思うこと

胸騒ぎ

【与沢コラム】胸騒ぎ

昨日の英国民投票の結果を受けて、

本日は、計画を再度煮詰めて、内省にもたっぷりと時間を使いました。

ずっと自宅にいたにもかかわらず、メルマガのお知らせもしませんでした。

というのは、胸騒ぎがしてきたから、そちらについてずっと考えていたからです。

私自身は、このテーマについて2年も前から考えて準備してきたわけですが、

先日グローバルトレーダーズスクールの自分のリアルな生身の生徒さんにお会いし、

日本の皆さんのことがとても心配になってしまったからです。

これはブロガーとしての立場ではなく、

一人間として、まだ迷いを持って努力しきれていない方を案じたからです。

というのは、難民受け入れが負担となったイギリスのEU離脱を取り上げても、

これはただの一国の政治問題だ、と割り切れない

現代の根本的な問題を浮き彫りにしていると思えるからです。

今回の件で最も株式市場にマイナスを受けたのは、日本とフランスです。

当のイギリスよりも日本市場が大きく下落しました。

私が株をまともにやり始めてからでは、最大級の下落でした。

今日はこのイギリスに端緒を持つ一連の問題にフォーカスを当てることはしません。

ただし抽象化して一つ言えることは、

震災、テロ、金融危機等を防衛できるだけの準備を

早く真剣に始めた方が良いと思うということです。

日本人は無防備の方が多いです。

円高の間に実需としての海外不動産を一つは持って、財産としての居住権(ビザ)も保有しておくことや、

インカムゲインでも最悪の状態働けずとも、財産の安定運用から

生活できるだけの十分な外貨等を持っておく必要があります。

現代を取り巻く暗雲は、なんといっても格差なんです。

この格差が元で、これから色々なことが起こると思いますよ。

また震災やテロ、金融危機が起きた時に、格差が防衛手段の有無に直結するということを誰も指摘していません。

経済力を確保しておかないと、起こる事象に対して座して、その全てに対し抗うことなく、ノーガードで受け入れることしかできなくなってしまいます。

これからの世界はグローバル時代ですから、

最も有利なところへ人が流れ、その時々でそれは変わります。

しかし最も有利なところへ移動するにもまた経済力が必要なのです。

だから、移動の自由や居住の自由、職業選択の自由を確保できるだけの経済力が必要なんです。

お金持ちになることには、2つの意味があります。

一つは、自分の自己実現のため。こればかりがフォーカスされ、お金持ちはわがままのように思いますが、

実際は、もう一つの防衛のため、こちらの方が経済力の機能として重要なのです。

日本人の皆様は、これらのことを考え、防衛のために今からすぐに準備を始め、経済状態が良い間に、

格差が発展した先にある生存能力の差という罠にはまらないようにすべきです。

経済格差はこれからたくさんのことを引き起こします。

よくよく考えるとこの格差からほとんどの問題が生じていることにも気が付きます。

しかし、この流れは、不可避です。資本主義に対し、世界中の民衆が同時クーデターでも起こさない限り、変更はありえません。

既に社会主義は世界の至るところで資本主義に破られ、世界でも、残すところあと5カ国だけとなりました。

その社会主義も中国やベトナムを中心に、資本主義的社会主義になっています。

ですから我々が少なくとも生きている間では、資本主義というお金持ちだけが防衛力を得る構造には、変わりないと思うわけです。

そうなると、これから起こる色々な問題に対して成す術がないとなります。

すなわち格差を放っておいている人は、防衛対策を施す富を持たないことになってしまうわけです。

私は今とても胸騒ぎがしています。

日本の経済状態がこれから4-5年程度の間に、一段と悪くなってしまうのではないかと思っていること、

そして、もう一つは、地震についてです。

私は皆さんに対して、無用に脅そうとか危機感を煽るつもりではありません。

ただ、もしそれらが現実になった時、経済が麻痺したり、特定地域に閉じ込められてしまったりとする中、

防衛のための手段を取れるのは経済力のある人だけになってしまうのは事実です。

あとは政府の救済や対応を待つことしかできません。

しかしその政府側はそもそも経済的には富裕層側であり、あるいは権力に近い距離にある人たちばかりなわけです。

残酷ですが、本当に政府救済だけを待ってもよいのか、と考えると、甘えん坊な思考を辞めて、今から自らを助けるつもりで、自立を始め、国に依存しないようになっておかねばならないと思うわけです。

韓国のセウォル号が沈没し、船長や乗組員だけが助かり、乗客はその大半が命を失いました。

国際的に非難されましたが、人間の本質が現れた時、このような現象が起きることを理解しておいた方がよいです。

あれは韓国だから特別なのではなく、人間の窮地における本性とか本質だったとしたらどうされますか?

権力や経済力を握る人が助かって、その指示を待っていた人が逃げ遅れてしまったわけです。

だから、自己実現のためもそうなのですが、それ以上に、経済格差が危機対応の格差にもなるのだ、ということをよく理解した上で、

今から万全の準備を練って欲しいということです。

そこまで真剣に考えてみると、時間はそれほどは長くは待ってくれない気がしています。

最も大切なことは、変化し、生き残ることです。

大きければ強いのだ、絶対に日本は問題ないのだ、とおっしゃる方がいますが、そうは思わずに、つまりは、恐竜のような存在にならないためにも、

小さくても、弱くても、変化し、自らを守るために、生き残れるように努力をしないといけません。

今ならまだ準備できるわけです。

本当に胸騒ぎがしていますよ。

与沢

関連記事

  1. 夢×熱狂=成功
  2. 今すぐ一生懸命頑張った方が良い理由
  3. 世界経済について
  4. 心を喜ばせてあげよう
  5. 真の自由を目指して
  6. 外貨を稼ぐ
  7. 人生のコツは、重力に逆らえるか
  8. 未来予測

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 既にサザンマリーナレジデンスをご成約された方がたくさんおられます。
  2. 【成功へのステップ①】
  3. マレーシアのランカウイ島に行ってきましたpart4

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

明日塾生さん向けの気合い入ったセミナーがあります

明日塾生さん向けの気合い入ったセミナーがあります。今日は日中、精神を統一…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. お台場でのトークイベント終わりました
  2. ワインパーティ
PAGE TOP