お知らせ

重大なご報告

 

[重大なご報告]

私事ではございますが、実は1月の初旬、最愛の彼女「山田るり子」とお別れ致しました。

ここまで発表を控えていたのは、双方、多少なりとも周囲へ与える影響力が強く、またお互い心の整理をしていたのが理由です。

心の整理も付き、お互いに話し合い、ここにご報告させていただきます。

思えば、2010年2月7日

角川春樹事務所の取締役のバースデーパーティで出会い、そこから10日後の2月17日には、お付き合いすることとなりました。私が27歳、るり子25歳の時でした。

当時の私の仕事はアパレル。

絶頂期に付き合い、その後に二人でどん底に突入していくことになります。

以来、約3年11ヶ月の間、苦楽をともにし、成功と地獄を二人で見てきました。

私にとって初めての同棲。彼女と一緒に住むという選択。

東京ミッドタウンでお付き合いを始め、六本木ヒルズに引越し同棲を開始、それまでは知らなかった家庭と恋の温かさを知りました。

ご飯を作ってくれ、いつも家で待ってくれている、るりと愛犬。

毎週フェラーリで国内を旅行し、海外にも二人でたくさん一緒に行きました。

バリで過ごしたあの日、コンラッドホテルの真夜中のビーチで語り明かしたあの頃

ハワイで初めて買ってあげたバーキンのローズテリアン

シャングリラの最上級スイートで過ごした彼女の誕生日、二つ目のバーキン

愛犬を連れてミッドタウンの公園を散歩していたフリーエージェントの時代

リッツカールトンレジデンスの居住者パーティでドレスアップした美しい彼女

二人で行なった講演会の数々

共同で出版した彼女の処女作「お金持ちになる彼を見つけて育てました」

六本木を二人で飲み歩き、買収したお店で酔っ払いながらカラオケをしたあの日々

生涯の愛を誓うために贈ったショーメのダイヤリングとショパールの時計

一緒に出演した数々のテレビや雑誌

彼女はたくさんのことを教えてくれました。

美味しいレストラン、海外のこと、女性のあり方、モテる男のあり方、洋服のセンス、お金持ちの常識、一流の男の定義・・・

るり子は、

文化レベルが高く、品位があり、思考、トークともに超一流の女性です。

スタイル・美貌ともに私は、他にいない存在だと思っています。

どこに出しても恥ずかしくなく、そして、私の友人、先輩、お客様、誰と話させても魅了させるカリスマです。

別れの理由は、お互いそれぞれ別の道を歩むためです。

私の目標は、1兆円を数える実業家になること。

るり子の目標は、温かい家庭を築き女性としての幸せを手にすること。

31歳の私、20代最後を迎えている、るり子

2つしか離れていない私達。

ストレスをどれだけ抱えようとも、天涯孤独になろうとも誰の言うことも聞かず、ただひたすらに自己実現を目指す私

温かい家庭をすぐにでも作りたい彼女

年が10ぐらい離れていればどれだけ良かったかと何度思ったことか。

ちょっとした気持ちのすれ違い・・・

ちょっとした男女としての立場の違い・・・

こんなことでも人は別れ、新しい人生に向かいます。

正直言うと、今でも私は彼女が大好きです。

毎日のように夢にも出てきますし、別れて以来、他の女性といても名前を間違えそうになります。

4年近くいた私の全てを失い、誰にも依存しないはずの私が、気を緩めると圧倒的な恐怖感と孤独感が押し寄せ、精神がおかしくなるときも、ありました。

素晴らしい超一流の彼女の両親

一貫した私への彼女からの愛情

誠実なる忠誠心

倒産を支えてくれた恩人として

苦楽を共にした波乱万丈のこの4年間

今後、私の苦労を知る女性は、現れないかもしれません。

私と出会うこれからの女性は、ある程度の成功をした私しか知らないかもしれません。

今後、女性と人生を分かち合い、ともに苦楽をともにすることは、もう私の人生では、ないのかもしれない。

私にあるのは生涯の孤独、孤独の果てに何があるのかを目指し、ただひたすらに目標に向かう。

今の私にあるのは20年後、30年後の自分がどこまでの存在になっているのかという未来への期待の一心のみ。

私はるり子から愛を教えてもらいました。

31年間で間違いなく一番愛した女性でした。

だから、今私は、愛が持つすごさを知っています。

しかし、それでも、私はまだ、一人でやるべき、やり残していることがあります。

死ぬほど悩んで出した結論です。

大きな愛を失い、思うことはただ一つ。

これぞ我が人生。

天涯孤独なれども、己の使命に生き、己の使命に死ぬ。

私の人生は一個人の幸せではなく、社会全体の幸せを背負っていると勝手ながら思っています。

私は社会の公器になります。

大きなものを失った代償として、別の大きなもの、すなわち目標の成就を取る。

もちろん愛とビジネスの両立もできたと思います。

しかしその両方をバランスよくコントロールできるほど私は、器用ではないのです。

私にあるのは0か1。

人生全ては取れない。これが私の考え方です。

極端ではありますが、これが私の生き方なのです。

スランプに陥った2013年。

迷路のような深海の中から出で立ち、明確に浮き出た自分の使命。

結婚をするのであれば、2012年の春、フリーエージェントの時代であったと今になって思う。

図らずも私だけが第二フェーズに孤独に進んでいた。

長い苦悩から蘇り、ようやく見つけた自分の人生観。

今、迷いは一ミリもありません。

るり子とは、円満に話し合い、今も関係良好で連絡を取り合っています。

お互いに今後ますますの輝きと成功を手にするために、必要があれば双方支援を惜しみません。

特に私は惜しまないつもりです。彼女の再出発を可能な限り支援します。

人は出会いにより成長し、別れにより次のフェーズに行く。

断腸の思いをもって二人で決めたこの別れ。

もし、お互いにやっぱり一番であったのならば、戻る可能性だって0ではないかもしれません。

そのときは秒速で結婚です。

でも、ここできちんと別れることは、必ずお互いの人生の飛躍につながると思っています。

彼女には素敵な彼を作ってもらい、幸せな家庭を一早く築いてもらいたいと思っています。

ただ、彼女の基準は私が尋常じゃなく上げておきました(笑

本物の彼女への愛と忠誠、男としての強さ、高い教養と文化レベル、これらが全て揃う人でないと彼女の目に叶うことはないだろなと思います。

ただ、温かい人はたくさんいるから、私より素敵な恋人を作って欲しい。

彼女は超絶いい女なので、私より素敵な恋人がすぐにできると思う。

悔しいくらいの。

私もまだ別れたばかりでわからないけれど、るり子と同じくらい好きになれる新しい恋愛もできればいいな。

るり子、本当に今までありがとうございます。

今日の私があるのは、あなたのおかげです。

心からの感謝を申し上げます。

これからも良き友人として宜しくお願い致します。

将来必ず恩返し致します。

与沢 翼

1524654_650686404995098_1271176292_n 1150178_650686918328380_1789095036_n 1557467_650687294995009_1807841832_n 1532087_650687424994996_1034576622_n 1601212_650687428328329_1700642318_n 995027_650687441661661_926941655_n 1185465_650687628328309_1293346594_n 1239416_650687804994958_1459626182_n 577804_650687811661624_1229835344_n 1512571_650687801661625_840726441_n 1555578_650687704994968_5986698_n 1521459_650687694994969_992344850_n 1480578_650687661661639_1156230458_n 1535682_650687708328301_636211763_n 1538678_650687664994972_2137004909_n 7568_650687631661642_664910051_n 1536511_650687651661640_62343659_n 1530602_650687654994973_811422961_n 1510714_650687718328300_687961856_n 1606855_650687714994967_1368902674_n 1527128_650687784994960_1735966400_n 1466028_650687798328292_884450491_n 1520764_650687794994959_2070823449_n 1044205_650687818328290_1168981376_n 1010224_650687821661623_1592742395_n 1520599_650687848328287_358124026_n 1504134_650687861661619_1333611671_n 1501837_650687914994947_673901910_n 1535621_650687918328280_7617611_n 5743_650687924994946_2117647363_n 1508044_650688008328271_1572289706_n 1512371_650687954994943_438935480_n

関連記事

  1. シンガポールへ帰国
  2. ブラックマヨネーズに会ってきます
  3. 日経新聞の全五段に掲載されました
  4. アメブロを削除しました
  5. リブセンスの村上社長が私のことについて言及して下さっています
  6. 貸金庫
  7. 早稲田に行ってきました
  8. YOUTUBEチャンネル

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. クラークキーというところにデートに行きました
  2. パーフェクトへの道
  3. 世界史を独学しています

Mailmagazine

おすすめ記事

Singaporeの花火すごかったです

Singaporeの花火すごかったです!感動でした。PAIZAの方々が無…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 麻美がFACEBOOK始めました
  2. オーチャードレジデンスでは懇親会のようなものが開催されます
PAGE TOP