思うこと

確実で太く重い行動を!

今日の話は、確実さです。

皆さんは、この確実さということについてどれぐらい意識されているでしょうか。

例えば、起業しようと思い立ったとします。

人間とは色々なことを思いつくもので、起業して成功できるイメージが沸いたと思ったら次の瞬間やっぱり上手くいかないかもなと恐怖感を感じたりもします。

楽観と悲観が交錯して結局起業はしなかったり。

あるいは、したとしてもやっぱり起業直後とかにひるんで、中断なんてこともあるでしょう。

このような行動を私は不確実な行動と呼んでいます。

成果を出す人に求められているのは、確実さです。

起業したなら当面のゴールは1年の決算で利益を出して終えることになるでしょう。

また、トレードを始めたなたら1年後に資産が何%増えていたかということが大切になるでしょう。

つまりビジネスであればある程度未来の区切りにおいて数字が結果となって出ていれば宜しい、ということになるわけですが、

不確かな行動しかできない人は、トレードで言えば、株を買ったけど、少し経つとやっぱり怖いから辞めたとかなります。

起業した分野で壁に遭遇すると、この道は難しそうだ、となって、やっぱり辞めたりします。

なぜこのように優柔不断で不確かな行動の連続となってしまうのか、今日はその理由を教えます。

それは、目的が明確でないからです。

起業の目的を1年後の利益に置けば、1年後の利益というベクトル(方向性)が定まります。

すると、1年後の利益を出すためには、どの商売であっても、良い商品を見つけて(あるいは作って)営業をすれば良いとわかります。

良い商品を探すということにおいてブレがない状態であれば、確かにあなたは、自分の足を使い、耳で聞いて、目で見て、それを探します。

この時確かな行動をしている人は、必ず進展が生じます。

これ系の商品はダメだ、これ系の商品は魅力がある。

目標となる商品に対して徐々に距離を縮めていき、目は肥えていき、情報は研ぎ澄まされて、近く王手となります。

これが確実な行動です。

また商品が見つかったならば後は、それを売れば良いだけです。

工夫をこらしながら、それを売ることしか考える必要はないはずなんです。

なぜなら、それを売れば1年後に利益が残るはずだからです。

目的は達せられます。

しかしどういうことか、ぶれます。

それは、自分の中で目的が定まっていないからです。

あれ?何を目指しているんだっけ?という状況に陥り、

自分が起業して何を目指していたのかもわからなくなったりします。

すると、簡単でおいしそうな話があると飛びついたり、隣の芝生は青く見えたりしてきます。

例えば、誰かに嫉妬するという状態は実はブレている証拠なんですよ。

嫉妬というのは他人が羨ましいということですが、

目的が定まっている人なら、自分の目的が自分の人生において最も正しいと思えているから、嫉妬をしないはずなんです。

かくいう私は他人に興味がありません。その証拠にツイッターのフォローはゼロです。

目的は自分の中にあるものです、それを明らかにしている以上、そこに直線的に行動していきます。

私の目的を達するためには何をしなければいけないのかがわかっているわけですから、それをやるだけなんです。

成果が出ない方が不思議です。

そしてそもそも他人を見ていないオンリーマイワールドなので、嫉妬という感情がそもそもありません。生まれた時から感じたことがないかもしれません。

なぜなら自分は世界で最も正しい道を歩んでいるという確信があるから嫉妬する必要がないという感じです。

なぜそこまで確信めいて行動できるかということの秘訣は、

何度も言いますが、目的の明確さにあります。

ちょっとだけかいつまんでお話をしますと、私が作りたい世界というのは、無の境地です。

私の足を引っ張る人が存在しない環境において、煩雑さや混乱、怒り、ストレスなどを全く感じない、【超シンプルな構造の中で、卓越した成果を量産できる世界】がゴールです。

その与沢新世界では、私は誰に気を遣う必要もなく、誰かに依存する必要も全くありません。

また、特に重要なことは、シンプルである、ということです。

事務作業や仕事論やビジネス構造においても複雑さは大敵です。

これは私の肌感覚ですが、何事も複雑になった瞬間パフォーマンスが落ちるんです。

たとえばトレードにおいても一通りを学んだ後に行きつくのはシンプルなパターンです。

自分が決めた条件に合致した時エントリー、出口も自分が決めた条件に合致した時エグジット。

これで良いんですよ。

これを繰り返すことが大切です。

というかそれ以外に方法はないはずなんです。

気分でエントリーして、感情で辞める。

ビジネスも同じですが、効果のある営業を繰り返すだけではないでしょうか?それ以上も、それ以下もありえません。

例えば、トヨタは売上高28兆円、利益2兆円の会社ですが、

良い車を作って、効果のある宣伝でそれを売っているだけです。

日本最大、かつ2兆円の利益を叩きだす大企業が毎日同じことを繰り返しているのに、

私たち弱小が。気分で異なることを毎日変えてやること自体がクレイジーなんです。

私がコラムを毎日書くのは効果があるからです。

それと同様に効果があることをまずは探し、効果があることをあとは繰り返すだけ、これをマスターすべきです。

仕事ができない人ほど、異なることを毎日やっています。

模索中なら良いですが、ずっと模索中で終わらないようにしましょう。

大切なことは【確実さ】です。

明確な目的、そして、そのための方法論、

あとは、確実な行動のみです。

例えばですが、何か設備投資をしたい時に、見積は取ったけど購入していない、とか。

見積もりは5社とるべきなのに1社でやっぱり辞めたとか。

意味がわかりません。

例えば、見積もりを5社取ることで競争してもらって価格を下げると決めた以上は、5社取るまでは他のことを何もすべきではありません。

これぐらい確かな行動が必要です。

途中まで調べて辞めたとか、私には意味がわかりません。

例えば私はドバイに出ると決めてから断固、そのための行動を半年かけて実行しました。

そして、先日について言えば、ブルジュハリファのレジデンスを3つ内覧して、その内の一つをその日に契約しました。支払いもその日です。決定するまえに要した時間は15分です。15分で内覧して15分で決断からの契約です。

これは先輩が同席していたので、証人もいます。またエマールというデベロッパーのショールームについて私が2億5千万程度の2つの不動産を買うまでに要した時間は20分です。初めてみた物件を20分で計算し、契約し1時間後には帰っていました。

他にもっと見れば良いのがあるかも、とかも、私には、実はよくわかりません。

3つ見たらもう十分、決断です。

もちろんそれ以前の情報収集や事前学習など日々の研究あってのことですが、

本来準備を日頃からしている人にとって決断はそれほど時間がかからないはずなんです。

後悔するリスクと、時間の節約どちらを取るかと言われれば、私は後悔のリスクを飲んで、時間の節約を取ります。

それぐらい決断力は人生の差になっていると思っているからです。

また決断と実行が確かであること自体が秒速の所以です。

迷ったって最初の結論に戻るだけ。考えすぎるとかえっておかしな方を選ぶことも多い。

仮に後悔という概念があるとして、それをできるぐらいなら幸せな方です。それだけ経験が多い証拠だからですよ。

さて、確かな行動ができない裏にはこのように様々な理由があると思っているのですが、

時系列に直すなら、

1、目的を明確にすること

2、その目的のデッドラインを決めること

3、その目的を達するための方法論を調べ尽くすこと

4、方法論を確実にゆっくりと繰り返すこと

※ここで焦りは禁物です。確実な行動はゆっくりで良いのです。しかし、ゆっくりとは言え、迷いもブレもないわけですから、実は結果的にはぶれている周囲よりも格段に速いことになります。

5、選択(岐路)に迫られたら速やかに情報を可能な範囲でそろえて、集まった限りの情報で良いので、それをベースにその場で決断即決すること

※後悔なんて実際はしませんよ。仮に見えていないもっと良い方法があったとしても、実行したことで、上手くいかない方法が一つ新たに見つかったと思えば良い。どの道失敗はある程度積まないと無理ですから。後悔も学習です。

以上。

目的が明らかで決断の勇気を持ち、確かな行動をしていれば、まず成功します。

あやふやな行動していませんか?

YESともNOともつかない行動をしたり、途中でペンディングにしている案件を複数抱えていたり、エントリーしたと思ったら恐怖でポジを閉じたり。

ダメですよ。

YESならYES、NOならNO。

やるならやる。

断るなら断る。

キープも検討もへったくれもありません。

持つなら持つ。持たないなら最初から持たない。

どちらかです。

そして中途半端なものは全て中止します。

やることを研ぎ澄まし、集約する。集中させる。

一度動いたら動じない。

びびらない。

着実に堅実にゆっくりと確信めいて行動する。

利益の源泉は時の経過、という言葉を思い出して下さい。

結果が出るには時間がかかります。

しかし1年後、2年後には別人になっていますよ。

私は今年はドバイに行きます。そして無の境地を作ります。

与沢 翼

関連記事

  1. この3つは私の人生のテーマだ
  2. 与沢翼覚醒
  3. 自分の頭で考えること、そして、実体験することの大切さ
  4. 久々に文書いたな。
  5. 与沢翼、魂の声
  6. 外貨で稼ぐ、これ癖になります。
  7. しがらみ
  8. 今年最後にあなたがやる事

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. バージカリファに住み始めました。
  2. 2万$勝った!
  3. 【PAIZA】プラチナカードへ

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

日経新聞の全五段に掲載されました

私の出版した秒速で一億稼ぐの本が本日1月11日発売の日経新聞の全五段に掲載されま…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 高級車大国ドバイ
  2. 自分の道(信念)
PAGE TOP