思うこと

潜在成長からすればタダみたいなもの

今日は、特別に、1億円ぐらいは価値のあるお話をします。

別に嘘ではなく、私はそう思っているから、そういう価値です。

私は、この考え方で億を稼いできました。

では、いきますが、今日話したいのは、まずこれです。

「この銘柄の潜在的成長率からすれば、今の株価はタダみたいなもの」

もう一度言います。

「潜在成長からすればタダみたいなもの」

投資で成功するためには、この思考原則を徹底することが重要です。

将来の姿と比較して、目の前の価格がタダ同然に安いと言えるのか?

これは投資学における最も重要な原理であります。

また、人生においても通ずるものがあります。

現在取る行動やお金の使い道が、どうなって将来に返ってくるのか、

これを徹底的に考え抜くこと、それを判断できる能力を養うことが

人生を成功させるための絶対原則です。

私がこれまで何度も何度も動画でお話してきたことですね。

だけど、なかなか伝わらないことと思いますし、きっと忘れてしまう人も多いはずです。

将来の姿と現在の株価を比較するのが投資の軸だとすれば、

現在の行動が将来どうなって返ってくるのかを予測して、

現在どの行動を取るのがふさわしいのかを吟味するのが成功です。

一見逆ですが、私には同じに見えています。

つまり、将来の自分の姿にとって、今これをすることはタダ同然である、と言えるか。

つまり、タダ同然である、というのは、将来のために、今これをすることは至極簡単である、と言えるのか。

例えば、私は一時代で記録されるほどの大きな結果を自分が出すために、今この努力をするのは、お茶の子さいさい、こんな努力で将来の莫大な結果が得られるなら、いくらでもこの努力くれてやる、と思って行動しています。

そして、行動の必然的結果が高度の蓋然性で見えているから、行動できています。

今のこの行動が将来どうなるのか、見えていない人にとって、きっと努力はきついものだと思います。

さらに、人は、価値と価格の違いがなかなかわからないのです。

私は、多数の学術書を読み、自ら日々時間がある限界まで検証する中で投資の一つの真理にたどり着けたと思っています。

大げさに書いてますが、この自己確信は発明にも近いものだと自分では思っていますので。

価格というのは、当然ですが、それを手にすることのできる値段です。

簡単に言えば、売り手が売ってやっても良いと言っている値段です。

一方、価値というのは、価格とは何ら関係ありません。

価格が高くても全く意味がないものが9割。

一方、価格が安くても価値が遥かに高いものが1割。

そう、価格が安くても価値がはるかに高いものが確かに存在している。

また、価格はそれなりで、価値は小さいものが9割。

価格はそれなりで、価値は想像を絶するほど大きいものが1割ある。

大切なことは、いずれも後者を選び続けることです。

例外なく。

思うに、人生とは、アセットアロケーションの能力で決まっています。

つまり、資源配分の能力です。

1ドルを2ドルにできない人は、自分の人生の時間と交換して得た労働対価を1から0にして、それを繰り返して、人生を終える。

1ドルを2ドルにできる人は、自分の人生の時間と交換して得た労働対価を1から100にする。

人には、お金も、時間も、全てが有限です。

その有限の資源をどう配分するか、で成功するか、そうでないかが決まっています。

配分方法によっては、全てが0に向かうこともあり、それがほとんどです。

一方配分方法によっては、10、100、1000と増えていきます。

配分するのが上手な人が長期的持続的、かつ莫大な成功者となり、

それが劣る分だけ、成功は中途半端になって、平均へ回帰し、平均を下回ることもある。

稼ぐ能力が高い人であっても、アロケーション能力が低ければ、そこから頭打ちになります。

資源配分するということは、捨てるものを選ぶということです。

また、選んだものはいくつであるのか?

少数でなければならない。

そして、その少数へ資源全てを投入すること。

これが爆発的な結果に必要とされる条件です。

誰を選び、何を選び、どこを選ぶのか、誰を捨て、何を捨て、どこを捨てるのか?

その後、選んだ少数の事物へ、全てを突っ込むこと。

危険なようでいて、最も安全です。

これがアセットアロケーションです。

何度も言います。価値と価格は違います。

短期トレードであっても、現在の為替の価値と価格もほとんどの場合でずれています。

価格は行き過ぎる。

価値は抽象化すれば一つ。

行き過ぎがあるから儲かります。

人生において、我々は、試されています。

価値が大きく、価格が安いものは何か?

将来の理想的な自分の人生にとって、容易に行える現在の行動とは何なのか?

こういうことを考えていなければ、一生ネズミのレースにはまります。

稼いでは使って、生涯疲労感漂う自転車操業です。

貯まらない、増えない、増えても少し贅沢したり、想定外のことが起きたら、吹き飛ぶ。

将来的価値が100であるものを現在1で買う、という視点を持って生きて下さい。

私は、GWBSが3月1日から始まり、既に3回の講義を真剣な皆さんに届けました。

GTSとも異なる前提に立つこの学校について、私自身も新たな生活のペースが掴めてきました。

来週からは、生徒の皆様もびっくりの講義が連発していきます。

まだ、始まったばかりですが、このGWBSがあなたの将来価値にとって何千万とか、何億とかの価値になることを分かって欲しいと思っています。

売り込みのための文章だと思うかもしれませんが、

私が今日書いた文章の意味が売り込みだと思う方は、かなり残念です。

というのは、本当に大切なことだからです。

大切というよりは、もはや人間にとっての血液、酸素と同じようなもので、

成功にとっての血液です。

今日書いたことがわかり、私が話したことの続きを見たいという方には、GWBSへ今からでもご参加して欲しいですね。

なぜ、ここまで、プッシュするかというと、来週以降の講義が秀逸すぎて、多くの人に聞いてもらいたいからです。

また、この投稿を見ても、結局、将来の姿を判断する技術がなければ意味がないのです。

フレームワークが分かっても、将来の姿から逆算した今日取るべき行動が何であるのか、分かっていなければならない。

さらに、将来の姿を妄想ではなく、高度の蓋然性で診断する技術が必要なのです。

それらを教えるのがGWBSです。

まだ3回しか経過しておらず、今なら特段遅れを感じずに、間に合いますので、今から飛び込んで下さい。

また、GWBSの生徒様は、来週から最後まで、毎日楽しんで下さい。

これから、いよいよエンジンをフルに高めていきますよ。

GWBSがもたらす潜在成長からすればこれはタダみたいなものだと思っていますけどね。

GWBS途中入学はこちら
→ http://give-wing-business-school.com/

与沢 翼

PS:先月末のGWBSの募集作業が終わり、開講し、今日初めての休日です。

やっと一息つけました。

しかし、土日は研究と、調査、生徒の誰にとってもわかりやすい説明方法を作り出しているため、私にとっては休みではありません。

ただ、大量の事務からはもう解放され、今日から、脳がフル回転しすぎていてやばいです。

もう動画は撮りませんが、動画撮ったら価値の高すぎることを無料で話してしまいそうです。

もう全ては、整いました。

私の心理面、技術面、コンセプト、ペース、完璧です。

あとは、GWBSを投資界におけるバイブルとして仕上げることだけが目下5月いっぱいまでの自分の生きがいです。

本当に、講義を撮ることだけが生きがいです。

ノーセックス、ノーライフ

ならぬ、

ノー講義、ノーライフです。

人に教える、感動してもらう、理解してもらう、楽しんでもらう、行動と結果を変えてもらう

こんな面白いことはないですよ。

やりがいありますよ。生きてる感じしますよ。

たった一節の言葉でも人生は180度変わるほどです。

たった一つのアイディアでも、たった一人との出会いでも、変わります。

面白いもんですよ。

結局、人は、こうして毎日選ぶ自分の行動で、3か月後、半年後、1年後を、今から作り上げています。

将来を今から崩壊させている人もいれば、経年劣化に蓋をして、見て見ぬふりをする人もいるのでしょう。

他人の努力の結果を見ても、他人の今の結果にのっかることはできません。

ウォーレンバフェットはこう言いました。

今日の投資家は、昨日の利益から、儲けることはできない。

つまり、今日の投資家が儲けるためには、これから生まれる利益を源泉とするしかないわけです。

これから生まれる利益は、まさに、我々が今日何をするかで決まるわけです。

人生学とは奥深いものです。

与沢 翼

記事冒頭にも掲げた↓の写真は、ドバイダウンタウン(ブルジュハリファ周辺)の10年前です。何もない本当の砂漠から始まり、

それが10年かけて以下のような現在の姿になりました。将来の姿の具体的で分かりやすい一例ですね。

 

関連記事

  1. 投資運用の知識なくして経済的成功なし
  2. 最大公約数の理想とは何か?
  3. ネオヒルズと呼ばれた時代 笑
  4. 2016年を振り返って、そして目標の立て方
  5. 【人生における過酷な3条件】
  6. 人生を変えるための簡単なコツ
  7. 成功するための最強のコツ教えます。
  8. ドバイという国について思うこと

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Tokyo Gallery by Musée Collection
  2. 友人が遊びに来てカジノへ
  3. 放映されたウラマヨです

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

Dubai Burj Al Arab(ドバイ バージ アル アラブ)

ドバイに行ってきました。5つのホテルに泊まりましたので、写真をアルバムに…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 家族と過ごすのが一番しあわせなのかもな
  2. ハート型のバルコニーソファーが届きました
PAGE TOP