思うこと

成功の判断

こんばんは!与沢翼です。

今日は大切なことをお伝えしたいと思います。

何か頑張ろう!と思い始めた人が

よく陥りがちの症状があります。

それは、すぐに結果を見ないと納得できない

それから、

すぐに判断を下そうとしてしまう

ということについてです。

どういうことかわかりやすく説明しますと、

例えば、株をやっていて思うんですが、

株の結果って1日単位では出ないんです。

これはデイトレでも同じです。

1日の変動内で利益を稼ごうとする活動であっても、

仮に10万円の利益を今日得たとしても

翌日20万円損することもあります。

これはカジノをやっている人は

特に深く痛感していることだと思います。

例えば、私のお金持ちの先輩でも、

つばさー、この前マカオのパイザで5600万勝ったよー

って先々月に連絡が来て、すごいなと思った矢先、今度は、

つばさー、やばい、フィリピンのシティーオブドリーム

で大敗を喫した、って連絡がありました。しゃれにならない、と。

つまり、ギャンブルは、頻繁に行く人なら、

最低1か月ごとにプラスかマイナスか、

そして、もっというと当然年間でプラスかマイナスか

を見ないとわかりません。

さらにいうと、10年でプラスかマイナスかを

みないとダメです。

カジノはやり始めたら最後、勝ち逃げて一生やらないか

あるいは、一生でコンスタントに勝ち続けるか、

どちらかしかないんです。

後者は、死ぬまでやりながら勝ち逃げる、ということ。

この場合は、一気に増やす、一気に負けを取り戻す

という思想はご法度です。

99.999999999%

資金が底をつきます。

そこで、私は、コンスタントに勝ち続けるためには

どうしたら良いかということを考えてこの1年やってきました。

私の投稿を見れば、月に5000万の利益を稼いでいるぞ!

という割には、掛け金が少ないし、

勝ちといってもいつも100万前後だな

なんかしょぼいな、と思う方もいるかもしれません。

しかしですね、

毎度100万勝ち程度で

喜んでバカだなーと思う

ハイローラーの方がもしいたら、それは危険です。

確かに、ハイローラーと呼ばれる方は、

数千万用意して、例えば5000万勝つか、全部するか

というレベルでやっています。

私も3000万おろして100万から300万ずつかけるとか

利益1日で3000万を目指すとか、そういうのは、

別に明日でも、できることはできるでしょう。

実際パイザは3000万をワンベッドで賭けても、誰も驚きません。

サンズも普通に何十億円でも勝てば、払い出します。

グループ売上2兆円の大企業ですからね。

しかし、何をどう血迷ってもそんなことしないし、したことありません。

勝てる金額を増やそうとするよりも負ける金額を減らしながら

ずっとやる、これが一番安全で勝てる人の思考だと思っているからです。

つまり、

負ける金額を減らしながら長く続ける、

これが最強のカジノ成功法則です。

カジノよりもリスクは減りますが、

株、というものがあります。

株も似ています。

負ける金額を最小限にしようと常に思う人が、

長く続けられれば、利益は莫大になります。

ジョージソロスはこう言いました。

まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ

この言葉に全ては集約されています。

生き残る人が儲ける

が全てなんです。

大概は途中で退場していくからです。

そして、ソロスが上記の言葉で実際には記載していない

言外の行間があると私は思っています。

それは、

勝負を続けよ、しかし生き残れ、

さすれば勝てる

私はそう読んでいます。

生き残るといっても投資を辞めたり

無期限で中断していては、生き残るも何も

それは場外で見ているだけなので

そもそも生き残ったことにはなりません。

つまり、リングの上で戦いながら、

生き残る、そうすれば、自然に儲かっている

という意味だと思うんです。

だから私はビジネスもそうですが、

消えたことがありません。

2か月伏せるはやりましたが、

何を言われようとずっと前で生きる

と決めてやってきました。

株もカジノも大勝は求めていないんで、

とにかく続ける!を最も大切にしています。

これって、すごく実は難しいですよ。

勝負しつつ、減らさない負けない

ってことがどれだけ難しいか。

なぜなら勝負しないで減らないのは

当たり前だからです。

勝負しつつ減らさない

って考えてやってみて下さい。

難しいけど、それができたら、結局は利益が出ていることにきっと気が付くでしょう。

そして負けないことが前提の勝負なので、

減ることも少ないです。

こうなったら本物だと思います。

株もカジノも私から言わせれば同じです。

で、本題ですが、

結局、成功を目指し始めた人は、

とにかく結果をすぐ求めようとする。

これはダメです。

利益の源泉は時の経過

これは半年ほど前に私が株をやっていたときに

早急に答えを求めようとしていた自分を

戒めるために、

呪文のように日々唱え、自己洗脳した言葉です。

利益が生まれるのは、時間が経つからだ、

これが私の行きついた株の結論です。

ま、当たり前ですけどね、

これが染みつくと、

株価の多少のずれで右往左往しなくなります。

つまりですね、

人は、答えを早くほしがりすぎます。

そして初心者であればあるほど、そうです。

答えを出すのは、どんなに短くとも最低3か月、

できれば半年、理想は1年です。

年で見つつ、株もカジノも続ける

その上で減らさない

このマインドであれば一年後、

資産は増えていますから。

まず1年勝負しつづけてリングで戦いつつ

退場していなければ、きっと勝っています。

もちろんもっと理想は5年10年です。

しかし、最低でも1年やってみないと

結果なんて求めたらダメです。

期間を長くとり答えとする。

これです。

まずは、それぞれが意識しすぎている期間を

ワンターム拡大してみて下さい。

ですから、株もカジノもビジネスも長く続けている

というのが実は一番すごいことなんですよ。

その間勝負を続けて生き残っているなら

なおすごいことです。

ちなみにここで言っているのは

デイトレがダメとか1泊2日トレードがダメだとか

だから中長期を薦める

とかそういう話ではありません。

何であってもある程度の長い期間で図るべし、ということです。

次に、

判断をすぐに下さない

ということです。

例えばですが、

こうだからああ、と

何か一つで総合判断を下す人

がおられますが、

これもダメです。

例えば新規ビジネスを始めた人が、

何か一つのデメリットを見て、無理だ、ダメだ

という。

これは本来おかしいです。

素材や経験をいくつも重ねて、

本当にダメなのか、

じっくり判断しないと、

本当のことはわかりません。

例えば、私もよく

アパレルで一度倒産してから

与沢はダメだ

と言われ続けてきましたが、

この10年考えてみて、

結局、資産も増えているし

収入も増えているし、

知名度も上がりました。

22からようやく32になって

10年というタームを刻めたわけですが、

この10年を見て確実に成長したな

と思うことができます。

その当時、私のことを何もしらず

適当なことを言っていた人たちこそ

今何してるんだろう、とふと思います。

株価と同じで、

私の人生も押し目を刻んだり

暴落もしましたが、

一度上がったものは、下がっても

急上昇の力をまた持つことが多いです。

だから、何か一つで

人をすぐ判断してしまう人も嫌いです。

嫌いというか、それは勘違いだよ、ということ。

これは批判とかじゃなくて、もったいないですよね。

近視眼的になっている。

本来銘柄でもそうですが、

ダメだ!と思われて、

ノーマークになった人が多い銘柄が

ある日突然噴き上げたりします。

つまり、今の姿というのは皆、仮の姿なんです。

仮というか一時的というか

だから今目の前の現象だけをみて、こうだ!

とかすぐに決めつける人は

押しつけがましかったり

価値観がこりかたまっていたり

思考の偏りをもちがちの人です。

ま、少なくとも人は変化するし、

可能性をいつまでも持っている

ということは理解していない人だと思います。

何でもある現象が全てで、それは固定化されている

と思っているのでしょうね。

裏に秘めた静寂な信念

というのは大切ですが、

信念と決めつけは別もんですし。

ある事象だけでこうだ!

と決める人は、

可能性の小さい人だと思います。

なぜならその後の続きがないからです。

そんなこと言ってノーマークの間に

裏で噴き上げてあとは羨むだけです。

今日お伝えしたかったのはこういうことです。

成功かどうかは究極10年単位じゃないとわからない。

したがって、一喜一憂や短期的な評価もほどほどに、ということです。

さらに継続してなんぼ、戦いつつ、負けないし、退場しないし、

ということが最も重要です。

生き残れば、自然と勝っています。

最後に、

ある事象だけでこうだ!

と決めてつけてしまうのは勘違いが結構あると思うということです。

本当は全体で、そして時間をとって

総合判断しなければいけません。

もし何かの参考になれば嬉しく思います。

与沢 翼

関連記事

  1. 新年あけましておめでとうございます
  2. 【成功へのステップ③】
  3. 【確率の高い方へ掛け続ける】
  4. 引越し準備で思うこと
  5. ないものねだり
  6. 確信できるビジネスのモデルが決まりました
  7. 2015年12月31日の言葉
  8. 一流企業になれるか否かの分かれ目

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 高級車大国ドバイ
  2. 2万$勝った!
  3. ポルトガル料理

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

井の中の蛙

日本の個人としては年齢的にも資産的にも私はトップクラスに出たと思います。でもドバイで生活して…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 人生にも慣性の法則が働いています
  2. オフィス物件を購入
PAGE TOP