮改で良いし、一昨年シンガポールって言ってたのに、去年はドバイって言ってても、良いんですよ。

だって一昨年はドバイの税制や国家制度、政治なんて、わかっていませんでしたから。
ま、とにかく柔軟に未知の世界を知ろうとする努力が必要です。

あなたの知らないビジネスの仕組み、あなたの知らない勝ちの方程式、

たくさんあります。

この世には我々が知らないことがたくさんあるんです。

私はこのメルマガでもいえないビッグビジネスを実はもう相当前からもっています。

それも日本にいたときには全く知らないものでした。

こんなスキームがあるのかと。それが今の私のベースです。

柔軟に考えましょう。だから私は新しい産物を手にしました。
そしてもしあなたが年収を7倍にしたいと思うならば、抜本的に考え方を変えて下さい。

具体的には価値観の大部分を捨てることです。

柔軟に、今よりももっと良い考え方を取り入れることです。

好きな食事?好きなタイプ?好きなビジネス?

いえいえ、それはあくまで現時点においてですよ。
我々には無限の可能性が潜んでいるので、

将来食事や異性や環境やビジネスの好みが変わることはあるべきだし、

あってよいんです。
深く考えて下さい。2016年にいくら稼ぐのか?

そしてそれは何のためか?(私は2017年1月からトレードに全資力を突っ込むための資金作りのためです)

最後に、桁違いの結果は桁違いの発想を取り入れないと無理、であるということです。

もういっそのこと今年から生まれ変わったらいかがでしょうか。

与沢 翼

PS:写真はドバイで私が予約した2020年ドバイ万博に合わせて完成する2億円のドバイオペラのアドレスホテルレジデンスです。

 

■■LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

LINE ID ⇒ @yozawa(@も含めてID検索して下さい)

スマホからワンクリック追加はこちらです(パソコンの場合QRコードを表示できます)。
与沢翼line@友達追加ボタン

■□■□■□メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)。

与沢翼公式メルマガ(日刊)

関連記事

  1. 外貨を稼ぐ
  2. 心を喜ばせてあげよう
  3. デジタルアセットの未来
  4. 井の中の蛙
  5. 【際立った経験をする】
  6. サミュエル スマイルズの自助論
  7. あなたがどうでもよいことにこだわっている間に、私は・・・
  8. risk on

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 帰国
  2. ルブタンでまとめ買い
  3. 2万$勝った!

Mailmagazine

おすすめ記事

最後の最後に素直になれてよかった

昨日、元彼女への思いをぶちまけてすっきりしました。正直、文を書きながら、…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【人は一人のときにしか成長しない】
  2. 相互紹介ということで
PAGE TOP