思うこと

かなり感銘を受けた記事

【かなり感銘を受けた記事】

どこの誰が書いたのかもわかりませんが、これは考えさせられました。

http://thinkchang.hatenablog.com/entry/2015/08/08/184947

http://thinkchang.hatenablog.com/entry/2015/08/23/110303

要約すれば、先日KDDIに時価総額推定77億円(買収金額非公開のため詳細は不明)とも言われる額で買収されたNANAPIという会社の赤字を例に、日本のITベンチャー起業家の思考がちっこいという指摘をしている記事です。

なるほどなるほど。

私も日本にいた当時、上の世代のかなり有名なIT長者たちともお会いしたこともあるし、大学時代の友人達がいよいよ実力をつけてきている年代でもあるので、その当たりの感覚というのはなんとなくわっています。

彼らがどんなことを考えていて、どんな雰囲気かということです。

皆、それぞれ当然に優秀なのですが、ここに指摘されていることは真実だなと私は思います。

ソシャゲーで一発当てることばかりを基本的に考えていること、思いつくサービスの内そのほとんど全てが日本人を対象にしていることの2点です。

実際には、アプリのプラットフォームであるグーグルやアップルに、とてつもなく高い手数料を収めて外資を儲からせているに等しいわけです。WINWINと言えば、WINWINですが、そこは日本企業でできなかったのかと言えば、負けは負けであり浸食されている事実があるわけです。

自分が、海外にいるからかもしれませんが、確かに、日本人は、日本のマーケットのことだけを考えています。

海外に来て、最も強く思ったことです。

それは、日本人は、なんと日本のことだけにしか興味がない民族なんだろうか、ということです。

アジアのビジネスマンというのは、ビジネスを考えるときに、一つの国だけでなくほぼ全域で、考えています。

例えば株をやるとなったら、シンガポールに住んでいても、シンガポール株だけを見るということなどありえません。アジア全体の銘柄を見ています。

米国のファンドだって、自国のみならず、中国、日本、欧州、中東と世界の銘柄を取引しています。

さらに、飲食やITサービスでも、英語を使い、アジア全域に仕掛けるというビジネスでスタートしています。

例えば、Singaporeには一風堂という素晴らしい日本企業のラーメン屋が、日本そのままの味(赤丸、白丸)とシンガポールオリジナルという現地特別に作られた味のメニューを融合させたやり方で頑張っていますが、味も美味しいし、シンガポリアンからのその人気ぶりを、いつも見ています。

飲食では多少このような企業があっても、まだまだその数たるや少ないですし、ITにあってはほとんどありませんね。

特にITなんて、そもそもがグローバルなはずです。しかし日本語で始まり、日本語で終わる。

なんか、日本のある意味強さでもあり、圧倒的な弱さをも知ってしまった瞬間ですね。

日本人は、日本以上に良いところはないと信じ切っている、そして、日本人だけを対象にビジネスをすることしか知らない。

外も見ることを思いつかない、実感がない、その力がない。

一方それぐらい閉鎖されているからこそ、障壁も高く守られているとも言える。

あの国土に今はまだ1億2千万以上の人が住んでいるため、マーケットも、当然ある。

しかし、よく考えれば、アイフォンの普及の高い日本市場で、アプリ売上の30%もアップルにもっていかれるというのは、すなわち、国内マーケットも間接的に外資にどんどん取られていっていると言えます。

しっかり国内企業が国内ネットコンテンツ市場を確保していたドコモのIモード時代では考えられないような外資の浸食と言えます。

今では、ビットコイン等を始めとした仮想通貨まで日本に浸透してきており、これから日本政府としても外資を誘致していかなければ、税収を確保できませんから、どんどん外資も日本へやってきて成功を収めていくでしょう。

外資が強いのは、元々世界を見ているから規模がでかいからです。

フリーメールもGメールに取られ、インターネットサービスのほとんどは、米国がシェアを取りました。

SNSといえばFACEBOOKだし、メールといえばGMAIL、動画といえばYOUTUBE。

マイクロブログといえば、ツイッター、写真と言えばインスタ、これら全て外資。

アメブロとグリー、モバゲーはよく守ったと言えますが、それは日本特有の漫画、ゲーム、ピグのような、コミカルな文化を大切にしたに過ぎないような気がします。

つまり、日本ローカルに考えたからこそ守れた結果であり、日本以上でスケールする考えでもないわけです。

外資がその資金力でいたる日本の分野に進出してきた時、一番やばいのは、日本という国ではありません。

なぜなら、日本政府は、日本企業と同じく日本にある外資にも課税できるので、どっちだって良いと言えばどっちだって良いのです。感覚の問題で、数字ではどちらが利益を出そうと同じです。だとすれば今の日本の赤字っぷりでは外資誘致は不可避です。

その時にやばいのは、日本しか見れない社長だらけの日本の会社です。

色々なマーケットで外資にシェアを奪われる一方、自分たちは日本の外を攻略する視点も意思も意欲も実力もない、となったら、もう日本は半分ぐらい外国になってしまうかもしれません。

それぐらい日本人の国内視点はまずいと思います。

逆に言うと、私としては、日本は世界の中の素晴らしいマーケットの一つと捉えます。

日本はすごいですが、日本にしか拘れないようだと未来は危ういと思います。

さらに、上の記事にもありましたが、初っ端から世界一を目指して始めるというぐらいの気概でないと今後、通用しなくなるのではないでしょうか。

より一層意欲が湧いた次第です。

あなたも一度考えてみて下さい。

与沢 翼

PS:9月1日から本格始動する完全無料の与沢翼の【未来塾】を募集中です。

メール登録で入塾完了、退塾もメール解除によっていつでも行うことができます。締切は8月25日24時厳守となります!現在5000名となりました。あと半数で締め切らせていただきます。既に3回プレ講義を配信し始めています。

http://nmq.y-ml.com/form_if.cgi?type=1&id=mirai

11713677_945703518826717_791716948692428513_o

 

LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

与沢ID @yozawa
麻美ID @aatan

スマホからワンクリック追加はこちら

与沢 与沢翼line@友達追加ボタン   麻美 相原麻美line@友達追加ボタン

QRリーダーで読み取る方はこちら

与沢t02200220_0360036013294825948麻美asamiqr

関連記事

  1. バンコクに来て変わったこと
  2. 他人の力を借りる
  3. バカラ大会に出ます
  4. 人生の悟り
  5. 実績が出るまで辞めてはならない!(与沢人生訓)
  6. 【与沢コラム】2017年の軸
  7. 片手間じゃ何も、ものにならない
  8. 2016年は良い年にしよう(^^)/

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. キャセイパシフィックで帰宅します!
  2. 2万$勝った!
  3. 私の株トレードのやり方

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

振れ幅

「振れ幅」色々な人生を見ていると振れ幅に差があるなと思う。値動きと一緒でボラが上がると、反対…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ブラックマヨネーズ
  2. 【見えなかったものが見えるようになる瞬間】
PAGE TOP