思うこと

ごちゃごちゃ言わずにやる

もう賽は投げられています。

ポンド円のレートはアベノミクス開始前の未曾有の円高期に舞い戻り、為替的にはイギリスの不動産はバーゲン状態です。

すかさず買いを入れている人達もいます。

これから経済的には大きく動き出す局面に入ったので、5年後には、儲けた人、損した人、何もしないで変わらない人と、結果が違ってきていることでしょう。

私が今日、言いたいのは、ごちゃごちゃ言わずにやろう、ということです。

私も自分の頭の中が迷ったりした瞬間に、ごちゃごちゃ言わずにやろうと、自分に言い聞かせます。

確かに、ごちゃごちゃ言っててもしょうがないよな、とまるで、私には別の誰かが宿っているように、叱ってくれます。

本当にお勧めなのは、ノートか、ペラ一の紙にやるべきことを書き出し、強烈に行動し、消化することです。

終ったら二重線をひいて、消していくのが爽快なんです。

二重線が引かれるたび成功に近づいているからです。

ちなみに、この投稿が皆さんに届く頃私はちょうどドバイへ着いています。

今ブルジュハリファに向かっているぐらいだと思います。

私の新しい船出は今日からです。

ドバイ与沢になりました!

シンガポールでちょうど1年7か月。

計19か月過ごさせてもらい、大変に成長することができました。

シンガポールは私の生みの親と言っても過言ではないぐらいです。

次はドバイです。

19か月研究する中で史上最も伸びる可能性があり、かつ、最後の楽園と私が断定して来ています。

いきなり今回来たわけではなく4回目。そして、前回は1か月滞在して、色々と調べて回っています。

ドバイに賛否があろうと私は誰かに聞いたのではなく自分で決めました。

だから、今回の選択も正しいものであるようします。

どこに行こうと成功させられるかどうかは自分次第です。

私はこの肥沃な大地に将来は城のような大豪邸を建立し、ドバイに与沢ありと、言わせて見せます。笑

素直に野心をもって合理的に正しいことをしていく。

これが今の信念ですかね。

ちなみに、この10年の自己の人生を振り返ってあなたはどうでしょうか?

もしも10年前に戻りたいと思う人がいれば、要注意です。

若い時に戻りたいと思うのは、手を抜いてきた証拠です。

私は10年前になんて、死んでも戻りたくありません。

それぐらい、大変なことだらけだったので、思い出したくもないのです笑

しかし、私はある時こう思いました。

20代前半に戻りたくないほど、私はやり切ってこれたんだなと。

そして、二度と体験したくないぐらい強烈なこともやってこれたんだなと。

さらに、今が一番良いという証明なんだと。

だから、若返りたいと思う人、やり直したいと思う人は、今のあなたは妥協の産物です。

本当にやり切っていれば、若返りたいとは決して思わないはずだからです。

今が一番良いというためには過去でやり切る必要があり、

将来が一番良いと言うためには、今をやり切る必要があります。

だから、ごちゃごちゃ言わずにやった方が良いのです。

私も明日から新生ドバイ与沢翼でかっとばします。

後悔はありえないし、将来は最高でなければならないからです。

与沢 翼

 

よければ私のLINE@にご登録お願いします!
現在2万6千名超の方がご登録中
ID検索で @yozawa です。
スマホ限定ですが直リンクはこちら
→ https://line.me/ti/p/%40yozawa

公式メルマガもご登録お願いします(^^♪
→ https://canyon-ex.jp/fx18412/gu3atN

与沢翼フリーサロン(無料のFACEBOOKグループ)はこちらです。
→ https://www.facebook.com/groups/yozawa/

関連記事

  1. 仮想通貨大暴落について
  2. 【成功へのステップ①】
  3. 勝者の理
  4. フェラーリが上場しました!
  5. しがらみ
  6. シンガポールに引っ越しをした本当の理由
  7. 与沢翼、魂の声
  8. 日本人は寝ぼけてる

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ドバイマリーナのマンションを買いました。
  2. 1年と2か月の劇薬
  3. 既にサザンマリーナレジデンスをご成約された方がたくさんおられます。

Mailmagazine

おすすめ記事

与沢翼サロン開設のお知らせ(コンサルティングプログラム)

こんにちは!与沢翼です。私はここ3か月の間、LINE@で多くの方から個別メッセージをいただいてきまし…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 久し振りにpaiza行ってきました
  2. 市川海老蔵歌舞伎
PAGE TOP