思うこと

他人の力を借りる

「他人の力を借りる」

自分一人じゃ無理だから投資がある。

株式投資は企業の利益成長の分け前をもらうもの。

不動産投資は国の経済成長率を分けてもらうもの。

他人の力を借りない人は、例えば自分がゴールデンウィークに遊んでいる時は、自分の経済成長が止まっている状態になる。

自分が動く時しかリターンがないとしたら、当然に限界がある。自由にはなれない。

自分が休んでいる時でも、世界のどこかで誰かは必ず働いている。

その他人が働く力を借りるのが投資の本質である。

例えば、5億の現金があっても、それを普通預金の中で放っておいたら10年後も5億円だ。

むしろインフレが進行する分、実質的な価値は減っている。

低金利時代に5年も10年もお金を普通預金に放置しておくのが資本主義上の怠慢となる。

自分が動く時に自己経済が成長するのは当たり前。

しかし、自分の時間もエネルギーも有限である。

有限の原資からは有限の結果しか得られることはない。

そこで他人の時間やエネルギーを借りることが必須となる。

自分が寝ていても遊んでいても自己経済が成長する構造を作ること、これを投資と言う。

多くの人は、よくも悪くも自分一人だけで経済が完結してしまっている。
しかし、この状態は極めてリスクが高い。

自分が動けない、動きたくない等、なんらかの停滞状態が生まれた時、どうなるのか?

あるいは、自分が動き続けるにしても他人の力も借りた方がより大きな結果となるのではないのか?

私が投資を始めた最初のステップはこの疑問から出発している。

今はドバイで一人で仕事をしているわけだが、本当のことを言うと一人ではない。日夜世界に働いてもらっている。24時間ごとに自己経済は成長し続けている。

 

良かったら、LINE@登録して下さいね。
→ https://line.me/ti/p/%40yozawa

関連記事

  1. 一番大切なものは暇だ!
  2. これは事業というものの本質である
  3. 面白きこともなき世を面白く
  4. あなたがどうでもよいことにこだわっている間に、私は・・・
  5. 配られたカード
  6. 1日18時間勉強
  7. 失敗ほど、成功に近づくものはないです
  8. なぜ私が投資にこだわるのか

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. マレーシアのランカウイ島に行ってきましたpart4
  2. マッサージ機が来ました
  3. 秒速男子「与沢翼」スタンプが発売開始されました

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

サイゾーの表紙に私の名が

サイゾーの表紙に私の名が(^_-)八頁のカラー特集なので、ぜひご覧下さい。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 麻美の撮影現場に同行させていただきました
  2. オーチャードレジデンスでは懇親会のようなものが開催されます
PAGE TOP