思うこと

実績が出るまで辞めてはならない!(与沢人生訓)

 

人は、生まれてから死ぬまで、様々なことに挑戦します。

例えば、学校で推奨された資格を取ろうとしたり、会社で指示されたスキルアップを図ろうとする場合もあります。

また、語学をマスターするために留学もするかもしれません。

スポーツを始めたり筋トレも始めるかもしれませんね。

このように、人は何等かのきっかけで色々なことにチャレンジするのですが、その結果はというと、ほとんどの場合は、

実績が出る(形になる)前に辞めてしまいます。

多少前に進めなくなると、心が折れてもうダメだ、となります。

あるいは、これは自分には合っていないと判断してしまいますね。

もちろん本当に合っていない場合もあるのですが、合っていないと判断できるためには、基本的なことを全てマスターした後だからこそ言えることなのです。

かなり深く分かった時に、自分の進むべき道とは違う、本来的には自分の個性が発揮しきれない、と言えるんです。

私もこれまでそれなりに深く狭くビジネスをやってきました。

だからこそ、何は残し、何は捨てるかを選り分けることができるようになりました。

多くの場合、人は、自分の進路について迷います。

何が向いているかわからない。

それは当然なんです。

深く一つを追及した実績があることで、得手不得手が棲み分けできるようになり、自分の進むべき道がだんだんと見えてくるものだからです。

したがって、新卒や若手の場合は、仕事を選ばず、いただいたものを全力でやる、というのは正しいスタンスだと思っています。

やがて、自分の適性が見えてくるからです。

しかし、すぐに辞めてしまう人が本当に多いように思います。

本来は、多くの人がもうだめだと思った時からが本番の勝負で、そこで踏ん張った人だけがマスターして、次の段階へと行けるのですが、挫折に弱いと、すぐ辞めてしまいます。

挫折が来るのは予選の選り分けみたいなものです。振り分けの作業と言えます。

挫折を経た後に続けられるかは、本選への切符です。

皆さんは、どうでしょうか。

対象はどんなことでも良いのですが、一度やったなら、周囲が認める程度の実績にはしないといけません。

別に一番になる必要までは必ずしもないです。

しかし、本選に行けるレベルには、形にする必要はあります。

英語を始めるなら喋れるようになるまでやる。

海外に出るなら、一つの事業を成功させるまで帰ってこない。

新しい副業を覚えるならば月10万円の安定基盤は確実に作る。

などです。

形になる前に辞めるならば、自分にとって得られるものはなく、ただの暇潰しです。

おそらく隙間時間にソーシャルゲームに費やしている時間と同じぐらいの時間的密度の薄さだと思います。

それこそソーシャルゲームだって、どうせやるなら達人になった方がいいです。

ゲームが得意な人は、例えばですが、株式のトレードが上手だったりすることが多いですね。

何でも物事には相関性と共通性があって、凝り性で、壁や難題にぶつかったときに、悔しさや自分への劣等感を噛みしめ、それを超えようとやり続けられる人が勝つ人です。

皆さんは、大きく負けたことはありますか?

例えば私で言うと、日本中に経営破たんが知れ渡りました。

またその前には自己破産の手続き開始決定と債権者集会という法廷を経験しました。

官報や戸籍には自己破産履歴と掲載され、それはもう、この上ない恥ずかしさで、自分の実力への疑いが過ります。

銀行融資も受けられなくなりカードも作れませんでした。

しかし、私はめげませんでした。

というかそんなこと微塵も気にしたことがありませんでした。

ハンディがあっても、ハンディがあるなりの戦いができます。

実際ハンディは有利になる、と言う言葉を私は使ってきました。

そして、死ぬこと以外リスクじゃないと、自伝の漫画の表紙に書きました。

多くの人はこう言いました。あのやり方では、与沢はいずれ失敗する、と。

確かにその通りかもしれません。

私自身、最後にあるのが挫折かもしれないと思いながらやってきました。

しかしどうでしょうか。

あのやり方ではいずれ失敗すると言われても、やった方がいいのが人生だと思っています。

なぜなら、死なないのであれば、リスクではなく挑戦にはリターンしかないからです。

それよりも悲しいのは、ちょっとしたダメージや大きく負けたことで、そのことを辞めてしまうことです。

もっと悲しいのは、やる前にそのダメージを想定してやらないことです。

私にとっての目標は、大富豪になることです。

別に、恥ずかしくもありません。本心ですので。
心底それ以外に目標はなく、初心に戻れと言われるなら大富豪になることが夢だったとなるだけなんです。

大富豪になるために、これからあと何回資産やお金がゼロもしくはマイナスになろうとも挑みます。

なぜなら、諦めていない私は、やっと本選に入れたのであろうから、ここからが本当の勝負だからです。

もったいないんです。

挫折したとき、大きく負けたとき、その時こそ、その人の器が試されています。

逃げたっていいんです。

かつて某企業の会長さんと二人で会食させてもらったことがあって、そのときにこうおっしゃっていました。

確か9回?ぐらい倒産して、世界を逃げ回って、最後に50代で当たって売り上げ2000億円の会社になったと。

そう、8回失敗した人を見て社会の人はバカだと言うでしょう。

あいつはこれがあるから上手くいかないと。

しかし、人によってその回数は異なりますが9回目で大成功をする人もいます。もちろん大成功しないで死ぬ人もいますが、ただ確実に言えるのは、大成功できるのは、大失敗をした人の中からだと思うということです。

大きな負けをしたことがない人は、成功も小さいことが多いです。

もちろん、負けずに生涯勝ち続ける人もいますが、私は残念ながらそういうスマートなタイプではありません。

人生とは、+1億、-2億、+5億、-7億、+20億、-15億、そして、+1000億、-100億で差引900億のプラスで例えば幕を閉じる、と言ったように、プラスとマイナスの波動(上下動)を繰り返しながら、そのうねりが大きくなっていくものです。

途中からマイナスの減らし方がわかり、またプラスの伸ばし方も覚えていきます。

急激な上昇は、急激な下降を必ず伴います。

株式投資の世界では、常識ですね。

急上昇と急下降はセットです。

そして、急上昇しても急下降するなら怖いから、急上昇はしない方が良い、と多くの人は思っているかもしれません。

しかし、どうでしょうか。

急下降しない銘柄は、当然ですが、急上昇もしていません。

底値で這いつくばい、たまにぴょんと飛び跳ねてみるぐらい。

例えば、地上49階の高さなどに行くことすらもありません。

だったら、私は49階から真っ逆さまでもいいので、49階まで昇ることを選びます。

下で這いつくばう人生には私にとっては面白さなど皆無です。

安定と無変化は、死に際の後悔につながっていることが実際の証言で取れていましたね。以前書いた死ぬ間際5つのことという奴です。

そうならないためにも、人生を上下にうねらせたいものです。

何度もプラスを経て、何度もマイナスを経て、最後に人智では想像できない高さにいくことが可能となります。なぜなら、うねりとは反動のエネルギーで上下動の幅をどんどん大きくしていくものだからです。

そして、急下降を避ける術も身に付けます。

その時が死に際であれば勝ち逃げです。

しかし、私は死に際が仮にマイナスで終わったとしても、それでも振れ幅の大きい人生の方を望みます。

マイナスで無一文、裸一貫、家族とは離別してたった一人で死んだとしてもです。挑戦したその人生と出会った全ての人に感謝して、きっと、納得した上で死ねます。

だから、私はこれからも一度やり始めたことは辞めません。突き抜けるまでやります。後悔をしないために、そして、大富豪になると決めた10代の理由のない夢のために、これからも負けも勝ちも全て味わい尽くして生きていきたいと思っています。
P9月1日から始まる完全無料の最強塾、与沢翼の【未来塾】を募集中です。
メール登録で入塾完了、退塾もメール解除によっていつでも行うことができます。締切は8月25日24時、厳守となります!現在5000名となりました。あと半数で締め切らせていただきます。
http://nmq.y-ml.com/form_if.cgi?type=1&id=mirai

kZeF1kfsQD

 

LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

与沢ID @yozawa
麻美ID @aatan

スマホからワンクリック追加はこちら

与沢 与沢翼line@友達追加ボタン   麻美 相原麻美line@友達追加ボタン

QRリーダーで読み取る方はこちら

与沢t02200220_0360036013294825948麻美asamiqr

 

関連記事

  1. 真剣に今年を振り返ろう
  2. グリーンスムージー??
  3. 本当に思っているのだろうか
  4. ごちゃごちゃ言わずにやる
  5. 【与沢コラム】2017年の軸
  6. バカラをやって分かりつつある運命の分かれ目
  7. 分かっていても出来ないこと
  8. 世界には楽しいところがいっぱいだよ

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 【際立った経験をする】
  2. フェラーリが上場しました!
  3. 投資で勝つための真実の方法

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

香港&マカオ

帰国致しました(o^^o)ようやく今後の目処が立ってきまして、今…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. シンガポールに来て1周年
  2. バカラ大会準決勝進出
PAGE TOP