思うこと

仕事というのは、常に全力でやるべきもの

 

仕事というのは、常に全力でやるべきもの。

目の前の仕事に対して、思いついたことを全て実行するぐらいの気迫が必要だ。

企業が大きくなってきたとしても慣れたもんだから楽勝楽勝と慢心すれば、すぐに落ちる。

勝負は常に最後でひっくり返る。最初から勝ちが決まっているちょろい戦などない。

毎回毎回限界を超えるつもりでやるから、結果としてイノベーションが起こる。

これは仕事だけではなく、恋愛やスポーツなど全ての物事にいえるはず。勝者になりたければ、常に考えられる全力でいくべき。

では、どうすれば、本気になれるのか?

それは、未来の最高の状態をイメージし、そうなりたいと強く願うことと自分が凋落していくことへの強い危機感を持つこと以外にないと思っている。

関連記事

  1. 考え方を知っていればどんな窮地も対処可能
  2. 明日からドバイ
  3. 増税に対して私たちが取れる2つの行動
  4. 人生のコツは、重力に逆らえるか
  5. 年上の方と付き合うメリット
  6. 【確率の高い方へ掛け続ける】
  7. 生涯の教訓とします
  8. 2017年11月11日(35歳になりました)(^^♪

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 納車前のフェラーリをちょっとだけ乗ってきました
  2. 【成功へのステップ①】
  3. 日本の未来について

Mailmagazine

おすすめ記事

準備をしたら次はスピードです。

こんばんは。与沢です。昨日は、快適で最強の環境を構築するようお伝え致しました。な…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. セブの素敵なスポットをご案内頂いています
  2. シンガポールのセブイレブンはどうなってるのか観察
PAGE TOP