思うこと

時代の次を読む、それがぶち抜くということの意味

【与沢コラム】時代の次を読む、それがぶち抜くということの意味
 
これから本番の始まるグローバルトレーダーズスクールに向けて、
 
素養を鍛えてもらいたいとの思いから、しばらく、色々な視点で私が考えていることをまとめていきます。
 
私は、この2年で大分成長しました。
 
何よりも一番強くなった部分は守りです。
 
スキがあまりなくなりました。
 
そうなれたのは、自分は脇が甘い、ということを日本で痛感したからです。
 
結果、わけのわからない人に絡まれなくなりました。
 
つまり、つけ入る隙を埋めてきたという感じです。
 
私は当時見ていたもの、考えていたこととは全く別次元の中で、この2年、生きてきました。
 
基本的に日本人が海外で仕事する、生活する、という点で有利かというと、決して有利ではありません。
 
上手く話すことのできない外国語、異文化、これらを全て乗り越えて、日本にいた時よりも大きな収益を持続させるというのは、実際、大変だったのです。
 
そこで生まれたのが、今の新しいビジネスと思考法、そして、生き方です。
 
適者生存、変化し、新しい環境に即座に適当することを大切にしてきました。
 
 
人生とは、普通に考えても、ぶち抜けないんです。
 
ワンランクを超えて、ツーランクぐらい上の思考をもってしないと、その他大勢で終わってしまいます。
 
そのためにどうしたらよいかというと、先を見通して動くということです。
 
 
将来どんな世界になっていくかを考えて動くということに尽きるわけです。
 
今あって将来小さくなるもの、
 
今は小さいが将来大きくなるであろうもの
 
この視点で言うと、今あって将来小さくなっていくものに過大投資をしたり、
 
そこにだけ固執していると、結局時代の流れには逆らえず、全てを失ってしまうこともあります。
 
これが過去の栄光というパターンです。
 
 
逆に今は小さいが、将来大きくなるものを見続けていくと、時代の流れもあって、大きく成長できます。
 
まさに私の中の長期投資の視点です。
 
このように考えると、一つの結論に行きつきます。
 
 
今大きいもの、手堅いもの、儲かりそうなものだけを捉えようとするのが普通のやり方であり、
 
ある意味、誰かがそこに既に先鞭の道を作っていて、それを後から追随するような方法とも言えます。
 
 
逆に今はない売り上げだろうと、小さな売り上げだろうと、その部分を育て上げることこそが、長期投資に適うやり方です。
 
これから時流が来るものというのは、たいてい最初苦労します。
 
私の投資活動にも苦労は伴ってきましたが、とてもやりがいがあります。
 
また、古いものに固執する例はたくさんあるのですが、わかりやすい例を一つだけ挙げさせていただきます。
 
例えばネットビジネスの業界は、今も過大にメールアドレスに拘っていますが、
 
2年前に私は確信しました。すぐではないが将来これはお終いになるなと。
 
今後メールの重要性は日進月歩で下がります。
 
なぜなら私自身が日進月歩でその重要性を認識しなくなっているからです。
 
この2年間一度もメールアドレスにお金をかけて取得したことがない中で、多くの方からGTSファイナルもご参加いただけました。
 
そもそも、メールのようにこちらから送らないと見てもらえない人は最終的に残れません。
 
これは厳しいですが、ずっとそう思ってきました。
 
マインドシェアという言葉をかつて使ってきましたが、こちらから追跡のプッシュセールをしなくても、向こうが訪れたくなるお店、これが本当のビジネスのあり方です。
 
メディアの本質は、実は追跡ではなく、依存です。
 
実際私はアパレル時代にこのことを痛感していました。
 
簡単に言うと、多くの人がなぜLINE@を集めきれないかというと、LINEというプライベートで有限性のある世界にまでは入れたくないと思われてしまうからです。
 
それこそ、マインドシェアというのは、人々ともに生きるあり方で、一工夫必要です。
 
これは本質の片鱗にすぎませんが、これからの時代を見誤ると大変なことになります。
 
今後、伝える、伝わる、ということの形が変わっていきます。
 
世の中には流れというものがあって、これ自体をよく見ようとしてみて下さい。
 
流れを見ようとすると色々な決断をしなければいけないことに気が付きます。
 
次の時代を見て今動く、これがぶち抜くということの真意です。
 
近い将来、ビジネス環境は非常に不安定なものになります。
 
その理由は、競争環境の前提が定期的に変化しているからです。
 
だからこそ、ビジネスではなく、汎用的な投資能力を鍛えることを私は勧めています。
 
実はこれは私自身が持っていた体験に基づく危機感からでもあります。
 
投資の方がよくよく考えると安全だということに気が付いてしまったわけです。なぜなら時代に味方させればよいからです。
 
また、金融とインターネットの融合の先を見ているためでもあります。
  
GTSファイナルで、毎日私の言うことを聞いていただければ、だんだん見えてくると思います。
 
グローバルトレーダーズスクール募集3日目 → http://pkg.y-ml.com/_cs?m=main&c=546&u=1

よければ私のLINE@にご登録お願いします!
現在2万8千名の方がご登録中です。
ID検索で @yozawa です。
スマホ限定ですが直リンクはこちら
→ https://line.me/ti/p/%40yozawa

公式メルマガもご登録お願いします(^^♪
→ https://canyon-ex.jp/fx18412/gu3atN

与沢翼フリーサロン(無料のFACEBOOKグループ)はこちらです。
→ https://www.facebook.com/groups/yozawa/

関連記事

  1. 成功の確率について
  2. 最近の私の考え方の変化
  3. 自分の道(信念)
  4. 理想的な人生
  5. 2012年 与沢翼の反省を綴ります
  6. 生涯の教訓とします
  7. 心を喜ばせてあげよう
  8. 一年だけ頑張れば人生は変わる

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ジョホール州の王様と知り合いになるという妄想笑
  2. デート
  3. ブラックマヨネーズ

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

日経新聞の全五段に掲載されました

私の出版した秒速で一億稼ぐの本が本日1月11日発売の日経新聞の全五段に掲載されま…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 人生にも慣性の法則が働いています
  2. 「世界は小さいな」という価値観
PAGE TOP