思うこと

やるべきことはすぐにやった方が良い

「やるべきことはすぐにやった方が良い」
 
やるべきことがあった時どうしても体が動かない、ということがある。
私も分かるよ!すごく分かる!
 
人生にマストなことはやるのに、どうしてもやる気が起きない物事もある。
 
私もついついやるべきことを貯める時がある。
 
だけど、貯まったものを必ずまとめてどかっとは処理してきた。
 
そうするとすっきりする。これは毎回必ず思う。やるべきことをやった後はなぜこんなに爽快な気分なのか、と。
 
しかし、稀に溜まったものをそのまま放置してしまうことがあるかもしれない。
 
放置してそのままうやむやにして消える物事もあるが、長期的に言ってそれが大きな損失につながる。
 
思うに、その日のうちに処理するのが最上だとしたら、次善の策がまとまったら処理するであろう。
 
最悪なのは放置してうやむやにすること。これは論外という位置づけだ。
 
最近思ったのは、やるべきことがあったら認知した瞬間にやった方が良いということだ。
 
溜まってからまとめてやってもたいした問題はないことも多いのだが、
自分の心理状態に与えるマイナスの影響が大きい。
 
とにかくやるべきことは即処理した方が良い。
 
エネルギー値が変わる。やる気がみなぎる。
 
時間に追われる感覚ではなく、時間を追う感覚。
 
空間を作っておけばそこにより重要なものが入っていくのと同じで、暇な時間をより早く作りだすことでより貴重なことに時間を使うことができる。
 
もちろん物事には優先順位というものがある。
 
やるべきことの中には、長期的にとても価値の大きいものから、そうではないものまで多種多様である。 
 
しかしそれでも、敵がなんであろうと、最低でもその日のうちに倒したが良いと痛感する。
 
そして、次からはどうしてこんな無駄な仕事が生まれるのかを考えて構造的にそういう無駄なやるべきことが生じないようにしていくのだ。ここが大切な秘訣で、繰り返す価値もないことは、なるべく増えないように構造的に改革をする必要がある。
 
すると、徐々にやるべきことが減っていく。本当に重要なことに集中できるようになる。
 
それでも時に生まれるやるべきことは、価値の大小を問わず、とにかくその日のうちに処理する。
 
例えそれでその日の仕事時間が長くなったとしてもそれをまず終えるべきだ。
 
先延ばしにすると、次にやるときはもっと面倒な気分になっている。あるいは、面倒な状態になっている。
 
その日のうちにやればやる気が倍増する。
 
やる気を自ら高め続ける工夫というのが、やはり大事である。
 
今日の話はやる気を高め続ける一つの方法だ。
 
こんな当たり前のことを最近強く感じる。
 
1日の差は人生の差だから。
 
PS:麗ちゃんをこの間の日曜日、DUBAIガーデングローというキラキラの場所に連れて行きましたが、反応が薄かったです(´◉◞౪◟◉)まだ早かった。

良かったら、LINE@登録して下さいね。
 → https://line.me/ti/p/%40yozawa

関連記事

  1. 【先輩の一言を拾う】
  2. 私にとってこのセリフは一生忘れられないものとなりそうです
  3. もっと面白いことを考えよう
  4. 2種類の生き方
  5. 人生をよりよく生きるために必要なのは、たった一つの強み
  6. ドバイへ帰国
  7. 権力との適切な距離
  8. ドバイという国について思うこと

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. デート
  2. 投資で勝つための真実の方法
  3. 日本の未来について

Mailmagazine

おすすめ記事

成果の出やすいもの、出にくいもの

人生を生きていると、結果がすぐ出るものと、結果がすぐに出ないものとがあります。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. シンガポールに来て1周年
  2. お台場でのトークイベント終わりました
PAGE TOP