なぜ私が投資にこだわるのか

【与沢コラム】なぜ私が投資にこだわるのか

今日の話、貴重です。

保存しておいて下さい。

なぜ私が投資にこだわるのか、という話です。

皆さんは、投資というものを誤解しています。

投資と言えば、損が怖い、よくわからない、難しい、ギャンブルっぽい

などといったイメージだと思います。

これらのイメージのうち、難しい、というのだけ本当です。

しかし、よくわからない、とか損が怖い、ギャンブルだ、というのは、全くナンセンスです。

これからその理由も交えながら、わかりやすく私が説明します。

まず、投資だけが持っている大きな価値をお伝えします。

それは、自分の分身を持てる、という点です。

以前私は情報系の業界に入ったおよそ6年も前、

フリーエージェントという概念を初めて大々的に発信していきました。

その時の話の中で、自分の分身を持て、という話をしきりに、していました。

それがブログやYOUTUBEなどだったわけです。

見事そのコンセプトは社会から広く評価され、私の会社も大きく成長しました。

ところが、時を経て、今私が投資にフルスイングしているのは誰の目から見ても

明らかだと思います。

なぜなら、私が、6年前と同じことを今、考えているならば、

YOUTUBEの編集やブログのデザインにお金をかけ、リストを取りまくるために、

テレビに出れるように日本に戻るはずだからです。

しかしながら、話は異なります。

YOUTUBEやブログなどは、単純にめんどくさいと思うようになりました。

分身を持て、という言葉自体は正しいのですが、ソーシャルでずっとやっていくのは、骨が折れる

単純にそこに行きついたわけです。

ちなみに、今の情報系業界も、今後、大きな壁にぶつかるはずです。

今回はあえて言いませんが、稼げなくなるはずです。

私は、それを2年前からずっと見据えています。

そこで、世の中を見渡すと、投資家だけが本物の分身を得て、放っておいても富が増殖しているではないですか。

これが投資の最大の価値です。

良いですか、頭に叩き込んで下さい。

例えば、成長の見込みある企業の株を持てば、後は、その会社が勝手に成長してくれます。

するとあなたの富は増幅します。

その間あなたがやることは、一切ないです。

何もないです。

世の中にこれほどまでに放置が正当化された世界はありません。

ブログや動画、メルマガは更新しなくなった途端終わりです。

実はこれは永遠に仕事がなくならないことを意味しています。

そうではなくて、本当に放置できる分身とは何かと考えれば、投資しかないというわけです。

また、不動産でも同じです。

例えば世界に1つ1億の不動産を100個持って、それを各地で貸し出せば、

あなたは寝ていても年間に5億から10億の利益を得ることができます。

要らなくなれば、高値で売ることが可能です。

なぜなら要らなくなるまでにその国が勝手に成長しているからです。

ですが、売る必要はありません。

不動産は数がまとまった時に、まとまった収入になるので、放っておけばよいのです。

株も不動産も、自分の分身です。

その分身があなたの代わりにお金を稼ぎます。

すると、昨日の話の続きですが、時間が余ります。

その余った時間で、勉強したり、遊んだりするのです。

その勉強や遊びが、さらなる投資機会を見つけ出します。

やがて、投資機会はより大きなものとなり、その結果として、富が溢れだします。

投資というのは、放置できるのです。

なぜなら、

株 → その企業が勝手に頑張る

不動産 → その国が勝手に成長する

からです。

つまり、自分以外の要因が、自分の投資対象を育てることで、あなたに利益が回ってきます。

これぞ真の分身です。

株を持てば持つだけ、不動産を持てば持つだけ、あなたは世界にあなたの分身を持つことになります。

彼らは、あなたが寝ている間も、遊んでいる間も富をあなたに運びます。

しかしながら、冒頭で出た懸念のように、企業は倒産することもあるし、株価は下がることもあります。

さらに、誰も住まないような不動産や、すぐにぶっ壊れるような不動産を買えば、分身にならないどころか、転売価格も下がります。

固定資産税が高い不動産を買えば、マイナスにしかなりません。

つまり、どの企業に投資するかを選ぶ目、どの不動産が将来人気となるのかを選ぶ目が求められます。

その目は、並みの勉強では得られません。

私のこれまでの事業上、投資上の数々の経験の中での感覚としては、1000に1つです。

たくさんあるもののうち分身たる資格を持てるものはそれぐらい少ないです。

GTSファイナルでは、これら長期投資についても体系的にわかりやすく、お伝えします。

完全理解のレベルに持っていきます。

そして、私がなぜ、スクールに、グローバルという言葉を入れたか想像できますでしょうか?

その理由は、日本人の投資家は、日本株しか見ていないという圧倒的な問題を克服してもらうためです。

そろそろ目を覚ましておかないと大変なことになるのです。

放っておいても儲かるためには、金利負担や決済期日のない現物で株式を買う必要がありますが、

今のような日経の中途半端に高い位置だと、上がっても小さい。下がるなら大きい。

という状況で、とてもじゃないけど、長期投資など論じられないのです。

もし、今の状態でフルスイングで日本株に投資できる人がいたら、天才かバカか、どちらかです。

もちろん、小型株などでは、放置して成長を期待できる銘柄が多々ありますが、

問題は、日本経済の今後についてです。

震災が来れば、暴落。

国債が売られれば、金融ショック。

どちらの可能性もそれなりに高いのが日本です。

特に、金融緩和をずっと行ってきています。

それも止まることは今のところなさそうです。

金融緩和は実は麻薬です。

金融緩和というのは、逆流を始めると大変なことが起こります。

簡単に言うと、銀行が返してくれと言い始める、もうこれ以上は貸さないと言い始める。

そうなったとき、逆流がおきます。

日本の不動産も同様です。

融資が増えて今、価格上昇したのは、事実だと思います。

そして、今後もその方向性で舵を切る予定なのが、日本政府です。

問題は、今の日本の不動産は、買わない方が良いと思う人たちが増えた時です。

あるいは、今すぐ売っておいた方がよいと思う人たちが増えた時です。

さらに、震災や国債の暴落が来て、買い需要がほぼ皆無となる時。

小さな買いに大きな売りが、急いで損切しながら値を下げます。

日本株式も同様です。

もし暴落が来て、日経1万円になったら、政府や年金はいくら損するでしょうか?

GPIFは株式ポートフォリオを引き上げ、政府はETFを買い入れて、市場の筆頭株主になっており、

もはや官製相場です。

国が損出したって関係ないと思うかもしれませんが、大ありです。

おそらく、年金は、破たんに近づきます。

さらに、政府は、損失の責任を取ります。

ただし、総辞職するだけです。

簡単に言えば、それが国政です。

そして、外国人投資家が身を引きます。

誰が買うの?っていう相場になると、誰も参加しなくなります。

すると流動性が減って、別のところにマネーは移動していきます。

つまり、日本株の長期はリスクだらけの状態になってきているのです。

もちろんポートフォリオの一部としてはありです。伸びる銘柄もあるでしょう。

海外だってリスクはありますから。

でも、全ての投資対象を日本だけにしているということが一体何を意味しているのかを分かっているのか、ということです。

これからはグローバルトレーダーでなければ生き残れないです。

特に、日本株の投資家は、日本とともに資産を心中することになります。

日本がもっとよくなればOKですが、日本がもっとよくなるためには、そのための材料が必要です。

その材料を探しましたが、私には見つけることができませんでした。

グロース株を探すのは、確かにありです。

しかし、グロース株は、大型株よりも、当然ですが、財務体質がぜい弱で、小さいわけです。

大手の市況環境が悪化した時に、売り上げがどこまで伸ばせるのか、というのは考えておく必要があります。

つまり、日経銘柄に実体経済上つられ、また株価の動きとしてもつられることは間違いないです。

簡単に言えば、単体で良い会社でも、全体には足を引っ張られるということ。

であればどうすれば良いか。

それは、世界に投資対象を広げるべきだということです。

日本は、世界の中の市場の一つであり、

他にも多数の国に不動産や株式のチャンスがあります。

当たり前のように世界を相手に投資できないと、今後、通用しません。

こういう話をすると、日本株だけで成功した人だっているじゃないか、というかもしれません。

しかし、それは、過去の話です。

例えばMIXIが7倍になった、そーせいが5倍になった、もう1回MIXIみたいなのは来ないかな、と思う。

しかし、クオリティの高いゲームアプリが当たり前になり、時代が進んでいる中で、そう都合よく、今後も、同じような現象が何度も起きるのでしょうか?

つまり、過去上手くいった、だから真似するというのは投資では通用しないということです。

あくまでその当時に1回限り発現する現象。

そういうのが投資だと思います。

似ている現象はほとんどが劣化版です。

一つの成功を見るとまんまそれと同じことをしたくなる。

ですが、それは間違いです。

大切なことは、「今」どうなっているのか、今後どうあるべきかと考えることです。

1年ちょっと前と今を全く同じように考えてはいけません。

確かに、この後日経は2万円を回復するかもしれない。

しかし、上昇の幅はもうたいしてありません。

一方で、マーケットが変化したのはおわかりだと思います。

短期的な値動きではなく、2015年8月以前と後とで雰囲気が、がらっと変わっていることだけは認知しておかなければいけません。

そう考えると、グローバルベースで、投資機会を見ていかないと、パフォーマンスが悪いだけでなく、

日本にもしものことがあった時に、全滅することになります。

だからグローバルトレーダーズスクールなのです。

この感覚を早く身につけておかないと大変なことになります。

以上より、私が今日言いたかったことは2つです。

まずそもそも、毎日作業をしなければいけないものは、成功ではない、ということ。

本当の意味で何もお世話をしなくてもよい分身を数多く作り、放っておけば成長する本物のビジネス(=投資)をしなければならないということ。

もう一つは、グローバルトレーダー以外、今後、自滅するということです。

あなたが本当に成功したいなら、どんなに難しかろうと、必ず投資を学ぶべきです。

さもなくば、永遠に出勤したり、文章を書いたり、動画を撮り続けたりしなければなりません。

そういう意味でいうと、ネットビジネスも限界があります。

効率の良い労働でしかないのです。

最終的な投資には勝てない。

だから私は自分の道を投資家に変えました。

GTSファイナルですが、いよいよ48時間で募集終了となります。

→ http://global-traders-school.biz/

私の友人が今回は数多く入って下さっています。

人を雇うのは懲りた。投資やっていかないとならない。不動産を買い始めた。

短期トレードで食っていきたい。メルマガは疲れた。

与沢さんが本当に刺激になっている。

そういうご意見をたくさんもらっています。

別にネットビジネスを下げたいわけではないです。

でも、投資を最終的にマスターしないと、結局それはレバレッジが利いた労働作業でしかないわけです。

なぜなら更新もメンテも必要だから。

長期投資なんて、更新もメンテもへったくれもありません。

寝て待つのが仕事です。

つまり、やることはありません。

それが投資家の極限の理想状態だと思います。

あとは配当金の払い込みをたまに見て笑顔になるぐらいでしょう。

マジで一回死ぬほど勉強しといた方が良いですよ。

いつも短期トレードの話ばかりしていますが、今回の長期投資講義(スクールの半部は長期)は本物です。

しっかりと学んで下さい。

与沢翼

PS:今はいいんですよ、みんな。でもあとで気がつくはずです。資産を買い入れて投資家にならないと、本当の意味で楽になんかならないんだということを。

結局、ビジネスマンから資産家へ移行するのはものすごく大変です。これは自分がやってみて、痛感したことです。

しかし、それでも、なお、その壁を越えて、いち早く移行した方がよい。

もはや気づくかどうかの話。次に気づいたとして移行を本当に実現できるまでやり込むか、という話です。

結局、いくら稼いでいようが、資産を持っていなければ、ずっと豊かなラットレースです。

関連記事

  1. 2017-2-16

    YOUTUBEチャンネル

    過去の動画や写真を今完全整理しているので、これから未公開映像をたくさん今月中に、YOUTUBEにUP…

注目の記事

  1. 既にサザンマリーナレジデンスをご成約された方がたくさんおられます。

【NEW】 最新の記事5つ

  1. 2017/2/28

    春の訪れ
    こんばんは、与沢です。 本日2月28日、ドバイは快晴です。 いよいよ、明日から、2017…
  2. おはようございます、与沢です。 本日をもって、正規の募集は終了し、明日からいよいよGIVE W…
  3. 第13話 永遠の成長のために(GWBSラスト動画) → https://www.youtube.…
  4. こんばんは、与沢です。 今日は、久しぶりにLEIの成長記録その3とドバイの日常を動画でお届けし…
  5. 一連の動画の中で、最も重要な話をしたつもりです。 効率的市場仮説は誤りであり、市場は常…

Mailmagazine

話題をチェック!

  1. 2016-5-3

    これから日本に起きること、そして生き抜くために

    これから日本に起きること、そして生き抜くために という動画を撮りました。 御覧になる方はこちらか…
  2. 2015-11-22

    バカラ大会準決勝進出

    なんと準決勝進出しました 笑 (^O^)/ 勝っちゃいましたよ。300万5千$で、10位通過で…
  3. 2016-8-31

    【動画】これが最後のメッセージです。

    思えばGTSの始まりは1年4か月前でした。 2015年4月から講義を作り始め、制作期間計1年4…

カテゴリー

ページ上部へ戻る