思うこと

仕事というのは、常に全力でやるべきもの

 

仕事というのは、常に全力でやるべきもの。

目の前の仕事に対して、思いついたことを全て実行するぐらいの気迫が必要だ。

企業が大きくなってきたとしても慣れたもんだから楽勝楽勝と慢心すれば、すぐに落ちる。

勝負は常に最後でひっくり返る。最初から勝ちが決まっているちょろい戦などない。

毎回毎回限界を超えるつもりでやるから、結果としてイノベーションが起こる。

これは仕事だけではなく、恋愛やスポーツなど全ての物事にいえるはず。勝者になりたければ、常に考えられる全力でいくべき。

では、どうすれば、本気になれるのか?

それは、未来の最高の状態をイメージし、そうなりたいと強く願うことと自分が凋落していくことへの強い危機感を持つこと以外にないと思っている。

関連記事

  1. 井の中の蛙
  2. 人生は10年単位
  3. 考える時間のない人は負ける
  4. 2018年、国が連携する
  5. 兵に常勢なく、水に常形なし、
  6. 人生という壮大なゲームを楽しもう
  7. ネオヒルズと呼ばれた時代 笑

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 私の株トレードのやり方
  2. デート
  3. 友人が遊びに来てカジノへ

Mailmagazine

おすすめ記事

別次元へ行きます。

こんばんは。与沢です。ちょっと2016年の私の勢いは止まらなそうです。というか、2016…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ネット時代の二つのヤバさ!あなたは大丈夫ですか?
  2. ラルフローレンで特注したベッドと照明が届きました
PAGE TOP