思うこと

仕事というのは、常に全力でやるべきもの

 

仕事というのは、常に全力でやるべきもの。

目の前の仕事に対して、思いついたことを全て実行するぐらいの気迫が必要だ。

企業が大きくなってきたとしても慣れたもんだから楽勝楽勝と慢心すれば、すぐに落ちる。

勝負は常に最後でひっくり返る。最初から勝ちが決まっているちょろい戦などない。

毎回毎回限界を超えるつもりでやるから、結果としてイノベーションが起こる。

これは仕事だけではなく、恋愛やスポーツなど全ての物事にいえるはず。勝者になりたければ、常に考えられる全力でいくべき。

では、どうすれば、本気になれるのか?

それは、未来の最高の状態をイメージし、そうなりたいと強く願うことと自分が凋落していくことへの強い危機感を持つこと以外にないと思っている。

関連記事

  1. 本質的に良いと思う方を躊躇なく選択すること
  2. 権力との適切な距離
  3. 固定費がなくなりました。
  4. 深く後悔し、死ぬほど学習すれば、夢は叶うと思う
  5. 人間は年とともに落ち着くもの、またそうあるべき
  6. 環境の大切さ
  7. 成功の確率について
  8. 成長国家から学ぶビジョンの重要性

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. バージカリファに住み始めました。
  2. 真の自由を目指して
  3. ルブタンでまとめ買い

Mailmagazine

おすすめ記事

閉塞感を打破せよ

こんばんは、与沢です。先日放映されたウラマヨがYOUTUBEにアップされていました。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ネオヒルズ族、終了のお知らせ
  2. ロールスロイスを買いました!
PAGE TOP