思うこと

考える時間のない人は負ける

 

友人に恵まれ、色々な誘いが多い人ほど、危険な場合があります。

今日はちょうどお盆最終日ということで、自宅でそんなことを考えていました。

お盆が忙しい人というのは、実は成功から遠い場合があるだろうな、ということです。

この考え方はもしかすると、え!そうなの、と意外に感じられるかもしれません。

しかし、これからお話する内容を読めば、すっと意味がわかっていただけるのではないでしょうか。

例えば、成功する人というのは、人の何倍も考えています。

多くの人が考えていない時間に考えて、着々と成功のための積み上げを行っていることが多いです。

一方、普通の人は、ほとんど考えることをせず、また将来の準備をすることもありません。

ここに大きな差が生まれます。

単純にこの違いで大きな差が出ていると言ってもいいぐらいです。

そして、忙しい人というのは、考えたくないというわけではなくても、色々なイベントや誘いで、

まとまってしっかりと考え、そして考えたことを実行に移す時間を失っているというわけです。

今日はこれ、明日はあれ。

バーベキューに海、飲み会に合コン、家族サービスにデートまで。

至る誘いがあって、人気者であればあるほど、他者と過ごす時間が多くなります。

もちろんそこから学ぶこともあるのですが、実は他者と過ごす時間で得られる学びって、思ったほどたいした学ではないんです。

その多くは、不可避的な時間の無駄を伴います。

それよりも時間を十分に確保し、情報を能動的に得たり、書物を読んで構想に耽る時間の方が、より大きな学びとなります。

そして、学んだことや決めたことは実行しなければ意味がないため、時間のない人にはそれを実施することができないとなり、人生に何の変化も起きないことがほとんどでしょう。

ですから、誘いを全て快諾する人がいれば注意が必要です。

もちろん良好な人間関係を維持する必要性も、寂しさを紛らわす必要性もわかります。

しかし、本当に指摘しなければならないことは、自らが大きな目標を持っていないから、誘いに流れているだけだということです。

大きな目標があれば、好きな友人や楽しいイベントの時間よりも、人は大きな目標を自然と選ぶものです。

実際は本気でやる気のある目標がない ⇒ 誘いがある ⇒ 行く

となります。

しかし、これでは、まとまって時間をとって学習し、それを実行する時間はないはずです。

そうなると、逆に意志の固い目標を持ってひっそりと学習を進め、裏で実行して積み上げていく人とは、日進月歩で距離が開いていってしまいます。

気づいたときには、それが成功者と普通の人とを分けている原因ですね。

ですから、もう一度確認して下さい。

考える時間が今の生活にありますか?

そして、考えたことは確実に毎日実行していますか?

楽しそうなことよりも優先できる目標はありますか?

これらの答えが全てYESと言える状態でなければ、まず成功は難しいと言わざるを得ません。

ここからは私の個人的なことですから読み飛ばしていただいても結構です。

私が、Singaporeに来た最大の理由についてです。

それは、ただひたすらに考える時間、学ぶ時間、そしてそれを実行する時間が欲しかったというだけなんです。

楽しいことが嫌いなわけではもちろんありません。

楽しいことには参加したい、です。

ただし、それには条件があります。

目標がない間に限る、ということです。

今はプロトレーダーになりたい。

その目標が人生を貫いています。

だから、今は、それを超える楽しいことはありえません。

学ばずに人に合わせて動きすぎてしまうと、私は今、精神に不調をきたします。

自分が後退しているような気持になります。

私にとって唯一の安心とは、学んでいられること、そしてそれを実行し、目標に一歩でも近づいていると思える精神状態だからです。

もちろん、気晴らしをしたくなるときもあるし、勉強が限界に達するほど煮詰まる時もたまに、あります。

そういう時に、心身のバランスを彼女が取ってくれているのかもしれません。

目標追及人生にとって負担が大きいのは、心への負荷です。

一種の修業のようなものなので、心が満たされない部分も出てきます。

それを恋人が補っているのだなと最近はよく思っています。

そして、このように自分の心の溝を補える恋人というのは、それほど多く存在しません。

なぜなら、目標追求型人間のパートナーは、滅私の状態で(ある種自分の目標を持たずに)相手の目標を自分の目標と同一視できる性格が必要だからです。

つまり、邪魔せず、支えながら、相手の目標が叶うことで自分も幸せになりたいと願える素養が必要なのです。

第一に、私の学習とその実行を常に優先できないと、かみ合っていかないわけです。

自分のしたいことを、相手に要求しない自制心が私の恋人に求められます。

逆にそれを求めるなら私は一緒に時間を過ごせませんので、すぐに別れていたでしょう。

そして相手の進化を信じる心。

これらは、意識して演じても続かず、本能的にそういう性格でないと難しいと思っています。

一方で私も、もちろん、我慢させるだけで搾取していたら最悪ですから、自分の心の疲れと報恩のために、たまにデートに行ったりプレゼントをしたり、女性としての心の豊かさにつながるよう、恩返しをします。

そう考えると、恋人に恩返しする時間だけで私の人生は結構もうパンパンなのだと気づきました。

勉強とその実行は、それほど時間を使います。

もちろん、大好きな友人達や先輩ともたまには会いますが、月1回ほどです。

極論、人は、支えてくれる恋人がいるか、そしてそのパートナーがどういう性格なのかによって、勝ち負けは決まると思っています。

今の精神状態はすこぶる良いです。

だから、こうして皆さんにメッセージを書ける余裕もパワーも生まれてきました。

心は満たされ、学べていて、実行もできていて、彼女に出会ってからその性格の天性的な良さに感心し、またパートナーが生まれ持ったセクシーなスタイルのおかげで欲求不満にもなりません。

たいてい、これまで性欲を満たす女は、男の目標の中に自分を活かす道を知らず、一方、男の目標を支える女は性欲を満たしてくれなかったのですが。笑

下種な話をしていますが、感じたことを書かないと伝えている意味がありませんので、私はどんどん言います。

性と心が合う。これが結婚の条件、そして男の伸びしろのあり方だと思います。

ところで話を戻しますが、恋人にも野心があり、高い目標があれば、私のパートナーは務まりません。

お互いが埋められないものを持ってしまうからです。

お互いが同じ極の人間であるので、離れようとする磁石と同じです。

私は、今、ようやく人生の中で初めて、学習と考えることに充てる十分すぎるほどの時間を手にしました。

楽しそうなことへの誘いのない環境を手にすることができました。

さらに時間を自分の意思次第でいかようにも処分できるようにもなりました。

こんなことを求めるなんておかしいと思うかもしれませんが、

日本では、楽しいことからの誘惑地獄とでも言いましょうか、それを断り続ける時間自体がもったいないし、

どこかで弱い自分がそちらに流れそうであり、だから、そこから離れたかったのです。

今は人気がなくて良いと思っています。人気がない人の方が成功すると思っています。

人気がありすぎる人は、考える時間がなくなってしまいます。

また、時間があるのに、大切に使えない人は、忙しくて考える時間のない人、時間はあるはずなのに、大切に使えない人、もう一度考えてみましょう。

時間があって、考え、学び、それを実行する人は、今この瞬間もあなたと差をつけて前進しています。

やがてその差が目に見えるようになったときに、羨んだり妬んだり恨んでも、後の祭り。

悪いのは、キリギリスになってしまった自分なので、今日から修正を始めることが大切です。

10904647_836993193031084_2648697919755788927_o

 

LINE@の登録募集中です。

よければお友達申請お願い致します(^^♪

与沢ID @yozawa
麻美ID @aatan

スマホからワンクリック追加はこちら

与沢 与沢翼line@友達追加ボタン   麻美 相原麻美line@友達追加ボタン

QRリーダーで読み取る方はこちら

与沢t02200220_0360036013294825948麻美asamiqr

 

関連記事

  1. ビジネスチャンスは無限
  2. 仮想通貨大暴落について
  3. 2017年の目標を立てました
  4. 手堅い投資とはどういうものか?
  5. 最近考えたことをピックアップ
  6. 人生をよりよく生きるために必要なのは、たった一つの強み
  7. いつだって自分の個性を優先させよう
  8. 2016年を振り返って、そして目標の立て方

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 真の自由を目指して
  2. マレーシアのランカウイ島に行ってきましたpart4
  3. ポルトガル料理

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

六本木アール(au:r)でテレビ収録を2局同時に行いました

先ほど、六本木アール(au:r)でテレビ収録を2局同時に行いました♪席につい…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ワインパーティ
  2. 夢を妄想してみた
PAGE TOP