メディア

植竹ヒロムさんとの対談がザ・タブーという雑誌で実現しました

 

109、109メンズのアパレル時代、最もお世話になった植竹ヒロムさんとの対談がザ・タブーという雑誌で実現しました。本日発売になります。

ピロムの愛称で知られ、メンズエッグやボーイズラッシュなど数々のストリート雑誌で、先頭を走って来られた方です。

共にメンズエッグアウトレットを作り、ヒロムさんが運営していたピースオンマーズというアパレルブランドを当時のエスラグジュールで買収させていただいたりもしました。

一時はエスラグジュールの社外役員にもなっていただいたり、共に苦節を分かち合いました。

エスラグ倒産後、私は渋谷から去り、六本木を拠点として再スタート。

時をずらしてヒロムさんのワントップも破産。

共に走り、共に地獄を見て、共に復活し、軌跡的な再会を果たす。

これも、全てどんな苦境に陥ろうと互いに生きることを諦めなかった結果。

私が当時、アパレルで成功できたのは、この方のおかげです。

渋谷と呼ばれた男という著書も先日出版されました。

ぜひ、植竹ヒロムという一人の男の生き様をご覧になって下さい。

仁義と忠節に熱く、馬鹿正直で真っ直ぐな大先輩です。

1479477_648358048561267_503287406_n 1545999_648358045227934_62307623_n

関連記事

  1. 週間SPAの記事を元にYAHOOニュースで私の名が!
  2. テレビ番組に自分の名前が
  3. ノットTVでAKBの女の子と1時間生共演しました
  4. テリーさんのフライデースクープに出演します
  5. The Japan Timesの英字新聞に掲載されました
  6. 関西テレビの「ウラマヨ」という番組に出演させていただきます
  7. 週刊SPAの方に撮影と取材にきていただきました
  8. ガールズアワード最高だった~

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. まだまだ無力さを痛感する
  2. 年上の方と付き合うメリット
  3. クラークキーというところにデートに行きました

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

バレスティアロードの専門店でシャンデリアを6つ買いました

1枚目の2つ、2枚目の2つ、あと1つずつという形でシンガポールのバレスティアロー…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. マレーシアのランカウイ島に行ってきました
  2. オフィス物件を購入
PAGE TOP