仕事

大統領就任式トレード

先週金曜日の
【大統領就任式一部始終無言】
+1200万
ただし、一時マイナス1000万の含み損抱え、最後は、忍耐勝ち。
事前ロング予想は外れ、値動きによって自己救済。
事前に張るならもっと格段にロット下げること決定。また値動き見て動くという短期トレードの原理原則に戻すことを誓う。予想はしちゃだめ。だけど結構するのが好き。
そして、あの日は、全然動き出さないから、トイレ行ったり油断しすぎたし、多少慢心があったなと思う。1500万失ってもおかしくなかった。ただ、焦って損切はしてないし、だからこそ、適当にやってリカバリーしたわけではありません。こういう時の自分の論理に基づいてやっています。

ここに1000万をリスクにさらし、1000万を勝ち得たバカラのような投機的1分鼓動の逆張りスキャルを掲載しておきます。しかし、なくなっても大丈夫な資金でない限り、全くお勧めできません。この動画は投資ではないです。ギャンブルに近い多頻度スキャル。絶対に真似するのは、やめた方が良い方法です。

ちなみに、この画面だけ見てエントリーしているわけではなく、他の画面を見てエントリーエグジットしていますので、この動画だけ見ても、エントリーをなぜそこでその回数したのかわかりづらいと思いますけど。また最安値付近で売ってすぐ切ったりするのは、ヘッジです。もしやの場合には、同量入れて、反対にかけているものが、あだとなって、全て溶けるのを防ぐんです。そして、値動きが定まったら片側だけにします。

土日に分析はできたので、ロット下げて、今日から落ち着いて再開してます。こういうこともある。けど、もう短期で予想するのは永遠に辞めた。予想してよいのは、長期投資だけ。予想しても心に止めます笑

動画は、無言で最強につまらないですが、死に際から+まで全てそのまま載せます。
というかいきなり動き出して、喋る余裕もなかったです。

https://www.youtube.com/watch?v=10rPrHCmqys

関連記事

  1. ドバイへ出ることを決めました。
  2. フォレスト出版の太田社長と打ち合わせを行いました
  3. ランボルギーニのアヴェンタドールで出勤
  4. 大型バス3台でジョホールへ行く
  5. 馬と机と本棚
  6. 世界中で金を転がす
  7. ドバイマリーナ
  8. フォレスト出版の太田社長と打ち合わせ

最近の投稿

アーカイブ

PAGE TOP