お知らせ

アメブロを削除しました

 

こんばんは。与沢翼です。

読者数が2770名いたアメブロを、自ら削除しました。

ちなみに表示が消えるまでには24時間ほどかかるそうです。

削除した理由を今日はお話します。

まず第一に、ブログメディアは、自社メディアが良い時代になったということです。独自ブログを作り、アドセンスやアフィリエイト、自社商品販売で本気でやっていくべき時期です。

以前までは、アメブロの集客力はとてつもないものがありました。

単独でブログを構築するよりも、ペタや読者、アメンバー、ランキング、SEO的に上位表示されやすいなど、各種仕組みによって、大量のアメブロユーザーが、アメーバ内を訪れ、回遊していたことが実感できました。

しかし、アメーバがペタの仕組みを終了したことを見ても、最近は、その他の集客のための新たな仕組みや、抜本的なサービス向上のための改革が図られない状態が続いていると感じます。

そしてまた、それ以前に、アメーバがどうのというよりも、ラインやインスタ、フェイスブック、ツイッター、バインやミックスチャンネルなど他のソーシャルメディア へと若手ユーザーがどんどん流れて行っていることです。

アメブロは、いまだブログスタンダードとは言える一方、最近では芸能人がラインブログへ移行する流れが始まっていたり、読者数も書き手も増えていない実感があります。

さらに、アメーバブログで記事を書いても、広告収入を得ることができません。

独自ブログであれば、アドセンス等によるクリック広告やその気になれば、媒体化して純広告を受け付けることもできるはずです。

一方アメブロでは、広告料が得られないだけでなく、アメーバ自社の広告を消すためには月額費を払う状態です。

そして、広告宣伝的な内容を書くと消され、名誉棄損や侮辱的な記事でなくとも、また広告宣伝でなくとも、思想的な考察を書いたことでも、アメーバの根拠不明な判断で、記事を消されることがあります。

私の場合で言うと、記事のみならず最も辛かったのは、2011年に、それまで6年書いていた思い出と全ての写真、経験や物語は、ブログアカウントの削除という結果で、全て消えました。

当時の写真や記事は、アメブロにしか保存していなかったため、今でも空白の6年となってしまったのです。

私はアメーバに2回アカウント自体を消されています。記事単体の削除は、何度も経験しています。

もちろん、管理運営者として、不適切な記事を取り締まることの重要性はわかりますが、事前予告なしのブログ全体削除や、広告宣伝や名誉毀損でない記事も削除されたということは、やはり書き手にとってはつらいものです。

ですが、究極は、人の土俵です。人の土俵で生かしてもらっているなら、その国のトップが決めたことは絶対であって、理不尽であると思っても従わざるを得ません。

そしてここ最近は、非常にアメーバブログさんとも良い感じでやってきていて、記事を削除されたのも今年は1回ぐらいです。

その時は、検察とか国について触れる記事を書いたところ削除となりました。国に喧嘩売る感じではなく、国を敵に回さない方が良いという内容でしたね。

ただそれ一回だけでしたし、特段今すぐ辞める必要まではないのですが、現時点ではアメブロでのこれ以上の進化がイメージできず、また、私の場合は、現状その大部分が自分の知名度で集客を行っている関係上、広告収入が入らない、その上、広告宣伝もできない、さらに記事やブログは予
告なくいつ削除されてもおかしくない、とデメリットが揃ってしまうと、これ以上継続はできないなと思った次第です。

そこで、2770名の読者を捨てて、未だランキングも上位ですが、先ほど自らアメブロを削除してきました。

今後伸びていくメディアというのは、犯罪に抵触していない限り、表現の自由を認めるメディアなのではと思います。

刑法上、名誉毀損や侮辱に該当する表現やプライバシー侵害や児童ポルノなどが削除されるのはもちろんとしても、それ以外で管理運営者であるという絶対的な立場で恣意的に削除されたりされなかったりと、表現の自由を規制するメディアは
生き残れないと思っています。

もちろん私もアメブロさんの立場に立てば、どんどん規制していく側になるかもしれませんから、これは批判ではなく、書き手こそが、それぞれの立場に合わせて、どのメディアを使うかをより真剣に考える必要性が出てきているという指摘です。

それだけ今はオプションが増えたんです。

そして特に、ブログの場合は、固定メディアで一方通行型のマスメディアタイプですね。

フェイスブックやツイッターと言ったソーシャルよりも、ブログの拡散力は格段に弱く、著名人の場合は自分のファンをそこに集める目的が大半であったりします。

すると、ブログは独自で持った方が良いわけです。

拡散もしない、広告収入もない、宣伝できない、常に消されるリスクと考えると、ないない尽くしになってしまうわけです。

また、先日私はYOUTUBEを理由なく理不尽な処置で削除されたことで、独自メディアというものへのシフトを常に意識しています。

具体的には、ソーシャルでは、法律の範囲内での表現の自由、宣伝の自由のあるフェイスブック、ツイッターをメインにします。

あとは、独自ブログや独自サイトをどんどん作っていき、その中に動画は組み込んでいこうと思っています。

あとは、プッシュ機能と言えるライン@とメルマガもやはり重要だと思います。

ツイッター、フェイスブック、独自ブログ(動画付き)、独自サイト(動画付き)、ライン@、メルマガの6つがあれば、十分であり、またシンプルに最強の構造だと思っています。

ツイッター、フェイスブックで満足いく結果が出れば、インスタに行くという感じだと思います。

使えるものは全て使うのも良いですが、各メディアでトップクラスになってから少しずつ広げていくのが良い気がしていますね。

ということで、色々と愚痴っぽく言ってしまいましたが、特に批判ではなく、率直な私の立場からの考えの元、アメブロをついに10年経て、卒業させていただきました。

本当にお世話になりました。

そして、初心者の方にとってはアメブロが依然有益であることに変わりはありません!

私としては、今後、この独自ブログのみで本気で記事の執筆をしていきます。

ぜひ、ブックマークしていただけますと幸いです。

また合わせて人気ブログランキングからも退会しました。

私は自分の読者さんを持っていますので、ブログランキングに流す必要はもうないと判断した次第です。

以上、ご報告でした。

11884739_960456987351370_1264464563069912895_o

関連記事

  1. なぜ大金持ちは誕生するのか?
  2. 某ラジオ局との打合せを行いました
  3. アメブロのアクセス数
  4. 本日までに公開した動画
  5. 新田社長、社員の皆様、素敵な機会をありがとうございました
  6. FAS1周年感謝祭 ありがとうございました
  7. The ROPPONGI TOKYO club rsidence…
  8. 新刊の表紙出来ました

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 1000万溶けるか、増えるか
  2. 友人が遊びに来てカジノへ
  3. 私の株トレードのやり方

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

第11話 成功しない人の特徴

第11話 成功しない人の特徴今回は、前回の逆で、私が思う上手くいかない人の特徴を少しだけお伝…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. シンガポール開拓してます
  2. 新型フェラーリ488スパイダーを買いました。
PAGE TOP