思うこと

金儲けの本質

【与沢コラム】金儲けの本質

今日は特別大サービスを致したく思います。金科玉条の話のはずです。

恩着せがましいけどですね(^^♪

まぁ、気になる人は読んで下さい。

金持ちの本質についてです。

予め申し上げておきますが、わかりやすく表現するためストレートに表現していますので、

失礼な表現もあるかもしれませんので、怒り出す人は読まないで下さい。

まず第1に、運用元本を作れ、です。

人の経済状態はフェーズによって2分されています。

まず0-1、そしてもう一つは1から100です。

100の上の世界がありますが、今回は割愛します。

現時点で世界の人口はおよそ75億人。

そのうちおよそ74億人は0-1に位置しています。

金融資産で言うと1億円以下です。

そして私が思う線引きによれば、運用の元手1億円以下の人は全て0から1のフェーズです。

一方で運用の元手(自由に使える税引き後資産)が1億円以上の人は1-100のフェーズに入っています。

そして両者は同じ人間ですが、経済活動上はもはや生態系の異なる別人です。

イメージで言うと地球人と宇宙人ぐらいの差があります。

地球人は酸素を吸いますが、例えば宇宙人には酸素が不要とします。

そして、この生態系の違いを理解して、正しい行動を取らないと、いつまでたっても74億人のマス層から飛び出すことができません。

元手1億円に達するまでに求められるのは、収入UPと節約と貯蓄です。

この貯蓄とは言い換えれば利益とイコールになります。

利益とは、収入-支出で求められますから、利益を増やせば、すなわち貯蓄額が増えます。

そこで、マス層から抜け出すべく、各自の環境下において収入を増やす活動をします。

一方で、支出を減らせる限り減らします。最低限の水と食料と衣服、そして雨風をしのぐ住居以外は全て契約を打ち切り、

なおかつ、新規の契約は一切締結しません。簡単に言えば何も買うなということです。

すると、収入が上がり、支出が減るので、貯蓄可能額としての利益が増えます。

例えば年に1000万の収入を得ていたとして、税金や年金や保険料が300万円だったとして、そこから必要最低の生命維持費を例えば300万として控除します。

すると400万円が税引き後の貯蓄可能額です。これを25年続けて、ようやくマス層を脱し、運用元本を得たことになります。

この時地球人から宇宙人になりましたので、今度は全く異なる生態系に根付いて行動する必要があります。

この違いを理解しないと再び地球人に舞い戻ります。

ここで一つ皆さんが疑問に思うことがあると思います。

25年も耐えられない、という点です。

年収1000万の人で年300万の生活を25年続けてようやく大気圏を出る。

この時間に我慢ができない人に特効薬があります。

それは、ビジネスをするということです。

ただし、ビジネスのおよそ9割は元本を食いつぶすだけで終わっていますので、

下手にやると逆効果です。

ビジネスをして一挙に大気圏へ突入したい場合は、それなりの知恵が必要であり、

それがノウハウですが、今回は主眼ではないので割愛します。

さて、話を戻しますが宇宙空間に出た人がやるべきことの概要は次のインカムゲインになります。

第2、インカムゲインを持て

もちろんキャピタルの資産増大効果も味方しますが、

それは別の機会に譲ります。

特段大切なことは、宇宙人はインカムで資産を増やしているということ。

そして増えた額をさらに元本に組み入れているという事実です。

ですから1億円の運用元手を持った人は、この1億円を現金製造機に変える必要があります。

現金製造機に変えず、使った人は地球人に舞い戻ってしまいます。

日本にいた頃の私がそれです。

ところで、インカムゲインの種類としては、不動産、債券、外貨建て定期預金、株式配当、投資信託、ヘッジファンドなどが挙げられます。

インカムゲインとは、定期定額が入ってくる安定的な収益のことです。

もちろん定期定額といっても内容によっては、期間がずれたり額が増減することもあります。

しかし理論上は定期定額です。

一方で、この1億を使ってご自身でトレードをしたり、事業を起こしたりというのは本来のインカムゲインではありません。

例えば、ご自身でトレードをして売買差益を得ることをキャピタルゲインと呼びます。

また自分が創業した会社を大きくして自分の株式持ち分を売却することでもキャピタルゲインは得られます。

キャピタルゲインについては後程少しだけ述べます。

宇宙人はインカムゲインによって生命維持の最低コストを無効化しています。

つまり酸素が必要なくなる状態です。

インカムによって働くことがなくても、生活必要経費を賄えるわけです。

例えば1億円の5%は500万円ですが、年で5%のインカムゲインを得ている場合は、少なくとも500万円の生活は寝ていても可能となります。

またこの元本が10億円となれば、5%のインカムで年間5000万円の生活ができます。

インカムが5000万円を超えたぐらいで、周囲はあなたのことを金持ちと呼ぶでしょう。

たいして忙しそうでもなくいつも笑ってニコニコしているだけのに、この人はなんでこんなに金をもっているのか?という疑問の状態です。

マス層から見たら宇宙人は変人なのです。

このことによってお金持ちは悪いことをしているに違いないと決めつけて疑われたり、

ずるいといった嫉妬が生まれます。

これが資本主義始まって以来の地球人と宇宙人の隔たりです。

第3、集団から離れろ

自然な結果とはなりますが、運用元手が1億を超えたあたりから、マス層とは話が合わなくなります。

なぜなら生態系が違うので、会話が成立しないのです。

マス層というのは、給与を稼ぎ、それを全て使って、永遠と所得⇒消費⇒所得⇒消費を繰り返す存在です。

ただし、現在マス層であっても、宇宙人になろうとする人(将来の宇宙人候補生たち)は、

所得>消費=貯蓄の構造を持っているという点です。

貯蓄額1億円を突破することを目指す人は、自然と集団から離れざるを得なくなります。

なぜなら稼いだ額を全て使うという人と行動を共にするとお金がなくなるからです。

また、収入UPを考えない全ての人の話題は芸能人の話か上司や同僚の悪口や、恋愛の話題ぐらいしかないからです。

簡単に言うと、宇宙人になる上で、それらの話は時間の無駄なわけです。

場合によって自分にとってマイナスの心理的、情報的な影響を受けます。

そこで、マス層を本気で脱する決意のある人は、集団と離れることになります。

なぜなら人口の大部分がマス層なのですが、世の中はマス層の価値観で溢れかえっているからです。

取り入れる情報、関与する人間を間違うと、一向に進展しません。

そこで、集団から離れることは自明です。

集団は、感情で動きますが、ほとんどの場合において、感情で動いた先には悲劇しかありません。

第4、知恵を集めよ

どんな職業や立場の人であれ、最も重要な経営資源は知恵です。

ドバイとシンガポールに居住してみて私は確信しました。

経営資源やスタート時点における不平等は関係ない。

生まれも学歴も出自も容姿も無関係です。一切無関係です。

必要なのはアイディアと知恵だけです。

前提条件の違いのせいにする人は、思考停止しているだけ。

アイディアは原価を求めてきませんので、無から有を生み出すことが可能です。

これこそが富の源泉です。

5、人が集まる人となれ

有名になるとバカに囲まれる、というある著名人の名言を見て思いました。

2チャンネルやアホな人達に著名人が追い回されるのはなぜだろう?その理由がわかりました。

有名になるということはバカに見つかることだ、と言うではありませんか。なるほど。

しかし、一方で、人が集まる人となることもまた成功の必須要件であると思います。

集団を自ら離れたはずなのに今度は集団に追いかけられる。

為政者もリーダーも著名人も、同じはずです。

しかしながら、私は人に会いたいと言いませんし、思いません。

私よりすごい人はたくさんいますし、ブルジュハリファやアイオンオーチャードレジデンスにもすごい人はたくさん住んでいるようですが、

全く会いたいと思いません。

その理由は、会いたいと言われる側にはメリットがないことが一点。

通常会いたいという人が何かのメリットを求めて会いたいというわけです。

ですが、百戦錬磨の私よりはるかにすごい人です。

相手のメリットが何倍にもなる可能性のあるプランを持っていない限り、私は会いたいとは言いません。そんなプランを描くのは容易なことでもありませんから。

もう一点は、自分よりすごい人に会えばもっと自分もすごくなるのではないかと思うのはただの幻想だからです。

自分のビジネスの構造は自分で作る。

これが独立しているということの意味です。

ですから、私もお会いしたいと言われることが多々あるのですが、お気持ちはとても嬉しく心から感謝する次第ですが、一切お会いはしませんので、宜しくお願い致します。

その理由は自分自身の道が定まっている以上情報交換をする意味がないのです。また何かチャンスを探しているフェーズでもございません。ご理解いただけると嬉しいです。

6、まとめ

これまでの話をまとめますと、まず人は、節約から入り、次に、収入を挙げて、結果として、貯蓄額を増大させる。

その過程で集団から離れ、1億を超えたら宇宙人同士で付き合う。

結果として、宇宙人になると地球人が集まってくることもあります。

0-1のプロセスが完了すると、

ついで1-100にする方法がありますが、それはいずれお話します。

今日の話はいらっとした人もいるでしょう。

一方で不明瞭だった部分が明確となり、心が躍動した人もいるでしょう。

ちなみにいらっとした人は、はっきり言いますが、しばらくマス層にいることになりそうです。

私が今回述べたことの意味が理解できて、行動するきっかけになった人は、宇宙に行く日も近いです。

なお、最後に補足をしておくと、節約をほとんどせずに、収入UPから入り、宇宙圏へ突入するパターンも中にはあります。

年収1000万で25年間という無酸素状態で生きていけないというせっかちなタイプです。

せっかちでも良いですが、努力と知恵が必要です。

また、運用は1億からと言いましたが、途中からキャピタルゲインを得ることを開始して、それを繰り返し、結果として1億に到達し、

宇宙圏へ突入する例もあります。例えば短期トレーダーなどです。

また逆に、1億では少ないとして、10億を超えてからインカムゲインを得る(現金製造機に変える)パターンもあります。

また1億未満、例えば1000万からインカムゲインを始める場合も多々ありますが、

私の考えで言うと、これは効率が悪い。

インカムとは安定している代わりに、利回りが低いからです。

少ない元本に何をかけても少ないアウトプットしか出てきません。

1000万の5%で50万。立派な額ですが、その50万で何をしましょうか。

生命維持費に満たないわけですから、それを元本に組み入れて貯蓄に加算するというなら、優秀と評価します。

しかし毎年50万を使っていたら何の意味もありません。

だったら1億まで貯めて年に500万もらって生活する方が、現金製造機の種類も選べるようになって良いでしょう。

年500万のインカムであれば最低限度の生活をする上で働く必要はなくなりますから、浮いた時間は知恵を得るために使えば次のフェーズに行きます。

また、節約ではなくてあえて支出を上げることで収入UPをするという技術もあります。

私がフェラーリを買ったり、ロールスロイスを買ったり、ブルジュハリファやアイオンオーチャードに住むのは、

実はそれら支出を上回る収入を得られるからです。

さらにフェラーリとロールスロイスが高値で売却できることも付け加えます。

実は私は高額品の損益計算を個別アイテムごとに行っています。

また、私が高額不動産を4カ国7物件に分けたのは、外貨建て預金をしたかったからです。

気付いていない人が多いですが、海外不動産は、外貨建て預金とほぼ同様の効果をもたらします。

経済成長率が年利回りで、かつ、これらは貸し出すことで経済成長率にプラスしたインカムも、もたらします。

また、世界経済が不況に陥っても、通貨ではないので、建造物の機能は変わらず、建物は建物なんです。

それを紛失することも盗難されることも、預金先がつぶれることとも無縁です。

あとは通貨が強い時に転売すれば良いだけです。為替を見ながら世界のマネーを回転させていくだけで

お金を生むことが可能です。ですから、焦って転売する必要はありません。

もっともこれは単一通貨の自国内不動産ではできない手法であって、

海外不動産でなければできません。

また売却金で買うのはまた別の国でなければいけないわけです。

さらに不動産は他のものと異なり担保価値を持つので、現金を大量に集めたくなったら、その物件を担保に現金を集めることも不可能ではないというわけです。

なお、不動産には注意も必要で、固定資産税や共益費の問題を考える必要があります。そのため私は、固定資産税がない国(タイやドバイ)あるいは、それが著しく低い国(マレーシア)を選んでいますし、購入後18か月の共益費免除などを契約に盛り込んでもらっています。つまり控除率も徹底的に下げるということ。

このあたりは宇宙空間の話なので、また機会を見てお話します。

大気圏を脱するまでの原理原則をお話しました。

失礼な言い方は多々あったかと思いますが、本質中の本質だと私は思います。

わかりやすく伝えるためにあえてそうしていますので、ご容赦下さい。

一人でも多くの人が賢明に行動されることを期待します。

簡単に言えば、突き抜けるまでは、生命維持装置以外の金は一切使うな、ということです。軍資金に手をつけ始めたら、その瞬間から退化が始まります。

私のルーツは10代の頃に1年半で700万円を自力で貯蓄したところからスタートしています。

与沢 翼

LINE@にもご登録お願いします。
ID検索で @yozawa です。
スマホから直リンクはこちら
https://line.me/ti/p/%40yozawa

公式メルマガもご登録お願いします(^^♪
https://canyon-ex.jp/fx18412/gu3atN

20160429_141008

20160427_205640

20160427_204022

20160427_191157

20160427_151405

20160427_151251

20160427_150919

20160427_150901

20160427_142338

20160428_070533

20160428_063128

関連記事

  1. 【勝負をするときの条件】
  2. ドバイへ帰国
  3. 国の要人の言うことは信じない方が良い
  4. 人生をよりよく生きるために必要なのは、たった一つの強み
  5. 新年は既に24分の1を消化した
  6. 深く後悔し、死ぬほど学習すれば、夢は叶うと思う
  7. 人生を変えるための簡単なコツ
  8. 外貨で稼ぐ、これ癖になります。

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 今すぐ一生懸命頑張った方が良い理由
  2. ドバイマリーナのマンションを買いました。
  3. 年上の方と付き合うメリット

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

世界に1つしかないBVLGARIホテル来ました

世界に1つしかないBVLGARIホテル来ました。明日は、一泊100万の最…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 海外に来てよかったこと
  2. まだまだ無力さを痛感する
PAGE TOP