思うこと

苦労は先に買う

こんばんは。与沢翼です。

今日のテーマは、苦労は先に買う、というお話です。

この10年遊んでいたようで、結構苦労してきた私です。 笑

今日仕事しながら、ふと自分に対して疑問を抱きました。

どうして私はこんなに勉強したり働いたりするのかな?

ということについてです。

というのは、元々シンガポールに来ようと思ったときは、

毎月旅行に出かけて適当にのんびり暮らそうと思っていたのですが、

実際にこちらに来ると、目標を高めて頑張っている自分がいたからです。

普通に楽しむ分には、十分楽しめるほどお金がある状態なのですが、

なぜもっと上を目指す自分がいるのかな?とふと考えてみたのです。

すると、二つの理由があると思いました。

一つに、人生先に苦労しておくか、後で苦労するか?

どちらが良いか、と自分でいつも思っているためです。

人生どこかでは必ず苦労や大変なことって、

誰にでも起きることだと思うのです。

であれば、先に苦労をしておいた方が良いという考え方です。

先に楽しそうなことを選んでしまうと、後で来るのはきっと苦労です。

なんとなくそう思っています。

例えば、ラッキーそうな男の子や外見だけでちやほやされていた女の子

10代20代から、当然たくさん友達になって見てきましたが、

今を見てみると、全然楽しそうでもありません。

また、俺は昔はそりゃたいそう遊んできたもんだ、

っていう実業家の先輩にも会ってきましたが、

そういう方、今みると大変そうだなーとか、

なんかぶっちゃけ武勇伝語ってるだけだなとか、

輝きがない、

特にリスペクトできない、

って人がいたりします。

これマジな話ですが、大学時代に美女と言われ、姫扱いされてた

二人の女の友人がいます。

彼女たちは20代前半で、そりゃキラキラしてました。

でも、ちょっと甘やかされすぎなのではってくらい特別扱いされてました。

例えば、私たち学生のガキでは会えないとんでもない社長たちと・・・ 笑

名前出すと驚かれますし、そこは大人の秘密なので、当然実名は出しませんが、

そういう社長たちと遊んだり、旅行したり、○○したりと、してました。

すると、私ら貧乏学生では、聞いたこともないようなゴージャスな話とか

されて、おお、なんじゃそりゃー!!って 笑

こりゃ女ってなんてラッキーなんだと思いました。

そういう女の子たちは、そりゃ同世代の貧乏学生たちを見下していましたよ 笑

そういう雰囲気が出てました。

で、ふと姫たちの今をFBで誰かがいいねしてて見たのですが、

あらーって感じでした。

つまり、これはわからないですよ、実際のところは私が言えることではないですが、

当時楽というか恵まれすぎてた姫たちが、

私には今輝いているようには少なくとも見えなかったわけです。

もちろん私と同世代ですから、30代になってきていますし、

20代の姫たちは毎年生まれてくるわけです。

つまり、女性も男性も、最初にあまり楽しすぎたりちやほやされすぎたり

苦労を先にしておかないと、後で落差を感じたり

後で苦労するような気がしてならないわけです。

なんと私はこのことを自分が16歳から感じていました。

そのため、その時から、苦労は買ってでもすると決めていて、

そのために振り切ってきたなとつくづく思うわけです。

これからも先に苦労は買っておく予定です。

人生長いので、先に楽ばかりしてしまうと、後で苦労しか残らなくなってしまう可能性があります。

そこで、若くて無知で馬鹿で元気なときになるべく苦労しようと思ってやってきました。

起業したばかりの時も、

私も頑張って早稲田出て、なぜに私は今早稲風呂、早稲弁1日1000円生活を続け

月給は5万なんだろう?って考えたこともあります。

財閥系商社や外資に努めた友人が年収1000万!

という話を聞いたときには、驚きました 笑

やべー、なんか俺おちぶれてるなーと思いました。

もちろん彼らも努力と苦労をした結果なので、彼らは楽はしてないんですが、

なんか自分と華やかさが違うなと思ったのです。

場所は早稲田大学研究開発センター120の4号館

元早稲田高等学校の旧校舎でエレベーターもないおんぼろ学校が事務所でした(私は早稲田のビジネスプランコンテストで優勝したので、その特典で無償でここにいさせていただきました)。

しかし、人生、先に苦労した方が良い、と言い聞かせ、そのマインドだけで全て乗り切りました。

でこれはそんな苦労人に贈られるラッキーかなと思っていたのですが、

そうやってひたむきに頑張っていると、ミス専修とかの彼女とかができていたわけです。

今だから言えますが、貧乏なはずなのに、毎日校舎に彼女が通って

校舎でメイクラブしてたわけです。

校舎の非常階段で立ちバ○クとか、

早稲田への冒涜、歴史への挑戦ですね 笑

後にも先にもない良い思い出です。

ということで、これだけでも結構ラッキーだよな、と思ってました。

なぜそうなるかというと、女性は基本的にちゃらい男性が嫌いです。

チャラい男性が良さそうに見えて実は、本気で探しているのは、ひたむきに努力するタイプだったりします。

我々女性が、本気でチャラい女性を探しているかというと、実際結婚を考えたときに、

チャラそうな女性は遊ぶけど、結婚はできない、と考えがちなのと同じです。

ということで、ひたむきな期間に人生を共にする女性や将来すごくなる仲間と

出会いやすいと思っています。

そして良い女も、けっこう、これが人生辛い時に出会ったりとか。

同性で言うと、同じく華やかな世界とは隔絶されたところにいる

努力の期間に互いが送りあうテレパシーですね 笑

共鳴しちゃったりします。

リブセンスの村上さん、この前上場したメタップスの佐藤さんと出会ったのも

この時でした。

別にビッグネーム出してえらそうにしたいのではなくて、そういう苦労してた時期に

そういう方と接点ができていたという、本当の真実です。

今のお二人では、私と知り合いだったなどと言えば二人のブランドが下がりますが、

でも、そうだったわけです。

ということで、私はなお今も頑張ろうと思うのは、40、50になったとき苦労するのは辛そうだ

という考えから来ています。

若いうちの苦労は、エネルギーもあるし、どれだけの失敗も99.9%リカバリーできます。

なので、これからも最初に苦労を買ってでもしていこうと思う次第です。

そして今でも上を目指し続けるもう一つの理由は、

後になって、人生で何かをやらなかったことに後悔したり、誰かを羨んだりする人生が嫌だからです。

全部やってみた!と言える人生が良いし、羨むぐらいなら、羨まれるぐらいの人生の方が良いと思えるからです。

以上のように私が頑張る理由は、若いうちに苦労しといた方が、後に待っているのは楽しいことばかりではないだろうか、という考えと、やらなかった後悔ほど辛そうなものはなさそうなのと、羨む人生よりも羨まれる人生の方が良いと思うためです。

実際、今輝いている先輩を見ると、どう考えても、過去に苦労を先に買ってきたばかりの人たちです。

綺麗な女性に囲まれ、すごい仲間たちに囲まれ、そこらへんの20代よりも、全然4-50代の苦労を先にしておいた先輩の方が楽しそうで、輝いています。

そのため、私もそういう先輩たちを目指して、頑張り続けるのだろうなと思った次第です。

与沢 翼

PS:私が撮った動画御覧いただけましたか?

こちら11日に本当に削除します。

期間限定動画なので、もしよかったら御覧になってみて下さい

1時間ちょっとかけて株式投資の概要を話しています。

その上この動画にはまだ続きがあります。

この動画を見た方でないと続き見てもわからないと思いますので、

なるべく早めにご興味ある方は見て下さい。

なるべく早く苦労を買ってでもしておこうという与沢のマインドが凝縮されています。

一緒に苦労しましょう。笑

⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=2096&u=3

関連記事

  1. 常識を疑う
  2. 罠にかからないようにして下さい。
  3. 与沢翼覚醒
  4. 代償
  5. 配られたカード
  6. 許す力
  7. 今年最後にあなたがやる事
  8. 成長国家から学ぶビジョンの重要性

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 「ダウンタウンなう」に少しだけ出させてもらいました
  2. ブラックマヨネーズ
  3. あーたんを接写 笑

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

ないものねだり

「ないものねだり」ないものねだりが多い人の成功確率はかなり低い。私が昔まではそうだったからよ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【確率の高い方へ掛け続ける】
  2. 人生にも慣性の法則が働いています
PAGE TOP