思うこと

僕らはただのちょびリッチでしかない

こんばんは。与沢翼です。

私が20代の頃、その当時ちょうど上場を果たした

先輩経営者が

「年収3000万円は貧乏」

という強烈な発言を、ある飲みの場でしていました。
上場するとずいぶんとおごってしまうんだなー、

まあでも持ち株評価で資産1000億とか超えれば

そういう感じにもなるんだろうな、と半分納得しつつも

ちょっと反感を覚えたのをはっきりと記憶しています。
当時の私は年収2000万ぐらい。

それでも自分は成功者の方だとは思っていたので、

そのように反感を覚えたのかもしれないですが。
ただ、今思うと、その起業家が言っていたことは

事実ですし、嫌味に聞こえようとどうであろうと

真実だと思います。
年収3000万は貧乏と言われても実際は

これからお話していく通り、

反論できないことがわかります。
また、ネット起業家が年収1億円とか年収3億円とか

そんなのもよく目にしたり、耳にしたりしますが、

極論すると、年収が数億円あっても

ただのちょいリッチ程度だと思います。
年収が1億円でも3億円でも、

あんまり違いも、大きな意味もないです。
日本人は年収信奉が高いですが、

年収なんてほとんど意味がないと思うわけです。
なぜなら、本物の富裕層と言うためには、

現金、証券、不動産等を含めた時価評価の資産が

莫大になければ、

お金持ちとは言えないからです。
キャッシュフローが1年で1億あった、とか言っても

笑われます。
それよりも資産で100億円と言って始めて

富裕層の末端だと思います。
これは富裕層の定義次第、

人によってどこからを金持ちだと考えるか

は価値観次第です。
しかし、私は100億の資産がない

全ての人は富裕層ではないと

思うに至りました。
100億以下はどんぐりのせいくらべ。

ただのちょいリッチきどりです。

小金持ちごっこです。
ですから私も全く富裕層ではないです。
私がシンガポールに来てから見ている

人たちは、資産100億オーバーの住人達です。
なので、資産100億いかない人達の

年収争いとかは本当に恥ずかしいことなので、

辞めた方がいいと思う次第です。
特に日本人は、年収1000万だとか2000万だとか

1億になったとかでちょっとした見栄のはり合いや

競争的なことが起こることもありますし、

結婚相手に年収を基準に考える女性もいたり

色々な与信ステータスが年収で図られたり。

ま、それはそれで勝手にやってくれという感じですが、

正直きもいし、ダサいなと思うようになりました。
年収が1000万だろうと2000万だろうと

どうでも良いことです。

誤差にしかすぎないし、

1億になっても別にたいしたことはないわけです。
では、富裕層最低限と考えられる100億の資産の

世界へ行くには、どうしたら良いか、ということを

私は今、日々結構な真剣度合いで考えています。

そして、そのためには、適当にやったり

今の延長で流れに乗っているだけでは無理であり、

意識的に、あることをやっていかないとダメだと

思うに至りました。
私がシンガポールに来てから

この一年の収入で言えば、

7億円ぐらいありました。

経費がない事業で税金もほとんどないものばかりなので、

6億円ぐらいは残ります。

全く使わないことは難しいので、

そのうちの5億円を使わずに貯め続ければ

確かに20年で100億です。
ただ、これはあまりかしこいやり方ではありません。

20年かけて100億持って面白いかな

と考えた時に、20年かけるなら1000億は目指したいよな

と普通に思います。

さらにいうと、毎年7億も20年間も稼ぎ続けられるのか

というと将来はどうなるかわかりません。増えるかもしれないし、

大幅に減るかもしれません。だからそんなコツコツ貯めるという方法に

期待はできないですし、面白みもありません。
年収が1億も、5億も

100億の資産家から見ると、

5%以下の誤差みたいな金額なわけです。
1000億の資産家から見ると5億とは、0.5%です。

つまり、世の中の大部分の人はどんぐりのせいくらべをしているだけ

別に年収が3000万あろうと5000万になろうと

別にたいしてえらくもないし、たいしてすごくもない

ということです。
本当に富裕層として最低限

認められるようになるのは、

100億円の資産です。
ある期間の収入が1億、3億、5億であっても全然

すごくないということです。
この感覚、わかった方が良いと思います。
年収自慢なんてするのは古いわけです。

むしろ、年収なんて少なければ少ないほど良いぐらいです。

なぜなら日本だと個人への課税が高いわけですから。
であれば、法人に残して税金を抑え、

法人で100億の貯金を作って、そこの会社の株を100%

所有しているオーナーの方が、かっこいいわけです。
このように思うようになったのは、不動産を買うようになって

ワンフロア全部買うとか、

この国のブランド価値が上がりそうなマンションは軒並み抑えた

とかそういう富裕層を実際にこの目で見てしまい、

やばい、桁違いだと思ったからです。
30億円分とか100億円分とか、

もはやポートフォリオの一部という形で、

どかんとまとめ買いをしていて、

これがまさに富豪というやつか、と

その力の違いを見せつけられたわけです。
ですから、もう一度言います。

シンガポールに来て悟ったことは、

資産が100億円以下は、全て貧乏であって、

どんぐりのせいくらべで、別に、100億以下は皆

平等にたいしたことはない、ということです。
だから、年収が数千万とか数億あるとか

世界的に見たら恥ずかしいので言わない方が良い

ということです。
もちろん、私自身が一番ショックを受けたことですが、

100億、1000億とか個人で動かせる

人たちが世の中には本当にたくさんいるんだと知って

恥ずかしくなったわけです。
そしてその本当の意味でごく限られた

富裕層の世界に行くためには、

あることをしないとなりません。
そのあることは、次回か、その次か

とりあえず近日お話致します。

嫌味な話だと思うのも自由ですが、

我々レベルは本当にただのちょびひげが生えた程度の

リッチもどきでしかないという認識は大切だと思います。

そうすることで初めてもっと上を目指そうと思うからです。

与沢 翼
PS:禁煙10日を超えました。当然1本も吸っていません。今回はどうやら完全に禁煙成功しました。

ただの禁煙ですが達成感がすごいです。

一方、ダイエットはまだせず、おいしいものを食べ続けていますが、

ダイエット成功した時の達成感はすごそうです。

今月からいよいよダイエットも始めていきます。

今まずは意思を固めています。笑

そして、本気で100億を超える資産家になります。

100億はスタートラインだと思います。

与沢 翼

 

■■LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

LINE ID ⇒ @yozawa(@も含めてID検索して下さい)

スマホからワンクリック追加はこちらです(パソコンの場合QRコードを表示できます)。
与沢翼line@友達追加ボタン

■□■□■□メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)。

与沢翼公式メルマガ(日刊)

関連記事

  1. 「世界は小さいな」という価値観
  2. 本物を目指すことの大切さ
  3. デジタルアセットの未来
  4. 未来予測
  5. 投資をしていて思うこと
  6. 今日も死ぬほど頑張ろう
  7. 人の心に響けば、可能性は無限大
  8. 誰もなしえていないこと

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ジョホール州の王様と知り合いになるという妄想笑
  2. リッツカールトンレジデンスを3億弱で買いました。
  3. 帰国

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

都会へ降りてきた

昨日はこんな感じでした(^^♪後輩と他一人先輩と。友達と。なんか、ちゃらい会みたいになってますが、本…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. お台場でのトークイベント終わりました
  2. シンガポール
PAGE TOP