お知らせ

来年ドバイへ移住してくることを決めました。

こんばんは。与沢です。

ドバイと日本間の時差5時間が結構きついですね。

昨日起きてすぐ不動産物件の視察に出て、終わったのがドバイ時間で

20時でした。すると、日本はもう深夜1時なのです。

通常は20時ぐらいからコラムを書いて送ることも多いのですが、

こちらで20時だともう日本はお休みタイムです。

そこでドバイでは時間の工夫が必要だなと思いました。

ドバイからも日本株を取引しているのですが、9時に起きると

もう14時になっていて大引け前なので、時間がないです。

そもそもノートパソコンだと限界があるので、記憶している範囲の

銘柄にエントリーしたり、ポジションを利食ったり、損切ったり

するのがメインですから、家でやるよりも格段にパフォーマンスが

劣りますね。

ま、そんなこんなで旅行だとメール配信やトレードは

結構きついのですが、

こちらに住んでしまえば、環境を作れるので

問題ないです。

この度、ドバイに進出してくることを決断しましたので、

お伝えさせていただきます。

具体的には、これからまず自分のvisaを取得して、

次いで彼女のvisaを取得し、最後にコロちゃんの輸出の手続きをします。

結果的に、シンガポールとドバイで比べてみて、私は年齢が若いうちは

ドバイメインで勝負してみることにしました。

したがって、本拠はドバイで決定です。

ただし、ASEANには不動産をたくさん買っていますので、

タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポールには頻繁に行きます。

したがって、居住の割合で言うとドバイ半分、ASEANで4国分散して半分のデュアルになります。

ドバイ居住者でありながら、ASEANでは、4国にまたがりますので、いずれにおいても

居住者にならないということです。つまり、完全無税状態です。

もちろん法律に従った完全なる合法です。

ということで、一応気持ち的な中心はしばらくドバイで考えてみようと思っています。

そこで、これからドバイ在住の日本人の諸先輩方にまずはゴマすり

周りに行きます笑

数千人しかいないらしく日本時代にお会いしていた方々が結構

こちらに移住しているらしく、方々からフェイスブック通じて

色々なご連絡をいただいています。

なんかすごい実業家の方も将来ご紹介いただけるそうな。

なので、春に再び戻ってきた時には、ご挨拶回りに行きます。

敵を作らない、郷に入ったら郷に従うが私の方針です笑

そっからいよいよ英語死ぬ気でマスターして、インド人やパキスタン人、

アラブ人や欧米人とも知り合っていく必要があります。

ところで、シンガポール在住だった私ですが、あっさりと

ドバイへ出てくることをこの度、決めました。

このように、即断即決、なのが私の特徴です。

考えます、という回答はないです。

考えますは、私の中では、やらない、という回答で、

回答は常に二つ、行くか、行かないか、

買うか、買わないかです。

保留はないです。

例えば不動産買うときも、条件を提示して

合致するなら買う、合致しないなら買わない

この2択です。

ということで、不安がないのか?というと

ないとも言えません。

2%ぐらい不安ですが、

98%は余裕だと思っています。

まず自信たっぷりであること。

その根拠は今までもそれで上手くいってきたというのがあります。

次に、いいなと思ったならあとは理屈で考えない。

せっかくシンガポールにも慣れてきたしな、とか、

友達も大先輩もSGには大勢いるしな、とか

考え始めると待ったをかける要素は無数にあります。

現にドバイを否定する成功者も多く、

ドバイは賛否がすごく分かれる都市なんです。

シンガポールは誰もが賛と言うぐらい完璧に近い国家だと思います。

少なくともダメな国だという人はほぼいないのがシンガポールです。

しかし、私は自分が1億%の確信で、ドバイを良い、と思いました。

もちろんシンガポールは言うまでもなく良いのですが、

そのシンガポールをある意味超える魅力を感じています。

生きて来てこんなに興奮したのはもしかしたら初めてかもしれません。

それぐらいの確信があるので、もう迷う必要はないです。

なので、決断です。

それ以上のことはもう後から考えれば良いんです。

こういう局面で迷う人は、時間を無駄にしたり、結果的に進出しなかったりします。

確かに進出しないが賢明だった、という結果論になることはあります。

しかし、それだと何も力もつかないし、経験も身につかないですよね。

それより進出して失敗してる人の方が力も経験もつきます。

まして、もしかしたら大成功するかもしれないわけです。

可能性にかけて、フットワーク軽くさくっと瞬で決断、実行が良いです。

私はそうやってずっと来ましたが、とにかくそれでうまくいきます。

あまり考えない、直感で良いと思うこと感性が反応することを、やる。

大枠は直感で決めるべきなんですよ。

後から直感を確信に高めるために、理詰めで納得すべきす。

直感を補強するために理屈を固めるという感じ。

株でもだいたい結論は直感で決まっていて、

結論に確信を持つために理屈を

もってきている感じがありますね。

それがセンスというやつなのか。

やっぱり行動の量と経験の量、反省の量と成功の数で決まりますね。

成功の数があると自信もついてきますし、反省の量が多いと失敗を

ほとんどしなくなってきます。

ということで、私は一度シンガポールに戻り数か月準備して

ドバイに来ます。

ま、当然ですが、シンガポールで作り上げたものを解体するわけじゃなく、

全てそのまま残します。

なにせカジノがドバイにはないので、シンガポールには

たまに戻ります。

ということで、シンガポール+ドバイの与沢となりますが、

引き続き、宜しくお願い致します。

2016年はデュアルライフです。

シンガポールに戻りましたら、ドバイの動画や魅力について

シェアさせていただきます。

与沢 翼

関連記事

  1. どんな人と会えるんだろう
  2. 確実にPVが伸びとる
  3. 私の何がイケないの?をご覧頂いた皆様へ
  4. (GWBS最終日)最後にとても重要な伝えたいことがあります。
  5. アルマーニホテル
  6. ただいまを持ちまして31才になりました
  7. フィボナッチボリンジャーを配布するので、必ず入れて下さい!
  8. 紀伊国屋書店渋谷本店でも並べて頂きました

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 私の株トレードのやり方
  2. 【PAIZA】プラチナカードへ
  3. これから日本に起きること、そして生き抜くために

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

第2話 成功者誕生プロセス 

こんばんは、与沢です。本日は、第2話の成功者誕生プロセスについてお話致します。短期投…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 人生にも慣性の法則が働いています
  2. フェラーリが納車されました
PAGE TOP