思うこと

本質的に良いと思う方を躊躇なく選択すること

人は、頭で理解できても感情が行動を邪魔して決断できない、ということがよくあります。

例えば、本質的に考えて絶対にこちらの方が良いよね!と思えることであっても、

感情的に納得ができなければ、その正しい判断は実行されないのです。

トレードにおける損切もその一つだと思うし、一度決めたことを変えるのも同じです。

また、こうすればもっと良くなるだろうと思えても、今までずっとこの方法でやってきたから、という理由で変化しないのも同じです。

会社などの組織において、慣れ親しんだ方法を現場レベルが変えていくことに躊躇するというのも同じです。

恋愛でも同じことは起きているし、友情においても同じことが起きます。

例えば、別れるということがお互いのためであるように思えても、感情がそうはさせずに、だらだらと有益でない関係が続いてしまうこともあります。

人は頭で理解しても、感情がそれを許さない限り、前に進めないわけです。

このようなことに対して私はどうしているかというと、頭で考えたことを優先して動いてきました。

感情と本質がぶつかる選択肢は私にとっても何度もあったのですが、感情がどう思おうとも、頭で考えてこちらの方が良いと思えば、一切の躊躇や迷いなく、速やかに正しいと思える方向に決断してきました。

この習慣のおかげで、中途半端な状態で宙ぶらりんになる、ということはこれまでになくて、結果が出たり、窮地を脱するのもいつも早かったと思っています。

そして私はこの習慣をさらに強化しようと思っています。

もちろん感情で動くメリットもよくわかります。

なぜなら、人は感情が満足することで幸せを感じるわけですから、感情優先で選ぶというのは、ある意味人間らしくて、幸せな人の特徴でもあります。

しかし、もっと深く考えてみると、感情優先で生きるのは誰にでもできる容易なことでもあります。

また感情優先で判断した場合の方が、その後において、悲劇的結果につながることも多々あるような気がしています。

さらに感情優先できるほどまでに、まずは成功したり環境を整えてから後に感情を優先していければ良いのではないでしょうか。

頭で考えて決めたことは、決断の時こそ辛いこともあるけれど、やっぱり後になってみるとそちらの方が良かったということが多かったりします。

これはあくまで私の経験談ですので、感情優先で全て上手くいく人もいるのかもしれませんが、

やはり人間の感情は時に安易であったり、影響を受けやすかったり、ぶれたりすることも多いので、

しっかりと冷静になって頭で考えて、本質的に考えれば、こちらの方が良いよね、と思うことがあれば、しっかりとその方向に決断していくべきだと思います。

理性的に行動した先には、結果として、感情的に喜ぶべきことにつながることばかりだからです。

自分の行動が本質に照らして、自分の将来のために最も正しいであろうと思えているかをもう一度考えてみる必要があります。

その上で感情が邪魔しようとも、時として自分に厳しく正しいと思う方向に決断しなければならない時もあるのです。

 

よければ私のLINE@にご登録お願いします!
現在2万6千名超の方がご登録中
ID検索で @yozawa です。
スマホ限定ですが直リンクはこちら
→ https://line.me/ti/p/%40yozawa

公式メルマガもご登録お願いします(^^♪
→ https://canyon-ex.jp/fx18412/gu3atN

与沢翼フリーサロン(無料のFACEBOOKグループ)はこちらです。
→ https://www.facebook.com/groups/yozawa/

関連記事

  1. 今日から12月
  2. 海外に来てよかったこと
  3. 【先輩の一言を拾う】
  4. いつまで働きますか?
  5. 【決して己惚れないこと、自慢しないこと】
  6. 経済の実情と下から這い上がることの難しさ
  7. 本気で成功したけりゃ人と違う道へ行け
  8. 【成功へのステップ③】

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 本をチラシにする人の本は売れない
  2. 既にサザンマリーナレジデンスをご成約された方がたくさんおられます。
  3. サザンマリーナレジデンス

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

リッツカールトンレジデンスがもうすぐ完成

リッツカールトンレジデンスがもうすぐ完成し引き渡されます。既に77階(てっぺん)まで頭頂部が到達しま…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 書斎にデスクが来ました
  2. 今すぐ一生懸命頑張った方が良い理由
PAGE TOP