思うこと

海外の当たり前と日本の当たり前

こんばんは。与沢です。

今日は、海外に来て学んだことの一つを共有させて下さい。

日本のシステムは世界最高クラスだと思いました。
しかし、ダメなところもあります。

まずこちらのトレードツールや銀行のネットバンクなどは、

そもそもが海外送金をすることを目標としてできていますが、

日本はネットバンクから海外送金が基本できません。
楽天バンクが海外送金できますが、別のアカウントを開設

する必要があります。
一方海外は、通貨選択と海外送金をするのが

あたかも当たり前かのように設計されています。

国の選択と通貨の選択がデフォルトで付いています。
この違い一つとっても、いかに日本が閉鎖的で

内的か、そして海外は、グローバルベースで

お金の流れを考えているか、という違いが見て取れます。
また、トレードツールに関しても、

世界のどこでトレードしても大丈夫なように

現住所フォームが、世界に対応しています。

選択肢はまず国から入ります。
しかし、日本の住所欄は、郵便番号、都道府県選択

など、海外の住所はそもそも矛盾が出て受付できないように

なっています。
セキュリティ上も、顧客の管理上も

より行いやすいように、外国人排除、という視点は

わからなくもないのですが、

正直、はなから外国人投資家を招くことも

また海外居住者のことも考えていないのだなと

いうことが伺えます。
ま、それだけで成り立つジャパンマーケットは

巨大ですごいと言えるですが、

本当にこのままで良いのでしょうかね?
もちろんマネロン防止などのために

海外送金はネットバンクに標準では付けない

のでしょうが、あまりにも海外の開かれたマーケットと

日本の閉鎖的な考え方の違いを感じてしまいます。
日本が江戸時代に鎖国していた

というのは、すごくわかる気がします。
今私はHSBCで香港株をトレードしていますが、

本当に使いやすいです。

シンガポールの自宅まで香港の支店から

明細などが郵送で当たり前のように何通も届きますし、

現住所もシンガポールで入力できるようなっております。

シンガポール在住者がHSBCを持っているのも当たり前

というスタンスがシステムややりとりからわかります。
さらにマルチカレンシーで香港ドルだけでなく、世界中の

通過で保有したり、トレードができ、

儲かったらシンガポールに送金するのも何らの制限も

なく、ネットで簡単に行えています。

そもそも両国ともにトレード利益に課税がないので、

そこに監視を行う必要すらないわけです。

このような体制と比べ、日本のメガバンクは

全て内部で閉じ込めようとしていますが、

これで、今後も成り立つのでしょうか?
仮想通貨ビットコインやグローバルFXの会社が

台頭してくる中、いつか遅れを取ると思います。

また日本がマーケットとして巨大である間は良いですが、

一度マーケットがシュリンクし始めたり、消費控えが

始まると自国依存は、怖いです。
この視点、ぜひ覚えておいて下さい。

それぐらい日本は閉鎖的です。

今回はトレードと銀行で例を出しましたが

他に教育や文化、移住、言語、事業など、

いくつも例は出せます。
ポイントとなるのは、

日本以外への資産の分散を行うことや

海外拠点を作っていくということも

視野に入れて下さいね、ということです。

後で良かったと思うはずです。
与沢 翼

 

■■LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

LINE ID ⇒ @yozawa(@も含めてID検索して下さい)

スマホからワンクリック追加はこちらです(パソコンの場合QRコードを表示できます)。
与沢翼line@友達追加ボタン

■□■□■□メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)。

与沢翼公式メルマガ(日刊)

関連記事

  1. 自分の頭で考えること、そして、実体験することの大切さ
  2. Super Free Agent復帰宣言
  3. 真の自由を目指して
  4. 本気で成功したけりゃ人と違う道へ行け
  5. 世界を舞う富
  6. 「世界は小さいな」という価値観
  7. 与沢翼とは
  8. 挑戦しないと何も起きない

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ドバイマリーナのマンションを買いました。
  2. 今注目している国
  3. 私の株トレードのやり方

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

成長度合いが半端じゃないことです

事業をやっていて何がいいかって、成長度合いが半端じゃないことです。私は、…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 放映されたウラマヨです
  2. やっぱり超絶かっこいい
PAGE TOP