思うこと

仕事というのは、常に全力でやるべきもの

 

仕事というのは、常に全力でやるべきもの。

目の前の仕事に対して、思いついたことを全て実行するぐらいの気迫が必要だ。

企業が大きくなってきたとしても慣れたもんだから楽勝楽勝と慢心すれば、すぐに落ちる。

勝負は常に最後でひっくり返る。最初から勝ちが決まっているちょろい戦などない。

毎回毎回限界を超えるつもりでやるから、結果としてイノベーションが起こる。

これは仕事だけではなく、恋愛やスポーツなど全ての物事にいえるはず。勝者になりたければ、常に考えられる全力でいくべき。

では、どうすれば、本気になれるのか?

それは、未来の最高の状態をイメージし、そうなりたいと強く願うことと自分が凋落していくことへの強い危機感を持つこと以外にないと思っている。

関連記事

  1. 日本人は寝ぼけてる
  2. 日本に3つしかないと言われるルイヴィトンの限定バッグ
  3. 外をふらふら歩くだけで楽しいのです
  4. 違和感を抑え込みながらテクニックを使う人生を辞めよう
  5. 未来
  6. やるべきことはすぐにやった方が良い
  7. ネオヒルズと呼ばれた時代 笑
  8. 日本の未来について

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ジョホール州の王様と知り合いになるという妄想笑
  2. 年上の方と付き合うメリット
  3. 放映されたウラマヨです

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

【際立った経験をする】

【際立った経験をする】シンガポールに引っ越してきてからの私は、毎月日本とシンガポールを行き来し、…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. リッツカールトンレジデンスを3億弱で買いました。
  2. 1000万の勝負
PAGE TOP