仕事

嫌なことも含めてそれが好き

 

最近トレードの方がすこぶる調子がいいです。

あと半年ぐらい積み重ねたら、いずれ実績を証拠付きで公開する予定です。

実は、既にFXと先物もスタートしています。

FXと先物を始めたことで、それに連動する株式投資が非常に的確にコントロールできるようになりました。

また、FXと先物自体も始めた直後ですが、全ての建玉で利益確定できています。

株にあって毎日2%から4%の利確ができていて全勝です。

ただ、今は相場の下落と急激な反発という力が働いているので、ボラティリティが高いためです。

次第に株式市場も一旦落ち着くことですから、そしたら日に1%が妥当になると思います。

そして、もちろんこれからです。

ただ、FXも先物も株も全て同じ要素だ、ということがわかっただけでも、私にとってはものすごい発見です。

さらに、それらは全て相関的に強く、あるいは弱くも、常に一定の連動性や関係性を持っています。

人に話を聞くよりもやってみるのが一番。

百聞は一見に如かずとはこういうことなんですね。

FX,先物はリスクが高いとだけ聞いていましたが、自分でやってみてどういう意味かよくわかりましたし、レバレッジの違いだけでリスクは株式投資と全く変わらないことがわかりました。

そして、FXや先物のナイトセッションは深夜も取引可能なので、昼夜問わずPCの前に貼りついています。

本当に自分ってトレードに向いていたんだなと感動するあまり、最近、神様に感謝しています。

向いているというのは得意というより、好きだ、という意味です。

好きなことが人生に見つかるというのは、好きな女性ができるのと同じぐらい感動ものです!

いや、失礼ながらそれ以上の喜びです。

というのは、これほど自分がトレードが好きになるとは、我ながら想定外だったのです。

これまで洋服の事業からネット関連の事業と、いずれも常に事業しかやってきていないものですから、

やっぱり自分はビジネスしか知りませんでした。

そこでは、主にコミュニケーション能力が問われます。

営業するにも、組織を作るにも、みんなで協力してやっていくにも、主にコミュニケーションです。

コミュニケーションはビジネスにとってとても重要な資質です。

経営者でコミュニケーションが得意でない人というのは、無理ではありませんが、不利ではあります。

だから私はトーク能力、プレゼン能力、文章力を鍛えてきました。

しかし、トレードには、コミュニケーションがありません。

これまでのコミュニケーション能力はほとんど役に立ちません。

コミュニケーションというより職人に近いです。

このようにゼロから新しいことを始めて本当に通用するのだろうか、やっぱり自分に疑いもありました。

それ以上に、そもそも、このチャートというものを、私は好きになれるだろうか、ということは、より強い疑問でした。

当初は、意味不明に上下するチャートに辟易したものですが、なんと今は、ぎざぎざ動くのを見ているだけで楽しくなってしまいました。

昨日は1分足というのを、5時間ほど、ずっと眺めつづけていました。

見れば見るほど、動きに特徴があることがわかってきます。

トレンドの転換点や勢い、どちらに行くだろうかというのが形や動き、速さでわかってきます。

今はまだ時期ではないので、どういうトレードをしているのかはお話しませんが、

今日お伝えしたいことは、物事は突然好きになる瞬間があるということです。

最初は、へーって感じで、そうなんだー程度のことが、突然好きになる瞬間があります。

その瞬間を迎えるにはタイムラグがあって、始めてからすぐに辞めてしまうと、好きになる前にお別れとなります。

これは経験上間違いなくて、物事は何でもその深みを知るまでに、少し時間がかかるものです。

だから、決めたことが好きかなのかどうかを見極めるには、それ相応の時間の投入が必要です。

ちょっと触れて違うと判断してしまうと非常にもったいないことです。

人間社会でも、嫌いだと思っていた人が実は超好きになることがあります。

それには時間が必要です。

物事も同じで、嫌いだと思っていた物事が実は超好きになったりするのです。

そして、あまり好きではないな、得意ではないかもな、と思ったところからが勝負です。

そこからしばらくやってみると、本当の良さが見えてきます。

もしかすると、嫌いは、好きの種なのかもしれません。

ものすごく嫌いな人がいたとして、それはものすごく好きになる兆しかもしれないのです。

物事や人は好きになったら勝ちです。

なぜなら、どれだけ時間を使おうとも、どれだけ相手に翻弄されようとも相手と共にすることを辞めないからです。

好きだから辛いことにも耐えられる、好きだからどんなプロセスも損も無駄だとは思わない、

こういうことです。

最近では、生涯、結婚できない、あるいはあえてしない女性、男性というのが日本でも記事になることが多いですね。

男性の生涯未婚率はなんと4人に1人にまでなっているそうです。そして晩婚化は年々進んでいるそうです。

私もこれまで結婚してきていないのでわかりますが、なぜ結婚しないかというと、シンプルで、そこまで相手のことを好きではないのです。

好きであれば嫌なところも含めて全部がその人、という結論になるそうです。

これは麻美から言われた名言の一つですが、

なるほどな、と思いました。

麻美に、よくこんな自分が好きだね、と言ったところ、

私の良いところはもちろん、嫌なところも含めて全部で、私が好きなその人なんだよ、と言われました。

そして、好きであれば、どんなつらいことでも嫌なことがあっても、耐えられると言われました。

好きなその人と離れることは、嫌なことを乗り越えることとは比較できないほど最も辛いこと、というのです。

確かに、マイナスもプラスも含めてその人でその人が好きであれば比較対象はなくなります。

これが愛であり、仕事であれば職人ということなんだな、と思いました。

きっと、結婚しない、あるいは、できない人は、相手の嫌なところも含めてその人、などとは思えないはずです。

嫌なところは、その人のマイナスポイントと思うのです。

私もそういうタイプでした。

すると、嫌なところ、自分にとって魅力ではないところをマイナスポイントとして評価し、他の選択肢を考えるために、結局結婚には至らない気がしています。

しかし、自分にとって完璧な人は一生現れません。

事業でも同じです。

私の場合はトレードですが、トレードにも嫌なところ、リスクなどはあります。

でもそのデメリットも含めて私が好きなトレードなんです。

ここまで自分に思わせてくれる物事に出会えて、私は本当に幸せです。

与沢翼はここに、生涯をトレーダーとして生きることを皆様に固く誓います。

つまり、ビジネスとしては投資家という職業と結婚するという意味です。

何があっても、どんなつらいことに遭遇しても離婚はしません。

投資が私の妻だなと確信しました。

そしてもちろん麻美も。

嫌なところも含め自分の好きなそれ、という感覚、やっとわかりました。

だからずっと一緒にやっていけるわけですね。

多少の嫌なこと、マイナスなことなんてへでもありません。

全部ひっくるめてその人が好き、これがわかっただけでも感謝です。

ところで、先日お伝えした通り、ドバイに会社を作り、フィリピンに物件を買おうと思っています。

ジョホールバルに物件を買ったばかりですが、次はフィリピンを見ています。

トレードの休憩時間には世界の物件探しをしています。

投資で得た利益は、物件にもしばらく振り分けます。

複利で言うと、全て元本に組み入れた方が良いのですが、

今の私で言うとまだ経験していない相場のパターンや状況があると思っていてそれに遭遇したとき、フルスイングだとまだ巨額の損失を出す可能性があります。

なので、一巡して本当に自信が確信に至るまでは、リスクヘッジのため一部は、不動産に回します。

それには理由もあって、今後私が何か勝負をしたいときに資金調達をすることがあると思っています。

そのときの担保を作っておきたいのです。

担保があれば海外でも資金調達が可能となります。

そして、確信となったとき複利を活かすトレードに絞ります。

つまり、投資にフルスイングする。

その時は、資金調達をして一挙にトレードに全資本を投入するわけです。

やはり生粋のリスクテイカーなので、永遠におとなしくもしていられません。

ただ、今はまだその時期ではないです。

近くフィリピン不動産取得のお知らせをする日も近いかもしれません。

与沢 翼

11890601_967252026671866_6192891851723153737_o

 

LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

与沢ID @yozawa
麻美ID @aatan

スマホからワンクリック追加はこちら

与沢 与沢翼line@友達追加ボタン   麻美 相原麻美line@友達追加ボタン

QRリーダーで読み取る方はこちら

与沢t02200220_0360036013294825948麻美asamiqr

関連記事

  1. 来年、ニューヨークに進出しようと思っている
  2. ゴマブックスの嬉野社長、赤井副社長と打ち合わせ
  3. 8000万円を売却
  4. 明日からドバイへ行ってきます。
  5. 世界には8000兆円のお金がある
  6. これからはさくっとビデオを撮っていく【金融の話】
  7. グローバルトレード
  8. 馬と机と本棚

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 【常に余力を残して戦う】
  2. フェラーリ458スパイダーを購入しました
  3. 寿司喰

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

渋谷マークシティに移転が決まった2009年の写真

渋谷マークシティに移転が決まった2009年の写真がでてきました。今から四…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. パーフェクトへの道
  2. 140万円のテレビボードが来ました
PAGE TOP