旅行

タイランドのエリートカード取得

バンコクにきました(^^♪
 
で、エリートカードを家族3人で受け取りました。
 
エリートアルティメートプリビレッジという最上位のクラスで20年ビザです。2037年の54歳までは今回のカードで、タイにいられます。
 
で、これがかなりすごくて驚きました。
 
空港に到着したら、飛行機降りたところに金の衣装を着た女性2人がバギーで待っててくれました。
 
大きな空港をエリートって書いた(笑)バギーでさっと移動できて、そのままプライオリティレーンというエリートカードの特別経路から待ちなし入国、旅行カバン類も全て勝手に収集してもらっていて、外に出たら、送迎車でホテルまで送ってくれました。
 
到着してから歩きもしないで、外に出たらカバンも積まれてたので、ベイビーがいるので、本当に楽でした。
 
奥さんとこれはいいねと笑いました。
 
で、ビザ取ったので、昨日ローカルの携帯を契約してきまして、今日はリッツカールトンの自分の家をタイ時間の13時半から見てきます。
 
多分まだたいして完成してない気がします。だけど、中に入るのは初めてなので、楽しみです(^^♪66階です。
 
オンラインサロンの方で、リッツ自宅内部をライブ配信してみたいと思います。これは貴重な映像になりそうです。
 
ちなみに、エリートカードは、バンコク内の送迎、銀行口座開設、海外送金特別手数料割引、国内の高級スパ24回無料、タイ全土のゴルフ場年24回無料、人間ドッグ年1回無料、90日リポート代行無料、日本語スタッフによるコンシェルジュによる各種手配無料、買い物優待とか、
 
色々ついています。
 
特に日本語で色々手配してくれるので、それが一番ありがたいかも。
 
あと、最大のメリットは、会社作らなくていいので納税とかないことですね。働く必要ないので、ただただ、タイでぼけっとしている人には最適です。
 
タイに来て思いましたけど、気候が最高です。街に活気もあって、これから超楽しみです。もはやバンコク市民になりました。
 
タイランドエリートは2003年にタイ国会を通過した法案に基づいてタイ政府観光庁が運営している特権付のメンバークラブだそうです。
 
運営はタイ観光庁100%出資の子会社THAILAND PRIVILEGE CARD CO., LTD.が行っている。
 
ということで、このタイランドエリート運営会社社長より、ディナーにご招待したい、とおっしゃってもらったので、明日会食行ってきます。
 
なぜ社長から声がかかるのか、よくわかりませんが、行ってきます(^^♪
 
通訳つけてくれるらしいので、頑張ってきます。

関連記事

  1. バブ アル シャムス デザートというホテル
  2. シャングリ・ラからペニンシュラに移動してきました
  3. インターコンチ、ペントハウスです
  4. Shangri-La’s Rasa Sentosa …
  5. Dubai Burj Al Arab(ドバイ バージ アル アラ…
  6. バリの兄貴こと丸尾孝俊さんにお会いして
  7. シンガポールのカジノ
  8. happyオーラって言ってニコニコしてたらいいこと起きました

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. まだまだ無力さを痛感する
  2. 「ダウンタウンなう」に少しだけ出させてもらいました
  3. 世界史を独学しています

Mailmagazine

おすすめ記事

不動産まとめ買い

一昨日、昨日と分けて3つ家買ってきました。SUNRISEBAY 296万1888AEDThe…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 相互紹介ということで
  2. シンガポールでNo1と言われている56階建てオーチャードレジデンス
PAGE TOP