思うこと

ステーブ・ジョブズの言葉

 

【ステーブ・ジョブズの言葉】

2005年6月12日に行ったステーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチで面白い事をいっていますので、紹介したいと思います。

彼は、スタンフォード大学を卒業していく学生に対して3つのことをいっています。

そのうちの、一つが点と点を繋ぐ事についてです。

彼の生みの母は、若い未婚の大学院生だったので彼を養子に出す事にし、現在の育ての親のところにもらわれていきました。

生みの母は、養子にやる先の両親は大学出である事を熱望していましたが、実際に育ての親になった夫婦は大学を出ていませんでした。

生みの母は、ステーブを大学にだけは通わせて欲しいと懇願し、育ての親からその約束を取り付けた後で養子縁組の契約を交わしました。

大きくなったステーブは、育ての親によって大学に通わせてもらえるようになってリード大学に通い始めましたが、裕福でなかった両親が学費の工面に苦労している事を知り、6ヶ月で中退しました。

しかし、その後も潜りの大学生として大学に留まり、自分の興味のある授業だけ受けたのです。

その中に、文字芸術(calligraphy)の授業があり、文字の書体や文字の組み合わせ、文字間のスペースを変える事によって素晴らしい印刷物は何が素晴らしいのかを学んだのです。

その後、10年が経過して最初のコンピューター、マッキントッシュを設計しているときにリード大学で身に付けた文字芸術(calligraphy)の知識をすべて落とし込んで出来上がったコンピューターが世界で初めて文字を美しく表現し印刷できる唯一のコンピューターだったのです。

このように、彼の大学での経験という点とマッキントッシュを作り上げたという点は、繋げようとして繋いだのではなく、振り返ってみると繋がっていたという事です。

ここで、私が言いたい事は、未来の結果は現在の行動に起因する事に間違いがないという事です。

行動しなければ結果という点には、繋がらないのです。

今、あなたは未来の結果に繋がる点の上に立っています。成功者・億万長者という結果に繋がる方向に歩き出さないとその点とは決して繋がりません。

成功者という結果に繋がる方向は、あなた自信で選ばなければなりません。

また、彼の2つ目の話は「大切なものとそれを失う事について」です。

彼の経験は、私がした経験とよく似ています。

ステーブは、実家の車庫から友達と2人で始めた事業を4000人以上が働く20億ドル企業に育て、世間をあっと言わせたコンピューターを世に出した1年後、自分の作った会社の取締役会のメンバーによって解雇されます。

その時、彼は30歳でした。今の私くらいの年齢です。

どうしたら自分が作った会社を首になるのか?

自分でも不思議に思ったそうです。彼は落伍者というレッテルを貼られ、シリコンバレーを逃げ出そうとまで思い悩みました。

しかし、彼はコンピューター作りが大好きだったので好きなものは投げ出しませんでした。

好きな事を諦めずに続けた結果、それからの5年間にNextという会社とPixarという会社を立ち上げ、素晴らしい奥さんとも出会いました。

再起し、結局、経営がおかしくなったApple社から請われてAppleに戻る事になるのです。

その後、iPad, iPhoneといったヒット商品を開発した事は、もう皆さんがよく知っている通りです。

彼は、若くして膵臓がんに倒れましたが、彼は、人生の終わりはあっという間にやってくるので時間を無駄にしないで、自分が信じるもの、自分が好きな事をしなさいと学生達に教えています。

そして、スピーチの締めくくりに、聴衆に贈った言葉は、

「ハングリーであり続けろ。愚かであり続けろ。」という言葉でした。

あなたも、ハングリーで、愚かであり続けられますか?

関連記事

  1. 振れ幅
  2. 敵の鋭気を避け、その惰気を打つ
  3. 夢とは諦めずに頑張り通せば必ず叶えれるもの
  4. 家族愛
  5. 復帰します
  6. 【成功へのステップ③】
  7. 【先輩の一言を拾う】
  8. いつまで働きますか?

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. バーベキュー
  2. 真の自由を目指して
  3. ポルトガル料理

Mailmagazine

おすすめ記事

8月5日13時からテレビに出ますー

こんばんは、与沢です(^^♪明日の13時から関西ローカルのうらまよに与沢翼1時間特集として第…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 祝(^^♪FACEBOOKのフォロワーさん5万人
  2. 真の自由を目指して
PAGE TOP