思うこと

スタートラインに立つことの大切さ

今日は高速道路用のICカード(サリック)とPOBOX(郵便箱)の申し込みをしてエミレーツモールでお買い物してきました(^^♪

ドバイ楽しいです。

ということで、今日のコラムなのですが、私の人生を思い返してみると、

起業 → 成功 → 失敗 → 起業 → 成功 → 失敗 → シンガポール移住 → 投資家 → 成功 → ドバイ移住 → 今から本番

というプロセスを経てきました。

投資家になってからの成功というのは、個人レベルでセレブになったぐらいで、まだまだこれからが本番だと思っています。

だから私はようやくスタートラインに立ったのだなと思うわけです。

日本で失敗を2回経てから海外は2か国目。

やっと理想郷に辿り着けました。

シンガポールでの経験が非常に役立っているとともに、シンガポールでは結構な無駄もやらかしてしまいました。笑

まずあんなに高い国でフェラーリを買うべきではなかった笑

とても売却が大変でした。そして、日本でフェラーリ1台分の新車が丸ごと買えるだけの現金を売却損で出してしまいました。

簡単に言うと1億が6000万ぐらいになりました。当初の話では2年後に7500万で売却可能という話をされていたのですが、状況が変わりシンガポールのスーパーカーマーケットが著しく縮小したというのです。

理由はブレグジットやチャイナショックです。私が買ったときはシンガポール経済最盛期だったのです。

さらに年収1億円で1年目を申告したため、税金2000万円をシンガポールに払うことになりましたが、

あれも結局無駄でした。

結局シンガポールの銀行へ融資を申し込むことも、シンガポールの永住権を取ることもなかったので、

年収を1億円も取る意味はなかったというわけです。法人税の方が免税範囲があったり17%で低かったりするからです。

この時ですが、シンガポールの税率22%(2017年から20%が22%に上がる)ですら、高いのだ、と確信しました。

だからシンガポールを出ることにしたのです。

上記のように個人所得税において増税の流れがあったり、外国人不動産購入時課税(外国人印紙税)20%が数年前にできたりと、外国人への配慮は、最近シンガポールは後退していると言わざるを得ないのかもしれません。

政権の流れ的にも、シンガポール国民尊重の動きなのです。

他にも小さな無駄はたくさんあります。

しかしそれらの経験がベースとなって、ドバイがいかに理想郷なのかが誰よりも強く確信できたということもあります。

そして、私の投稿を読む人は、私が勝手にいろいろと失敗したりレポートを出していますから、皆さんが行動するときはかなり効率的になると思います。

銀行もいろいろ作りましたが結局citiバンクがダントツで使える。

そして、ここが大切なのですが、

ドバイには、ほとんど日本人がいません。

日本とは8000キロの距離を隔てており、フライトは直行便で11時間半かかります。

イスラム、石油、アラブと、全くもってASEAN諸国とは文化が異なります。

そうかなりアウェーなのです。

しかし、だからこそ集中できるというわけです。

我々は、勉強をしなければならないし、トレードであれば技術を磨かなければいけないのです。

それなのに友達と遊んでて、トレードがうまくなるわけがありません。

ちなみに勉強会で友達とおしゃべりしても、トレードはうまくならないです。

一人で勉強して試す、これが一番なのです。絶対の真理です。

私には今、ストレスのスの字もありません。

嫌な人は視界に入らず、面倒な人からの連絡もありません。

税に苦しむこともなければ、嫉妬や妬み、怒り、誹謗中傷を受けることもないです。

まさに私が求めていた理想郷。

ストレスなき孤高の環境。

集中力が高まり、やる気がみなぎり、勉強や訓練に好きなだけ時間を割くことができます。

車も安い、税金は1円もない、都市は世界レベル、住環境は最高、治安は世界一良い

英語圏でマネーが集まり、システム化や金融システムも整備されている。

海は綺麗で、モルディブやセーシェルなどのインド洋も近く、ヨーロッパへもすぐ行ける。

国がお金持ちなので、負担なく公共サービスが自由に利用できるし、インフラも強い。

だから理想なのです。

この理想的な環境に本拠を構えられたこと、そして、これまでの私の強みと経験を活かし、これから集中できることが嬉しくて仕方ないです。

だから私はやっとスタートラインに立てました。

スタートラインに立つまでが試練なのです。

1、十分な資産を作り生涯の生活を確保すること。

2、ストレスが一切ない環境を作ること。

3、各種経済条件に恵まれた地へ移動すること。

4、稼ぐ力と安定したビジネスを持っていること。

この4つを得て初めてスタートラインに立てます。

ここ数日でドバイの生活および仕事の環境がほぼ整いました。

これから一気呵成に攻め上げます。
まず最初の仕事としてドバイに3つ目の不動産を買おうと思っています。

やはり、自分が今後もメインで住む国ですから、マネージメントもやりやすいためです。

また、これからまずは1か月、億を元手にトレードにどっぷり時間を割きます。

えげつないほど稼ぎます。

それができるだけに、今は、心理的にも時間的にも経済的にもゆとりがあります。

この状態を待ち望んでいました。固定がなく、元手がある状態。

やっと念願の状態に突入です。

20160713_120224 20160713_120205 20160713_122441 20160713_124816 20160713_124813 20160713_141847 20160713_130005 20160713_125243 20160713_134521 20160713_141850 20160713_140604 20160713_140557 20160713_140547 20160713_132007 20160713_132002 20160713_125247

関連記事

  1. 失敗ほど、成功に近づくものはないです
  2. 心を喜ばせてあげよう
  3. ターニングポイント
  4. 全ては絶対的必然
  5. シンガポールに引っ越しをした本当の理由
  6. 強い人がなぜ強いのかを考えてみる
  7. 器用な人の方が選択肢が増える
  8. 日本がアジアNo1でいられるかはわからない

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 友人が遊びに来てカジノへ
  2. シンガポールに来て1周年
  3. 【YAHOOトップページに今でています】

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

今見るべき2つの指標

こんばんは、与沢です。株式投資をやっている人にとっては有益なお話をさせていただきます。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. シンガポール開拓してます
  2. リッツカールトンレジデンスを3億弱で買いました。
PAGE TOP