思うこと

節目

一つの節目が終わった。シンガポールセミナーが終わり、英国民投票の結果も定まった。次の関心事は米国の大統領が誰になるのか。

節目が変わった時はそのちょっと先の未来が定まるときでもあるため、新しい計画を立てるのには相応しい時期です。

私は節目が終わるごとに新しい行動計画の全体をA4の紙一枚にまとめ、個別にやるべきことを書き出し、走り出します。よくわからず動き出しても後ろを振り向く回数が多くなるだけで行動に自信が持てないです。

行動計画書が出来たら、一つ終えたら線を引いて消していく、ということを繰り返してきました。ただそれだけ。単純なことの繰り返しです。結果、最初に書きだした行動を100%消化することで結果につながるというわけです。目標をすぐに結果として掴もうとすると大変だが、行動を一つずつ消化するのは誰にでもできる。

次にやるべきことは、フェラーリ458を高値売却し、バンコクのリッツカールトンへ自宅の家具を送り出し、ドバイへの完全移転を完了し、アフリカと南アジアへ関心を移し、洗練された集中できる環境で投資に存分に浸れる環境を作ること。

新参の私が投資の世界へ出てきた時、日本では大きな笑いが起きたことと思う。でもいつまでも新参者が新参者であるわけではない。

時として初心者がプロを抜くこともある。

私も抜かれるときは同じだ。休む暇はない。だから次のステップへ進む。現状に満足し、優越に浸ればお終いだから。

関連記事

  1. r > g
  2. 本当に思っているのだろうか
  3. 皆様こんにちは。与沢翼です。
  4. 31歳の決意
  5. しがらみ
  6. 器用な人の方が選択肢が増える
  7. 権力との適切な距離
  8. 40度の熱が出ました

アーカイブ

PAGE TOP