思うこと

2016年は山籠もりします。

今日は山籠もりの話です。

ややいらっとする部分が多いかと思いますが、本音なので読みたい人だけ読んでくれれば良いです。

実は私は今年の年頭から決めていることがあります。

それは、2016年中は徹底的に修行の期間にするということです。

絶対に遊ばないということです。

どちらかというと2015年の方がよっぽど遊んでました。

といっても平均からするとかなり働いたとは思いますが。

そして、2016年になってからはまた別人のようになって働いています。

なぜ私がここまで勤勉に活動するか、というと、いくつかの理由があります。

まず最も大事なのが、楽しい行事は未来でも行われる、という理由です。

例えば今から私がパーティピーポーになることは、何よりも簡単なことです。

(ただし今の私がパーティを楽しいと思うかは置いておきます、あくまで例として)

これについてよく考えると、楽しいことは10年後もほぼ100%確実に行われているであろうことがわかります。

例えば、シンガポールは昨年、国家創業50周年の記念行事でしたが、51年目でも花火とか盛大にやるし、60年目でも盛大にやっているはずです。

また夜な夜な行われる飲み会も10年後も、皆やっていることは間違いありません。

しかし、経済基盤を整えるということは実は10年後はできなくなる可能性が高いです。

それは経済環境の変化があるからです。遊んでた人が10年後の変化に突然、対応できる確率はほぼゼロです。

例えば今お金を稼げない人というのは元をたどると10年前の自分がよくなかったわけです。

意識が低く、行動に無駄があった。

つまり、今遊び呆けるということは、将来稼げなくなる可能性を高くするわけです。

一方で、今遊べなかった人は、10年後も遊べるんです。

つまり遊んでる方が簡単なんですが、その順序が逆になるとえらいことになります。

私はこれまでの人生、誰よりも適当に遊んできたように周囲からは見えるかもしれませんが、実は、10代の仲間が高校を辞めて女遊びに、たむろに、悪さに精を出していた頃、さっさと身を引いて、たった一人黙々と大学受験をしていたり、多くの同期の新卒たちが飲み会しているときに、起業してオフィスに缶詰していたりと。

実は昔からアリとキリギリスのアリを永遠と演じてきました。

10代で皆がお金を無駄遣いする中で一人コツコツと700万円まで貯金をしていたのもそうです。

それらの結果が今の私なので、例えば、テレビとかを見て、こんなやつにこんな額が稼げるなら、俺にもできるかも!と思う人が多いのですが、

実はそんなに簡単に私と同じようには稼げるようになりません。

これが10年の壁というやつです。

そして、私はそんなアリとキリギリスを誰よりもやってきたからこそわかります。

遊ぶのはいつでもできる。そして歳を取るほど、お金がないと相手にされない、という世の中の冷徹な真実を知ってしまっているわけです。

若い時は皆平等。歳を取ってからは、経済力の差がいかに人生の差として、大きいかということを痛いほど、感じるでしょう。

例えば、50代、60代になっても、年齢が自分の半分もいかない美人な女性と結婚して、世界中に不動産を持ち、これは娘にあげるんだ、明日はNYで会社の買収の打ち合わせだ、なんて言っている先輩たちを何人か知っています。

彼らは若い時に努力していました。だから一生遊べます。

だから声を大にして言います。

楽しいことは10年後もやっています。

しかし経済力は今付けないと10年後はないです。

この真実を直視した人は、勤勉にならざるを得ないと思うんですよね。

そして、今年に限って特に私が頑張る理由ですが、勝ちの波に乗っている時期だからです。(経済イメージで言えばアベノミクス初期のような)

トレンドが出ている時はひるまずアクセルを踏む、しかしトレンドもいつまで続くかはわからないので、波に乗っているときに限界までやり込む、これが与沢主義なんです。

これまた成功者になるための必須条件だと思います。良い時は攻めろ。

当然ですが、まるで株価のように暴落しないよう、今は徹底的にリスク管理をしています。

リスク管理は今の私のノウハウの真髄なので詳しくは申し上げられませんが、少しだけお教えしますと、

固定費を絶対に増やさない(つまりオフィスと社員と広告費を持たない)こと

ローンや借入をしないこと

人から出資を受けないこと

キャッシュに余剰を持たせること

などです。

私の今の成功は全て人間不信から完成しました。

こういうと悪く聞こえるかもしれませんが、私は弟子にしてほしいとか雇ってくれとか、こういう言葉がもうトラウマです。

さらに言うと、よくわからない人達に囲まれることで自分が落ちていく姿を知りました。

だから、私は人間不信によって、今の成功を作ったということなんです。

そして、皆さんに宣言できることがあります。

私はもう二度と失敗しません。

その理由は、

一つに、自分一人であり、かつ俗世から距離を置いているため、日本ではよくあった盗まれるとか、罠にはまるとか、騙されるとか、社員がトラブルを持ってきてしまうとか、

そういうことが一切ないからです。

仮に、購入した不動産会社の1社が倒産して建設が途中で放棄されたとしましょう。

ま、これは、いわゆる騙されたの一種になるでしょうが、そういうことが万一あってもキャッシュで買っているので、財産が減るだけなわけです。

もっとも各国家を代表する財閥系大手から買っていますので、その国が転覆でもしない限り、完成までの期間に倒産することはないように思いますが。

いずれにしても、トラブルが入りそうな穴を全部ふさいだというのが私の今のあり方なのです。

私はとにかく人に利用されます。だから、とにかく人と距離を置くこと自体が成功法則だったんです。

それぐらい人が嫌いです。人は嘘をつく、お世辞を言ってくる、本心では思ってもいないことで持ち上げて来る、腹の底に自分のことしか考えていない

こういう類の人種を東京で見過ぎました。

もちろん全員がそうでないというのは知っていますが、どこまでがそうなのか、そうでないのか、わからないです。

だから一律距離を置くことで、私は自分の成功を脅かされないようにしようと思いました。

それゆえ、タイアップをしなくなり、人を雇いません。二度と人を雇わないと固く誓っています。

なぜなら私の場合はそこに手を出した瞬間にリスクの穴を自ら船底に開けることになってしまうからです。

だからどんなに大変でも一人でブレイクする方法を考えたというわけです。

そして、話を戻しますが、今、無借金である上に今年はタイとフィリピンに合わせて5億円近い2つのマンションが完成します。

つまり、既に私は、今から1円も稼がなくても、タイのリッツカールトンレジデンスの200平米の66階で優雅に暮らし、プーケットやサムイのビーチに週末出かけるライフスタイルが出来ます。

またフィリピンのマニラ、グローバルシティに300平米の豪邸グランドハイアットレジデンスが今年の12月にできて、以降こちらでも週末はカジノをやってボラカイ島などのビーチに出かけるライフスタイルができます。

簡単な話、家がある、それも私が住みたいと思えるそれなりの豪邸が国を分けて存在する、ということの意味はとりわけ大きいです。

そして、家賃がかからないわけですから、月100万で年1200万だとすればあと40年生きたとしても4億8000万です。

私が1円の利益も稼がず、預金の運用をしなくても、5億円ぐらいはもうあります。それを月100万質素に暮らし貯金を食いつぶす生活でも、家があれば、まぁ社会平均から比べれば、だいぶ上質な生活です。

つまり、実際には、今日から寝ていてももう私は引退なんですよ。

だからもう失敗しようがないんです。それぐらいまで進んだのがこの2年です。

皆さんと同じ2年を過ごしましたが、私はゼロからここまで来ました。

私が目指している境地というのは圧倒的な自由です。

なぜ多くの人は、ベンツが買えるぐらいになると調子に乗って油断してしまうのかなと考えてみたところ、

そういう人達は、価値観の基準が低すぎるんです。

私が日本を出た理由が、もうフェラーリをモチベーションに頑張れないから、ということでした。

つまり物的にはもう私は頑張れないんです。

世の中に売っているもので満足しているようではとても基準が低いです。

その証拠に私は、○○を買ったとか言っていますが、全然喜んでいないことに気が付きましたか?

実は別にどっちでも良いんです。

私が目指しているのは、かっこいいオヤジになることです。

最低限のアイテムは当然持っていて、かつ、超自由(いかなるものからも抑圧や制限や略奪を受けない世界)を作りたい。

もうその完成まであと半年あれば十分です。

近く個人LINEも辞めようと思っています。

LINE@は続けます。

というのは、突然、疎遠な人から連絡してこられるのが嫌だからです。

もちろん信頼している人だけでLINEは再度新しいアカウントを作るつもりですが、

そうでない場合、たいていは自分の都合で私に用があったり、私に会いたいと言ってくるわけです。

ぶっちゃけすんごい迷惑で、げんなりしています。

例えばシンガポールに来てからとてつもなく多いのが、シンガポールに来週、来月、行きます、会えますか?

シンガポールに来てます。飲みましょうとか。

率直に言って、私は観光大使でもなければ、旅行のツアー会社の担当でもありません。

正直、人の旅行の世話役とか案内人なんてしたくないんですよ。

まずこちらが情報優位ですから、色々聞かれるのも面倒くさいし、さらに現地通貨をもって案内したりすると、たいていこちらが全て奢ったりする流れです。

もちろん好きな人にはどれだけでも奢ってあげてよいし、そんな金額私にとっては全く微々たるものですが。

ただ、逆の立場になってみればわかりますよ。

シンガポールは日本からの客人も多く、下手すると毎週1グループぐらいで、知り合いが来るという頻度です。

私は知り合いも多いので、それを全部相手してたら、こっちが無理なんです。現地のツアーガイドになっちゃいます。

これは覚えておいて欲しいのですが、海外移住した人に会いに行くのは良いですが、現地で案内する人はとても負担になっているんですよ、ということ。

しまいにゃ、おっさん社長(たいして知人でもない人)の愛人旅行に付き合わされそうになったこともあるし。

本当勘弁してほしいです。

なんかそう考えてくると人脈って何なんだろうなって私は思います。

自分にとって大切な人なんて本当に3人いれば十分すぎると思っています。

ま、これは私がいつまでも表に出ていることの反動であり、許容している範囲ですが。

話をまとめますが、2016年は6月から数えてあと7か月あります。

私はこの7か月山にこもります。実際ドバイには山がありませんが、

あと1か月ほどでドバイへ旅立ちます。

そしたら年内は私は修羅のように勉学に励み、仕事に没頭します。

そして、2016年に上で説明した2つの高級レジデンスが完成して、引き渡されたら、

2017年は、私の超自由元年なんです。

多分、特定少数のずば抜けたすごい友人、先輩としか付き合っていないことは自分の中で100%確実ですし、

来年はフィリピンとタイを中心に高級レジデンスを別荘に遊びまくります。

スポーツも始めます。

といっても誤解しないで欲しいのは、私へのコンタクトポイントは一部を残して壊滅させ、私はもう基本人と会いません。

ストレスを皆無にし、時間を有効に活用するということであって、当然ですが、2017年も死ぬほど勉学に励みます。

具体的には、いよいよ来年は完全に中長期投資へシフトします。これは100%確実です。

短期トレードで年内に死ぬほど稼いで、キャッシュの全額を世界中に投じます。

これも昨年からずっと一貫して言ってきました。

また、ある挑戦をします。

挑戦の中身や戦略、そして、今日の話の詳細は20カ年戦略書に書き記しました。

いよいよ、明日配布です。

 

皆さんにお伝えできることは、

私の言う通りにした方が良いよ、と私は心から思っているということです。

2016年中に人生を変える仕組みを作らないと。

一般的な水準からは既にぶち抜いている私が、なお、ドバイで山籠もりをすると言っているわけです。

私のラインまで来ていない人が遊んでいて良いのでしょうか?

ダメでしょ。

一緒に2016年、籠りましょう。

少し楽しむのも2017年からでも遅くありません。

来年も楽しいことはやっています。

経済力がある状態で自信満々で遊んだ方がより楽しいことは間違いないでしょ。

中途半端に遊ぶと虚しさが残るだけ。

一人でも多くの人の意識が変わり、基準値が上がることを期待しています。

といっても、ここで人は2つの選択からどちらかを選び、人生は二手に分かれていくのですけどね。

正しい選択ができること自体がもう才能なのかもしれない。

与沢 翼

関連記事

  1. 【与沢コラム】復活、この2年を振り返ってみるか。
  2. ドバイという国について思うこと
  3. 深くやってみないと分からない
  4. 実績が出るまで辞めてはならない!(与沢人生訓)
  5. 来年の目標を立てておくべき
  6. 継続と忍耐を超える成功法則なし
  7. ドバイに来てもう一年
  8. バブルは作って弾いた方がいい

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. SPA表紙に出てます
  2. キャセイパシフィックで帰宅します!
  3. 最近考えたことをピックアップ

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

ただいまっす!今日は今仕事が終わりました!

ただいまっす!今日は今仕事が終わりました!今日はあーたんが沖縄から帰って…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. セブの素敵なスポットをご案内頂いています
  2. 【決して己惚れないこと、自慢しないこと】
PAGE TOP