思うこと

ターニングポイント

「ターニングポイント」
 
相場には転換点がある。
 
転換点とは、それ以後、どれだけ調整しても割らないラインと言える。
 
重要な節目のことだ。

時間軸毎にあるように見えるし、無数の調整波の転換もあるが、何でもかんでも転換点だと思っちゃいけない。

重要な節目は数多のフェイクの中で、数少ない。
 
転換点とは、信じられるラインとも言える。
 
この考えを人生に展開して考えると、面白いと思う。
 
例えば、私の場合、大学生当時、起業していなければ、仕事を覚えることができなかった。
 
以後、どれだけ調整(苦難)があっても、転換点で入ったエントリーが今日にまで続いている。
 
例えば、2014年に海外に出てきて、人生観が変わった。
 
あれ以来、どれだけ調整(不安や葛藤)が仮にあっても、あの日のエントリーが今の全ての土台になっている。

その時の転換の決断の上で全てが動き、日常で起きる全ての些細なことや感情はただの調整や誤差でしかない。

全ては転換点の上で動いている。
 
私の人生において、あのことがなければ今はない、というターニングポイントがたくさんある。
 
これは皆さんも同じだと思う。

私の場合は、
 
早稲田に行っていなければ、今も頭が悪いままだったかもしれない。
 
起業していなければ、自分のサラリーは自分で稼ぐ感覚を今でも持てなかったであろう。
 
情報系ビジネスをしていなければ、利益を作る経験ができなかった。
 
海外に出てきていなければ、世界観は六本木の当時と同じままであった。
 
投資を始めていなければ、今も稼得と消費をただ繰り返し続けていたであろう。
 
など、全ての転換点、それがその後の人生をガラッと変えたポイントがあり、転換点を取り続けていなければ進化もなかったと思う。
 
転換点で学んだことは以後消えていない。

転換をベースに人生が構築されていく。
 
そう思うと、転換点が人を成長させる。
 
相場で言えば、下がってきていたものが、突然上がり始める。
 
下がってきている段階か、まさに今急落しているか、あるいは下がって静寂になっている時。

この時に入るのは心理的に難しいんだよ。
 
人生の転換点もそれと同じ。
 
心理的ストレスがないわけがない。
 
しかし、転換点がなければ人は大きく成長していかない。

進化が止まる。
 
やがて、転換点で人と人は別れ行き、新しい出会いもあれば、それぞれの人生がずれていく。
 
大学で起業した時、就職組と別れることになった。
 
アパレルを辞めて情報系を始めた時、アパレル関係やITのど真ん中の人たちと別れた。
 
海外に出てきた時、日本の多くの人たちと別れた。
 
シンガポールを出た時、シンガポールの仲間たちと多く別れざるを得なかった。
 
こうしてみると、転換点は孤独だ。
 
だけど孤独な転換を自分が取りに行かなければ、異なる世界は見られない。
 
同じ路線の延長にいる人たちは将来も近い結果になりやすい。
 
転換でそれた人は良くも悪くも、結果が変わってゆく。
 
やがて3年経ち、5年経ち、10年が経つ。
 
どれが正解かは分からないが、異なる2つの世界があって、どちらも随分相容れないほど別世界になっていく。
 
後年にならなければ、それが正解であったかも分からない。また正解、不正解は人によっても違う。
 
ただ一つ言えるのは、ターニングポイントがなければ人生は変わらないということ。我々はこの転換を良い意味で上手に駆使する必要がある。
 
なぜなら、今の延長には想像できる未来しかないのは本当だからだ。
 
なんかこう書いてくるとポエムみたいだけど笑、まぁ、本当に心からそう思っているわけだよ。

良かったら、LINE@登録して下さいね。
→ https://line.me/ti/p/%40yozawa

関連記事

  1. 正解は一つじゃない
  2. 18億円
  3. 麻美グラビア写真集
  4. 最強を目指そう
  5. 窮したときこそ、本質に戻るべきなのである
  6. ビルゲイツ会長の発言には深いものを感じてしまった
  7. 与沢翼覚醒

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ドバイマリーナのマンションを買いました。
  2. ドバイに会社設立費用を振り込みました。
  3. 今注目している国

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

サイゾーの表紙に私の名が

サイゾーの表紙に私の名が(^_-)八頁のカラー特集なので、ぜひご覧下さい。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. バカラ大会準決勝進出
  2. ラルフローレンで特注したベッドと照明が届きました
PAGE TOP