思うこと

【決して己惚れないこと、自慢しないこと】

【決して己惚れないこと、自慢しないこと】

ネットでやっていこうと思うとどうしてもアピールしていかないと、アクセスが集まりません。

しかし、リアルの間柄では、自慢は一切不要だと思っています。

ネットでは自慢、己惚れはないけれど、リアルでは自慢、己惚れが多くなってしまう。

確かにネットでの自慢はただちに批判に直結しますから、そういうスタンスもわかるのですが、

私はどちらかというと、テレビの向う、あるいはネットの向うだからこそ、アピールや主張が大切であって、

リアルでこそ、謙虚に自慢や己惚れは一切必要ないと思っています。

そういうスタンスを長年続けています。

なぜリアルでは謙虚さが必要なのかというと、対面する人というのは特別に大切な人だからこそです。

だから、自分の実績ではなくありのままのただの人間としてお付き合いしたいからです。

そうすることで長期的に人財があたなの回りに集まるようになると思います!

経過報告や戦果の発表はOK。必要以上の自己アピール、己惚れ、自慢は不要ということです。

むしろ、多くの人がおそれているネットでこそ、あるいはテレビに出る人はその中でこそ、自己演出やアピール、時に自慢であってもした方がいいです。

私はそうして嫌われながらもファンを作り、一つの基盤を作りました。

ネットは不特定多数です。必要以上に恐れるものではないからガンガンいくべし、逆にリアルこそ本当の宝です。

リアルの場でこそ相手への配慮と謙虚さによって、多くの人が友となり、道は開かれてくるものと思っています。

関連記事

  1. 金など所詮紙切れである
  2. 日本に3つしかないと言われるルイヴィトンの限定バッグ
  3. クリエイティブクラス
  4. rの住人となるために、資本収益の深層とは?
  5. 1億円投じる
  6. 寝ている現金は要らない、徹底的にやれ
  7. 家からの夜景
  8. 生産性と継続

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 高級車大国ドバイ
  2. 私の漫画が掲載されていました
  3. 「ダウンタウンなう」に少しだけ出させてもらいました

Mailmagazine

おすすめ記事

これから時代変わると思うんです。

今日は時代の変化についてお話します。今って時代の境目にいると思います。今回はあえて、…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 投資で勝つための真実の方法
  2. デート
PAGE TOP