思うこと

大きい存在を敵に回さない方が良いというお話

こんばんは。与沢翼です。
 
今日は、いくつかある私の過去の失敗談の一つをお話したいと思います。
 
 
それは、財閥とか本物の大物とか、そういう大きい存在に喧嘩売ると、結局自分に得がないよ、という話です。
 
 
どういうことかというと、私は以前ラトゥール新宿セントラルパークの最上階に住んでいたことがあります。
 
 
住んでいたといっても本宅は六本木ヒルズで、パーティ用に借りていたのですが、
 
当時はまだアパレル会社を経営していた時代で、年齢も27とか28ぐらいのときです。
 
 
夜な夜なエッチなパーティを繰り広げていたわけですが、
 
そんなことをしていたらエッチなパーティって本当にあるんですか?という日テレのバカフリという
 
テレビまで来たほどです。
 
その頃のテレビの映像がYOUTUBEで検索したら出てきました。
 
 
 
で、そんな話はどうでも良いのですが、
 
この時、私はヒルズ及びミッドタウンと比較して、
 
ラトゥールは、グレードが低いという記事をブログにアップしていたのです。
 
 
ヒルズやミッドタウンがエルメスなら、ラトゥールはコーチだと、書きました。
 
 
すると、住友の私の担当から電話があって、怒られました。
 
 
ブログに書かれている内容が色々と問題になっている、というのです。
 
すぐに消したのですが、
 
もう時既に遅しでした。
 
 
追い出されるということまではありませんでしたが、
 
以後退去してからは、代官山ラトゥール始め、全てのラトゥールシリーズの賃貸での
 
申し込みは拒否され、何度どんな角度から試しても私はラトゥールに住めなくなりました。
 
ブラックリストに入れられたのです。
 
 
もともとホームパーティをマンション内でやること自体が嫌われる行為であるにもかかわらず、
 
日々その様子などの画像をブログにアップしていたのです。
 
 
当時の私はまだ有名ではなかったとはいえ、ブログのPVは1日2-3万ぐらいはあって、
 
アパレルやITとか東京の若手の中では、それでもやはりちょっとは有名な方だったんです。
 
 
現にテレビとかもちょいちょい出ていましたから。
 
そのテレビを見た人の中で一定数は検索して、ブログを訪れますしね。
 
 
ということで、パーティはやるは、あげくにディスるわで、
 
私は、住友から、一生もんのお取引禁止をくらったというわけです。
 
 
多分今賃貸の申し込みをしても、無理だと思います。
 
今は不動産投資家ですが買いたいと言ったら、ラトゥール六本木は売ってくれるのでしょうか。
 
それすらも断られそうです。。
 
 
例えば、以前ですね、ほとぼりが冷めて、今度はネオヒルズ時代に代官山ラトゥールに申し込みみましたが、
 
自動返信メールはるんるんで返信来るのに(当たり前)、個別返答で、与沢様と弊社の間では色々あったようで、
 
○○様(昔の彼女)であれば検討余地もあるのですが、、、。
 
 
ただ、与沢様が来られない、使われないという保証もありませんので、ということで、
 
収入審査以前の問題で、お話を進められません、という回答が来るのです。
 
 
で、もう無理だなと思いました。
 
 
ちなみに、この時期に三井のミッドタウンは、通っていますので、
 
財産状態や収入面で、ラトゥールが落ちたのではないことは明らかでした。
 
 
何度も謝罪して改善の意を述べました(実際に改善するつもりでしたが)、
 
住友からは許してもらうことはできませんでした。
 
 
 
これが個人オーナーとかだと謝れば許してくれちゃったりというのもあるかとは思うんです。
 
もちろん誠意次第ですが、誠意があれば、個人オーナーならありえた。
 
 
しかし、財閥とかは本当に無理です。組織の意思というか。
 
この時、私は二つの誓いをしました。
 
 
一つに、財閥を敵に回しても何もメリットがない、金輪際本当に気を付けようということ。
 
 
この時、自分の勝手な目線で他者を評価したり、比較したりすることは、百害あって一利なしだと思ったのです。
 
それぞれ努力している人たちを部外者が、あれこれ公の場で評価するのも考えものだということです。
 
 
そもそもラトゥールにあっては、自分が内覧してお金を支払って月150万ぐらいの家賃で借りたぐらいですから、とてつもなく良い超最高級物件なわけです。
 
私のその借りた部屋というのは、今でも有名な大物女優がテレビのロケでも使ったぐらいでした。
 
 
そして、そのあとしつこく行きたかったぐらい代官山ラトゥールも日本最高峰なわけです。
 
 
なんで、あんなすごく良いものを軽はずみにディスったのかとずっと後悔しました。
 
ただのネタだったのですが、そんなギャグは通じませんでした。
 
 
まして、住友は三井と森と、しのぎを削って、事業競争をしているわけです。
 
 
つまり、死ぬほど努力して本気でやっている仕事。それをバカにされたら誰だって切れる。私だってされたら嫌だ。
 
 
ということで、このように自分を棚に上げて、何物かを比較する、偏った評価をする、下げる、というのが、
 
いかにこの世で、下げられた側の恨みを買うかということをよく理解したのです。
 
そして、これ、言っている方は、それほどの悪意も強い認識もないんです。
 
でも、言われた側は傷つく。怒る。そして、相手がそれなりの存在であればプライドもって仕事しているので、ほぼ許してもらえません。
 
その延長にあるのは、自分のデメリットだけです。
 
 
これと同じことが人間社会の色々な場面で起こっています。
 
いじめだってそれの延長にあるようなもの。
 
 
今回はたまたま相手が財閥で、そういうでかい存在はもう謝っても一生許してもらえないんだよ、ということを知ったわけですが、こういう独断や偏見、評価、決めつけ、心無い発言、軽はずみで他者を軽んじる自分勝手な言動が発展して弱いものに向けられた場合、いじめになりえる。
 
だから、ネット社会。気を付けて生きないといけない。
 
 
自分がした発言の裏側に誰か傷ついたりプライド傷つけられたり、怒らせたりしている人はいないか。
 
 
一度、そういうことをすると遠い関係であればあるほど、二度と許してもらえないか、一生嫌われる、ということ。誤解を招くこともあるだろうし、尾ひれが付くこともさらにあるかもしれない。
 
これがどれだけの損失か。
 
 
だから、自分が評価して良いのは利害関係が双方にあることはまず大前提で、その上でも必要最低限の内内でその話をするべき、公に書くことじゃない。
 
あるいは、どうしても何かその対象を評価をしなければいけないほど相手に非があると考えられる場合、
 
法律に従え、裏でやれ、ということです。
 
 
実際は、その相手と取引関係も、利害関係もない人が、誰かやどこかをディスったりする場面を見る。
 
つまり、この事例で言えば、買ったことや借りたことや、利用したことがない人が評価するなどもっての他。
 
 
そして私の場合、きちんと契約して利用している人であっても、自分勝手でふざけた発言を公でするのは相当注意すべし、ということです。
 
 
もう一つの決意は、パーティを辞めると決めたこと。
 
こういうのをマンションでやるのは、他の住民にとって完全にマイナスだと私は思うに至ったわけです。
 
パーティしている方々をディスするわけではないです。
 
 
楽しいし、自室でやるのは、許可されている範囲であれば権利でもあります。
 
ただ、迷惑をかけるのはよくないわけですね。
 
 
やるなら、他の住民に迷惑をかけないようにしたり、
 
騒音、ごみ、他人がセキュリティの内側に来ること、
 
これらどう考えてもプラスでないことが起こりうることを理解して、相当慎重にやらなければいけない。
 
 
なので、この件以降私は高級物件に住んでいるからといって、パーティを呼んで
 
不特定多数を呼ぶことを辞めました。
 
だから、今住んでいるシンガポールのマンションも含めて家に入ったことがあるのは、ほんの数組の仲間だけです。
 
 
なんか色々と怒られてこのときガツンと、反省したわけです。
 
 
脱線しますが、六本木東京の最上階に住んでたときは、お隣の先輩の家と間違って、
 
私の家に土足の女子が、入ってきて、座っていたので、
 
あのときはたまげたわけです 笑
 
 
またポストにそれ関連の荷物が入っていることもあったり、
 
またこれはネタですが、私の家に間違って入ったら、
 
エッチしてる声が聞こえてきた、と言われたりしました 笑
 
 
これはどっちが迷惑かけてるかもはやよくわからない事態ですが
 
少なくとも、それからは、私も鍵をかけるようになったわけです。
 
 
といっても、お隣さんだったのは、大先輩で今も仲良しの方
 
で、先日もシンガポールでお会いしていますし、怒ったりするわけもなく、
 
またその方が悪いわけでもないわけです。
 
 
しかし、これが全くの他人だったら、高級マンションの内側に不特定多数が
 
入ってくることがどれだけ住民にとって迷惑かってことです 笑
 
なので、私は辞めました。
 
 
ということで、この失敗から学んだこと
 
一、財閥とか大きい存在に、こちらに比がある形で粗相すると一生許してもらえないよってこと。
 
強者は厳格で、その高い品質の分、厳しい。一度ダメなやつは、もう例外なく外される。
 
これは自分の不徳と、品位のない点が招いたことです。
 
人の恨みは海より深しです。
 
自分がころっと考え変えて謝ったってもう許してもらえないんです。
 
だから、皆さんも敵作る行動するときは、正当な場合だけにして、
 
それなりの覚悟で、またしかるべき正しい手段でやって下さい。
 
 
二、自分主義で発言してると裏側の気づかぬところで怒りをかって恨まれるよって話。
 
この話自体が私の友人たちや先輩たち含め、パーティよくしている人たちとかを敵に回しそうで非常に怖いのですが、言いたいことはそういうことではないので。
 
私の経験上、本当に、これ系の話は、色々と気を付けた方が良いので、アドバイスも含めて、です。
 
住民は基本うれしくないという事実です 笑
 
また、このマンションの具体例に限らず、自分が今までしてきた発言でどれだけ世界に敵を作っているか、考えた方がよいよ、ということです。
 
私も、金輪際、さらに、より一層気を付けていきたいと思います。
 
以上です。
 
PS:もはやこの記事とか、敵しか作りませんね。汗
大胆不敵や不遜を通りこしてて、、さすがに今はもうこういう発言はできません。20代万歳。30代になってますます社会の怖さをなんとなく感じる次第です。
 
 
10985376_951926178204451_725025155448560790_n
11755649_951926111537791_8655443586927444970_n11214189_951924901537912_7031823668550704753_n11802726_951925274871208_1476982572376631940_o11760072_951926024871133_3690988496384837009_n11796278_951927151537687_5128992464953743697_n11794333_951927584870977_2885795049291812469_o11779884_951927834870952_1594808413822440132_o

 

関連記事

  1. 2016年を振り返って、そして目標の立て方
  2. これからの私
  3. ASEAN経済共同体
  4. 明日から7月
  5. 引越し準備で思うこと
  6. ferrari488
  7. 成功の階段
  8. 高級マンションを退去しました

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2万$勝った!
  2. ドバイに会社設立費用を振り込みました。
  3. リッツカールトンレジデンスを3億弱で買いました。

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

お金の流れを制する

今日はお金の流れというお話です。これは私が自分の今後20カ年の戦略を書き込んでいた時に考えた…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. フェラーリが納車されました
  2. 相互紹介ということで
PAGE TOP