思うこと

仕事というのは、常に全力でやるべきもの

 

仕事というのは、常に全力でやるべきもの。

目の前の仕事に対して、思いついたことを全て実行するぐらいの気迫が必要だ。

企業が大きくなってきたとしても慣れたもんだから楽勝楽勝と慢心すれば、すぐに落ちる。

勝負は常に最後でひっくり返る。最初から勝ちが決まっているちょろい戦などない。

毎回毎回限界を超えるつもりでやるから、結果としてイノベーションが起こる。

これは仕事だけではなく、恋愛やスポーツなど全ての物事にいえるはず。勝者になりたければ、常に考えられる全力でいくべき。

では、どうすれば、本気になれるのか?

それは、未来の最高の状態をイメージし、そうなりたいと強く願うことと自分が凋落していくことへの強い危機感を持つこと以外にないと思っている。

関連記事

  1. 深く後悔し、死ぬほど学習すれば、夢は叶うと思う
  2. 失敗ほど、成功に近づくものはないです
  3. 与沢翼、魂の声
  4. 環境の大切さ
  5. アンパンマンの生みの親である”やなせたかし̶…
  6. 大きい存在を敵に回さない方が良いというお話
  7. 新年あけましておめでとうございます
  8. 楽しくなったら勝ち

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. マレーシアのランカウイ島に行ってきましたpart4
  2. 今注目している国
  3. バカラの大会に出てきます

Mailmagazine

おすすめ記事

ダイヤのネックレスを買ってあげました

近所に買い物に来ました。女の子のショップでいつもこのように麻美をチェック…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ドバイマリーナのマンションを買いました。
  2. シンガポールに来て1周年
PAGE TOP