思うこと

【先輩の一言を拾う】

【先輩の一言を拾う】

今、ちょうどシンガポールからマレーシアのランカウイに着きました!

すごく良いリゾートです。

明日から満喫させていただきます。

さて、今日の話ですが、

9日の深夜に日本に戻り、14日の深夜にシンガポールへ戻るという弾丸帰国でした。

実は、9日の深夜まで、日本で新興市場に上場を果たし自身の会社を20億円で売却し、

シンガポールへ渡ったある先輩とサシ飲みをしていました。

そこで言われたある一言があります。

与沢君のシナリオ的に、日本で名を馳せて大きくこけた、次はシンガポールで上場するのが一番いい

と言われました。

シンガポールで上場を目指すなんて微塵も考えていなかったのですが、

なぜかこの言葉、聞いた直後から5分間ぐらいじっと考え込むものでした。

なるほど。日本ではもう再度ベンチャーをやる気が起きない。

一方、現状やっと安泰までもってきた段階で次の行動まで少し休みたい。

しかし、今後もう一度何かに挑戦するなら英語をマスターしてアジアでの雇用を行い、

自分が愛するシンガポールで上場を目指すのは、悪くない。

むしろ、素晴らしいハードルであり人生にさらなるやりがいをもたらす目標になるかも。

何より日本にそのニュースを持ち返り、与沢翼第3幕のストーリーにするのはかっこいいな。

率直にこう思いました。

そして今もシンガポールでマジで上場目指して人生やり直す、これが頭を駆け巡っています。

まだ決めてはいません。

なぜなら一度走り出したらもう今のようなゆとりある生活には戻れないのをこれまでの経験から自分が一番よくわかっているからです。

お金も使うし、何より時間は全部そこにいきます。

だから慎重に考えます。

ただ、このように先輩というのは人生が豊富で、私に見えないけれど、彼からなら見える与沢翼復活のあるべきシナリオが見えるのだろうなー、とこう思いました。

言葉というのはダラダラきくよりも、一言を拾うというのが大事だと思っています。

その一言から人生が始まる。そういうことを何度も経験しています。

経験豊富な人の言葉。その一言を拾う。これが人生の転機となります。

関連記事

  1. シンガポールに引っ越しをした本当の理由
  2. 器用な人の方が選択肢が増える
  3. ネオヒルズと呼ばれた時代 笑
  4. 与沢翼、魂の声
  5. 未来予測
  6. 確信できるビジネスのモデルが決まりました
  7. ヤバすぎる成功学
  8. ドバイへ帰国

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ポルトガル料理
  2. フェラーリ458スパイダーを購入しました
  3. 年上の方と付き合うメリット

Mailmagazine

おすすめ記事

ただいまを持ちまして31才になりました

ただいまを持ちまして31才になりました(>_<)この一年本当に色々な…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 1000万の勝負
  2. 帰国
PAGE TOP