思うこと

兵は拙速を聞く 未だ功の久しきを賭ざるなり

 

兵は拙速を聞く。未だ功の久しきを賭ざるなり。


これはかの有名な孫子の兵法の中の一節です。
何を言いたいのかというと、

「いざ実際に戦をする際には、
多少準備不足でも、全兵力をそこに注ぎ、
初戦で絶対に勝つようにしなければならない」

この考え方を説いています。

最初私はこの一節を読んだ際に、
非常に違和感を覚えました。

孫子は、用意周到に準備し、
万全な体制を整えてから戦をする様にと、
常々言い聞かせている兵法書です。

それと今回の一節は、
相反するものに思えたからです。

そして、この理由として、
こう述べております。

————————————————-

長期戦に良いことなど無い。
まず、兵は疲れ攻撃が鈍る。

そして、それが城攻めであれば、
ただでさえ攻めづらいのだから、
長引けば落とすことは出来ないであろう。

さらに、戦には金がかる。
長引く程に国の力は弱まっていく。

また長引いているところを見計らって、
他の国が、自国に攻め入ってくることも、
十分考えられる。

そうなってしまえば、
いくら将軍が優れていようが、
軍師が良策を考え出すことが出来ようが、
国を存続させるのは難しい。

故に戦いは、迅速に勝利してこそ評価され、
長く続けば、勝利しても意味が無い。

————————————————-
これはもちろん、
今のビジネスにも当てはまります。

会社はもちろんですが、
個人でも一緒です。

結果を出すまで、
色々なビジネスに手を出して、
あなたの大切な時間とお金を、
消費することももったいないことです。

またネットビジネスは、
スピードが命です。

あなたが、
いくら良いアイデアを持っていても、

他の誰かがそのアイデアを実践し、
周りがこぞって真似すれば、

2週間後には、
既に陳腐化しているかも知れません。

孫子の教えの通り、
何をするかを決めたら、
拙速を心がける必要があります。

1013506_595642360499503_2112823750_n

 

関連記事

  1. 【全部のパターンが見えた後の世界】
  2. 【暇だから大切なことができる】
  3. 成長国家から学ぶビジョンの重要性
  4. この3つは私の人生のテーマだ
  5. 【人生の順序】
  6. 私の成功に不可欠だった「3つのこと」
  7. あなたがどうでもよいことにこだわっている間に、私は・・・
  8. 2016年大晦日

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 【常に余力を残して戦う】
  2. バカラの大会に出てきます
  3. 真の自由を目指して

Mailmagazine

おすすめ記事

誰もなしえていないこと

実のところ、情報を取り扱う業界では誰もなしえていないことそれは、「集客、…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. リッツカールトンレジデンスを3億弱で買いました。
  2. オンザロックディナー
PAGE TOP