思うこと

人間は年とともに落ち着くもの、またそうあるべき

【与沢コラム】人間は年とともに落ち着くもの、またそうあるべき

今日のテーマは、人間は年とともに落ち着くもの、またそうあるべき、という考え方です。

以前サイバージェントの藤田社長が、こんなことをどこかに書いていたのを強烈に覚えているんです。

人間には年代ごとにふさわしいあり方がある

確かこんなセリフだったと思うのですが、

20代の時の正しさ

30代の時の正しさ

40代の時の正しさ

それぞれあって、20代では良いとされることでも40代でそれをやると恥ずかしいことが多い

というような内容でした。

私はこの投稿を見た時、31ぐらいでした。

ちょうど税金で資金ショートする直前くらいだったと思いますが、

この時に、あ、そうか、俺はもう30代だから、30代として恥ずかしいことはもう辞めていこうかな、

と思ったものです。

具体的には狂ったような女遊びの仕方とか、お酒の飲み方とか、

金使いとか、ふるまいや言動など。

20代の威勢の良い名残がありますから、すぐには変えられないと思うけど、

数年かけて変えようかなとちょうど思っていました。

まだまだ30代としてあるべき姿ではないですが、

この言葉は、なぜか私にドストライクで入ってきました。

なるほど!と妙に腑に落ちたんです。

20代でのあるべき姿と30代でのあるべき姿は異なるということ。

20代で私が正しいと思っていたことを、30代でやると恥ずかしいことは

たくさんあるのだと知った瞬間でした。

そのように年を経るごとに角か取れていくと同時に、

それがある種の重みというか、

威厳というかにつながっている気がしました。

ちょうど10個上ぐらいの藤田さんとかを見ていると、今やもう余計なことはぺちゃくちゃ喋りません。

あれだけ有名な社長さんですが、

あの静けさが逆に怖いぐらいの迫力だと思います。

書籍を出して語る、語らないとかの問題ではないです。

こうなんというか、無駄口を叩かない、というか。

言い訳もしないし、恨み口も言わないし、浮かれたことも言わない。

私は決算書を通じてのみ語る!みたいな。笑

あのオーラたるや、やっぱり年代別の正しさってある気がします。

30代で20代と同じようなことをしているのは恥ずかしいんです。

そして、40代で30代と同じようなことをしているのも同じ。

ま、人間がどう生きるも好き勝手ですが、

少なくとも私は年とともに落ち着き、迫力を手にしていかないと

なんだか、とてもかっこ悪いんだろうなと思う次第です。

与沢 翼

関連記事

  1. 節目
  2. 【先輩の一言を拾う】
  3. 最強を目指そう
  4. これからの私
  5. 計画の作り方と今の世界について思うこと
  6. かなり感銘を受けた記事
  7. 男は結婚する女で人生の半分が決まると思う
  8. 器用な人の方が選択肢が増える

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 本をチラシにする人の本は売れない
  2. サザンマリーナレジデンス
  3. これから日本に起きること、そして生き抜くために

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

なぜ富豪が生まれるのか?

なぜ富豪が生まれるのか?これは私が今一貫して研究しているテーマです。常識を超える成功…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 日本人ではなくなりました
  2. 家族と過ごすのが一番しあわせなのかもな
PAGE TOP