旅行

2度目の海外移住?

今飛行機の中でコラムを書いています。

この文章を皆さんにお送りするのは

ドバイに着いてからになりますね。

ということで、今やっとホテルにチェックイン

しましたドバイは21時30分ですが、

日本はもう2時30分ですね。
一年前にシンガポールに来て、

一年後の今はドバイに進出です。

2回目の海外移住みたい。

日本からシンガポールへ

シンガポールからドバイへ
結局ドバイに住むのかどうか、

住むとして年のどれぐらいを過ごすか

そのあたりは今回行って決めてきます。

ただ夏からはリッツにも住むだろうし、

そのあたり全然何も考えてこなかったです。
ところで、

シンガポールエアラインのドバイ行きの

ビジネスクラスは日本行きの機体よりも

豪華なのを使っているようで、とてつもなく

広く、快適です。
おそらく世界一豪華なエミレーツ航空(ドバイの

JALのような国策会社)が品質高めでヤバすぎるので、

それへの対抗策だと思いますね。
シンガポールからドバイへ行けるエアラインは

クオリティ高い系で言うと、SQとEmiratesしか

ないので、二つは必ず比べられますからね。
ということでビジネスですが、ファーストクラス

並のシートに座っています。
ところで、エミレーツの方のファーストクラスは、

カプセルのように扉が完全に閉まる個室になっていて、

カップル同士だと中央で隣り合わせになっています。

そして、間のしきりが中で開くようになっていて、

二つで一つの部屋になります。
つまり、エ○チできちゃうんですよね笑

まぁ、乗ってみていただければ

わかりますが、変な気を起こす

仕様になっています。
実際私も昔卑猥な行為をその中で

してしまいましたが、

先輩も先日同じことを経験した

と聞いたので、やっぱり同じことする

人がいるんだな、良かったと安心しました 笑
そもそも、エミレーツはレジデンツクラスがあって

ベッドやシャワー、リビングが飛行機の中に

あるぐらいなので、カップルの行為として、

エ○チは普通にありな気がします。

家、ホテルをイメージしたクラスが

あるぐらいだからです 笑
飛行機の中であの行為はなんか興奮するので、

お勧めです。あっという間に着きますよ。
ま、そんなふざけた話はどうでもよいのですが、

今回ドバイへ行くのは、会社設立と銀行口座開設

がメインです。
私の会社を登記するDMCCというフリーゾーン(経済特区、無税地区)

の担当者とアポイントメントを取ってあり、面談に行くわけです。

もちろんエージェントを立てており、同行してもらいます。
そこで承認をいただき、見事会社設立が完了となります。

そのまま、エミレーツ銀行に行って、口座開設をしてきます。

エミレーツでは日本円にすると600万円を預け入れることが条件

らしいです。
法人口座でミニマムがあるって聞いたことがありませんね。

個人のプレミア口座では例えば、

シンガポールの銀行とかでも残高3000万円程度の

デポジットがあるのは普通ですけど。
ドバイは外貨を集めているんでしょうねー。
ちなみにタイとかは100%外資法人は認められず、

51%は現地人に株を持たせないとなりません。
それが微妙だなと思っていて、タイで唯一100%

外資Okな投資会社の認証を得ようと思っています。

ただ、資本金が3500万とかけっこう

高くされていて、資金以外にも書類作成が大変みたいで

認証されるまでに半年ぐらいかかるそうです。
それに比べると、ドバイは100%外資OKなので良いです。

シンガポールやマレーシアももちろん100%外資OKです。

この辺り国によって外国人にどこまで寛容か異なります。
ドバイは法人税、個人税を完全にねこそぎ無税にする

ことで外資企業を誘致して、その変わり銀行口座開設時に

エミレーツであればまとまった外貨を集めているわけですかね。

1社600万って結構大きいですよ。1000社で60億

1万社で600億、10万社で6000億ですからね。

ま、エミレーツ以外は最低預入がないらしいですけど。
そして、フリーゾーンで会社を維持するためにも

ライセンス料というのがあって、

たしか100万ぐらいは毎年かかるので、

それも何万社となれば収入になりますし、何より富裕層が来てくれて、

不動産を買ったり、外貨を持ち込んでくれたら

それでよいわけでしょうね。
にしては日本からは遠すぎて情報がないですね。

日本人富裕層もドバイへ行っている人は少ないようです。
日本人はどうやら3000人ぐらいがドバイに暮らしている

らしいですが、ドバイ在住の日本人の層は、

一体どんな感じの方々なのか気になります。
ちなみに、シンガポールまでは情報がたくさんありますが、

ドバイとなると全然に情報がなくなります。

不思議です。
税という意味で言うと、私が調べた限り、この地球上で最も

最強です。
もちろん、私はセーシェルにも法人を持っていますし、

さらにもう一つあるオフショア法人も持っています。
ところで、もう私は日本に一切の拠点や住居がないので、

オフショア法人を持ってそれをどう使おうと

自由になりました。
オフショア法人を知っている方は、

オフショアも完全無税ですよね、

とお考えになる方がいるかもしれません。
ですが、オフショアというのは、何もない島です。

実際に訪れることはまずないわけです。

経済もほとんど発展していないド田舎、

それこそ無人島に近いです。
そういう島で、確かに無税の場所は多数

あるのですが、

経済があって、文明が進歩している国で

完全無税はドバイだけ

と言うわけです。
つまり、そこで快適かつ便利に近代的な

生活をしながら、タックスヘイブンを

楽しめるのは、ドバイが地球上では

最も最高の環境だと思います、

ということです。

シンガポールや香港だって16~20%ぐらいは

税金がかかります。

ただシンガポールは

住民税もないし、社会保険や年金もないので、

手取りは圧倒的に多いですけどね。
ま、それでも最低限の税はあるわけです。

しかし、ドバイには最低限の税すらないわけです。

ドバイ居住者の所得税はゼロ

ドバイ法人の法人税もゼロです。

ありえなくないですか?

本当に良いんですかね?
さらに私がなぜドバイにこだわり

ドバイでフェラーリを買うと言っているか

おわかりいただけていたでしょうか?
実は、車への関税すらゼロなのです。

したがって、新車4000万のフェラーリが

3000万ぐらいで買えるらしいです。

3000万のフェラーリだと2000万円

ぐらいらしいです。
ディーラーに今回滞在中に行きますので、その時

詳しく聞いてこないと厳密にはわかりませんが、

とりあえずフェラーリでもランボルギーニでも

世界で最も安いらしいです。
私は、車が大好きなので、車が安いのは

非常に助かるんです。
というのは、日本は車が安いということを知ったからです。
シンガポールでは本当にフェラーリが1億円を超えます。

458スパイダーが新車で130万シンガポール$です。

これはいわゆるちょうど3倍です。

マレーシアでも2倍します。

タイでも車は高いらしいです。

フィリピンでも車は高いと聞いています。

なぜかアジアは輸入関税が高く、高級車を持つのは本当に至難です。
今普通に100万ドルのフェラーリに乗っていますが、

9000万のフェラーリって信じられますか?
高級マンションですよ、もう。
地方なら土地も買えます。

それぐらいシンガポールの車の高さに嫌気がさしていて、

ドバイの話を聞いた時、実は一番興味を持ったのは、法人税、個人税完全ゼロ

なのですが、進出の決定打となったのは、日本よりも車が安いという点なんです。


皆さん理解できないかもしれませんが、日本というのは実は

車がものすごく安いんですよ。

日本でフェラーリに乗るというのと

シンガポールでフェラーリに乗るというのは

だいぶ意味が変わってしまうんです。

その点日本は良かったなと思います。

ロールスロイスの新車ファントムフルオプションで

ガチの7000万ですから、

こちらのフェラーリより一段と安いわけです。
ロールスロイスのファントムシリーズ2より

フェラーリが高いって

ちょっと考えられないですよね。
でもそれが現実のシンガポールで起きていて

日本で私が乗っていたファントムを買おうものなら

2億円を超えるわけです。
でもさすがに私もそこまで車に出したくないです。

そこでドバイなら安そうなので

ファントムを買い戻そうと思っています。

新車のシリーズ2で5000万ぐらいで買えそうです。

次はファントムリムジンの特別オーダーにしても

1億ぐらいで買えそうですね。
日本は車が安いということに気がついたわけです。

アジアが高いんじゃなくて日本が安いんです。

これは意外でした。

そして、ドバイはその安い日本よりさらに車が安いんです。

これはもっと意外でした。
ドバイの不動産賃貸相場などの情報は

今回調べてきますが、おそらくシンガポール

より格段に安いです。
シンガポールは世界一生活費が高い国

になっているそうで、ドバイは

もっと安いはずです。
税も完全無税で、車も安い。

生活コストも下がってより豪華になるなら、

ドバイへの移住もありだと思っています。
しかし、未だドバイという国は謎も多いです。

まず、第一に昨日自宅下の巨大ショッピング

モールの中のマネーエクスチェンジにてシン$

をドバイのディルハムに変えようとしたら

ドバイの通貨は、ドバイに行かないと買えない

と言われました。
そんなこと言われた通貨はこれまでなくて、

驚きました。

世界的には信頼の薄いとされる

フィリピンペソでも自宅下で買えますよ 笑

ということはドバイのディルハムはさらに

信頼がないのかな?と思いました。
実際、シンガポールの銀行からドバイへ

会社設立費用を海外送金したのですが、

IVANナンバーというのを記載しなかった

ところ、中間の銀行で宙ぶらりんとなって

送金したお金が止まっていたのです。
数百万だったので良いですが、

数千万、数億だったら本当に焦ります。
海外送金は、普通の国同士であれば、

全てスウィフトコードと口座番号だけでいけます。

本来は、日本国内の送金と比べても

全く変わらないぐらい簡単なはずなのですが、

なぜかドバイでは、あまり馴染みのない

IVANという超長い番号を入れないと

届かないらしいです。
結局途中で止まり、やり直しに窓口に

行って1か月送金完了するまでに

かかり、中東のシンガポールと呼ばれる割りに、

ずいぶんと諸外国との金融にストレスがある

のだな、と思ったわけです。
なんかドバイというのは国際的にあまりまだ

認められていないのかなとか、ディルハムの

信頼性は低いのかな、と色々なことを思って

しまいました。
しかし一方で都市や建物、を見ると半端じゃなく

進化しています。都市の近代化で言うと

間違いなく世界一だと思いますよ。
なので、まぁ、そのあたり通貨

及び金融の環境はいずれ解決される

課題かなと思うことにしています。
実際US$も結構使われているようで

カンボジアでもそうですが、

金融が弱い国とかはけっこう米ドルを

自国の代替通貨として使いますね。
逆に言うと米ドルを素直に流通させて

もらった方が安心はできますね。
なので、ディルハムだけで財産を持つ

のは怖いです。

ドバイはやっぱりまだ新しい国だし、

不確実性も高いと思うからです。

とはいってもドバイは10年後、20年後

にはとてつもない国になっていると

私は思っているんですけどね。

だから進出するわけです。
ですから、ドバイ不動産を持ったり、

数千万円分から1億ぐらいまでの

ディルハムを財産の一部として保有して

おくのはとても良いことだ

と思っています。

もしドバイが成長すれば、財産価値が

増えますから。
あとは車が安いので、車を楽しみ、

砂漠の中のプール付き戸建ての

ヴィラでも買って、

車をずらずらと並べたいです。笑
つまり楽しむ、稼ぐ分にはドバイで。
財産は、シンガポール金融機関において

マルチカレンシーで運用したいですね。
そして、子供の教育と永住権の取得は

やっぱりシンガポールがいいです。
と言っても子供も結婚もまだして

いませんでした。
ということでドバイで進化を遂げて

シンガポールに財産を築く作戦でいき

ます。

あ、そうそう治安はシンガポールよりも

良く一説によると世界治安が一良いという

話です。それは相当な高評価です。

しかし、左上、結構近めなエリアに

イスラム国のあるシリアがあるのが気になります笑
ではまたドバイを詳しく調べて帰国後に

リポートします。

与沢 翼

関連記事

  1. バリの兄貴のご配慮で
  2. 誕生日は、プーケットになりました 笑
  3. 拳銃をぶっぱなします
  4. コンラッドのキングスイートに泊まっていました
  5. 香港マカオ【動画】
  6. パリは最高です
  7. ニューワールド最上階のプレジデンシャルスイート
  8. 世界で一番好きなホテル in the banyan tree

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 1000万溶けるか、増えるか
  2. 最近景気はいいですか?
  3. ルブタンでまとめ買い

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

成功の判断

こんばんは!与沢翼です。今日は大切なことをお伝えしたいと思います。何か頑張ろう!と思…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これから日本に起きること、そして生き抜くために
  2. オンザロックディナー
PAGE TOP