思うこと

与沢翼、魂の声

 

「与沢翼、魂の声」

この世の中には、運気というものが確かにあります。

その言葉自体は、超常現象みたいにふわふわしたものに聞こえますが、それは別に、迷信じみたものではなく、全て原因と結果で説明ができるものです。

ただ、運気という言葉が、つかみどころがなく聞こえるのは、原因を設定してから結果が出るまでの時間がいつも一定ではなく、そのときどきによって異なるからだと考えています。

例えば、悪いことをしている人がすぐに捕まるとは限らないし、場合によっては、最後まで捕まらないということだってあるでしょう。

逆に良いことをしている人が、必ずしもすぐに恵まれるかというと、そうとも言えないのが人生です。

つまり、どんな原因を設置しようとも、その効果としての結果が、いつ訪れるのかは、もはや誰にもわかりません。

だから、運気というものは誰も信じられない、となってしまうわけです。良いことをしていたら、すぐにラッキーなことが起きて欲しいですよね。

真面目に働いている人が、必ずしも報われないとき、私達は、「神様はなんて不公平なんだ」と感じることでしょう。

しかし、運気をよくする、つまり原因と結果の法則を上手に使う(原因から結果が出るまでの時間を短くする)方法が実はあります。

つまり、この運気というものをある程度コントロールすることができるのを、私は、過去の経験から知っています。

運気をコントロールする方法は、二つあります。

一つ目が、信じ抜く、ということ、

二つ目が、成功するまで、工夫を続けながら、やり続けるということ、です。

一つ目の、信じ抜くことでなぜ運気が上がるのかをまずお話致します。

信じ続けることは、周囲を変える力があるからです。

もうダメだ、怖くて仕方ない、不安でいてもたってもいられない

という精神状況では、表情が暗くなり、口数が少なくなり、確固たる自信に裏打ちされた潔い意思決定及びその行動ができなくなるのです。

そうなると、周囲の人は、それを見て、離れていきます。

危なそうなもの、上手くいかなそうなものには近づかない。これは、人間が安全を確保して生きて抜いていくための一種の生存本能です。

ですから、信じ抜くことのできていない人の周りから、人が離れるていくのは、離れる人自体が悪いかどうかなどを論じるべきではなく、そもそも人間の性(さが)であり、自然なことだと言うべきです。

一方、目標や信念や勝利を「信じ抜くことができている人」は、表情が明るくなり、やるべきとして必要なことを深く認識している状況なので、よく動き、よく喋ります。それもほぼ無意識の状態です。

それを見て、周囲は、力強い、この人ならやれるだろうと思い、人は集まり、人は付いてくるわけです。

つまり、成功を信じる力は、周りに伝播します。

ですから、リーダーが成功を確信してればいるほど、そのコミュニティの結束力は高まり、リーダーが成功を疑えば疑うほど、コミュニティは、分裂に向かいます。それは誰かを信じるときもそうです。最初に信じると決めたのであれば、どんなことがあっても信じ続けなければなりません。あなたのその信じるという気持ちが相手を変えてしまうことさえあるからです。

確かに、他人を変えるのは、難しい。しかし、他人を変えてしまうほど、信じることができるのは、本物の誠意だと思います。

ですから、運気を最速で上昇させたいならば、今すぐあなたが、自分の、そして自分達の成功を信じる、そして、重要なのは、どんな窮地に陥っても、どれだけ上手くいかない期間が継続しても、勝利を信じ続けることが必要なのです。

これを、私は、信じ抜く、という表現で、表しています。

「私は成功する」という言葉は、多くの人が人生の中で一度は心の中でつぶやくでしょう。

しかし、この程度では、全く足りません。むしろ意味がありません。

どんなに上手くいかない期間が長く続いたとしても、ただひたすらに信じ抜くことが必要です。それがパワーとなり、結果として、本当に成功します。試してみればよくわかるはずです。

私はこれまでに、この「信じ抜くことのパワー」を利用して、運気をコントロールしてきました。逆に信じ抜けなかったとき、全てが失敗しています。

会社が倒産に傾いたのは、私が、過去に悪い原因を設定したため、それが結果として露呈し始めたからです。

そして、何より重要なことは、109系のアパレルは、もう厳しいと、自分が信じることをやめていたのです。

だから、その通り、復帰することなく、倒産しました。これが信じ抜けないことの恐ろしさです。

あのとき、私が、アパレルでの成功を信じ抜いていたら、今でも私は窮地を乗り切り、アパレルの経営者であったのは間違いないと思っています。

一方、情報ビジネスを始めるときは、私はこの分野で成功するということを心の底から信じ抜いていました。だから、結果、うまくいきました。

倒産から、一転、お金持ちへ。普通であれば、1年以内にこの二つの出来事が併存するというのは、考えられないことだと思います。倒産しているのは、運気が最悪とも言えるからです。

しかし、信じ抜くことだけで、運気というのは、ほぼ完璧にコントロールできます。

私はその経験をさせていただいたので、自信を持ってお伝えできます。

信じ抜く力は、とてつもない破壊力を持っています。

では次に、二つ目の説明に移ります。

「成功するまで、工夫を続けながら、やり続けるということ」

これは、信じ抜くことができていることの裏返しで、言っていることは、近いように感じられますが、少し異なります。

実は、運気というのは、最後の最後で好転する、つまり訪れるという特徴を持っているのです。

多くの人は、最初の方に上手くいかなかっただけで、すぐに辞めます。

それも大部分の人が、始めて少し上手く行かなかっただけで、まず例外なく辞めます。

これは、人生単位のような長い期間で見た場合でもそうですし、プロジェクト単位で見たような短い場合でもそうです。

すぐに辞める、このことこそが、成功者が少ない原因の最たるものです。

運気は、しつこい人に向くようにできています。

これは100%、間違いありません。

1000日間ダメで、1001日目で、事態が好展開する。

このようなことは、運気を味方にし続ける人にとっては、もはや常識です。

なぜしつこい人に運は味方するのかというと、人間は、究極に追い込まれたときに、潜在能力を発揮するように、我々自身がそうできているからです。

私は、常にこう発言してきました。

やばい状況に追い込まれてからが伸びる。

そのときに、人間の真の強さが試される。

やばいときこそ、本領発揮ができる。

やばいというのは、苦労が続くということです。

もうダメかと一瞬疑いが過る限界で、人間は、それまで眠らせておいた脳の9割の潜在能力が引き出されます。

ですから、諦めが早い人は、厳しいですが、何をやっても、成功しません。

そもそもしつこい人、つまり、成功するまでやり続ける人というのは、全体の1%程度ではないでしょうか。だから、成功者というのは、1%ぐらいしかいないわけです(この数値は物事や期間にもよりますが)。

成功するまでやり続ける能力というのは、イコール、成功できるかどうかです。

諦めが早い人は、それが組織人であっても、起業家であったとしても、また、恋愛や受験、面接であっても、どんな物事でも、一様に上手くいきません。

私は、かねてより、成功するためには、精神力が、最も重要と言ってきました。

それは、信じる力とやり続ける執念のことです。

これを今日から意識してみて下さい。

人生が激変します。お約束できます。

関連記事

  1. 時事問題
  2. 兵に常勢なく、水に常形なし、
  3. 心を喜ばせてあげよう
  4. これからの日本人にとって大切なこと
  5. 自分のゴールを設定しよう
  6. 家族愛
  7. 2018年、国が連携する
  8. 海外の当たり前と日本の当たり前

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. バカラの大会に出てきます
  2. 真の自由を目指して
  3. マッサージ機が来ました

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

久しぶりに近況報告

【久しぶりに近況報告】最近思考内容の投稿が続いたので、久しぶりに近況報告です。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【決して己惚れないこと、自慢しないこと】
  2. シンガポールでNo1と言われている56階建てオーチャードレジデンス
PAGE TOP