思うこと

他人の力を借りる

「他人の力を借りる」

自分一人じゃ無理だから投資がある。

株式投資は企業の利益成長の分け前をもらうもの。

不動産投資は国の経済成長率を分けてもらうもの。

他人の力を借りない人は、例えば自分がゴールデンウィークに遊んでいる時は、自分の経済成長が止まっている状態になる。

自分が動く時しかリターンがないとしたら、当然に限界がある。自由にはなれない。

自分が休んでいる時でも、世界のどこかで誰かは必ず働いている。

その他人が働く力を借りるのが投資の本質である。

例えば、5億の現金があっても、それを普通預金の中で放っておいたら10年後も5億円だ。

むしろインフレが進行する分、実質的な価値は減っている。

低金利時代に5年も10年もお金を普通預金に放置しておくのが資本主義上の怠慢となる。

自分が動く時に自己経済が成長するのは当たり前。

しかし、自分の時間もエネルギーも有限である。

有限の原資からは有限の結果しか得られることはない。

そこで他人の時間やエネルギーを借りることが必須となる。

自分が寝ていても遊んでいても自己経済が成長する構造を作ること、これを投資と言う。

多くの人は、よくも悪くも自分一人だけで経済が完結してしまっている。
しかし、この状態は極めてリスクが高い。

自分が動けない、動きたくない等、なんらかの停滞状態が生まれた時、どうなるのか?

あるいは、自分が動き続けるにしても他人の力も借りた方がより大きな結果となるのではないのか?

私が投資を始めた最初のステップはこの疑問から出発している。

今はドバイで一人で仕事をしているわけだが、本当のことを言うと一人ではない。日夜世界に働いてもらっている。24時間ごとに自己経済は成長し続けている。

 

良かったら、LINE@登録して下さいね。
→ https://line.me/ti/p/%40yozawa

関連記事

  1. 成果の出やすいもの、出にくいもの
  2. 男は結婚する女で人生の半分が決まると思う
  3. 2018年、国が連携する
  4. 振れ幅
  5. 久々に文書いたな。
  6. 日本人は寝ぼけてる
  7. 今日は改めて私の想いを少し書いてみようと思います
  8. 人生って分かりやすい

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ドバイマリーナのマンションを買いました。
  2. 新型フェラーリ488スパイダーを買いました。
  3. マレーシアのランカウイ島に行ってきましたpart4

Mailmagazine

おすすめ記事

ドバイへgo

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夢を妄想してみた
  2. 久し振りにpaiza行ってきました
PAGE TOP