思うこと

利益の源泉は時の経過

こんばんは、与沢です。

以前ツイッターで投稿したことがあるのですが、

経済上、今の私の座右の銘ともなっている言葉があります。

それが、利益の源泉は時の経過 という言葉です。

これは投資を始めて自分が確信した法則でもあります。

例えばトレードをしてみると、エントリーした直後の動きが気になります。

入ってすぐに損失が出ると次に戻ってきた時に損益トントンで利食いをしてしまったりします。

逆に利益が出始めるとせっかく思う方向に行ったのにすぐに利食いをしてしまいます。

このようなスタンスですと投資では損大利小になり、やがて負けます。

そして、トレードをする内に、気がつきました。

利益が生まれるのは、時間が経過することによって、

それ以外で利益は生まれないというシンプルな法則、いや、事実です。

当たり前すぎるのですが、

このことは軽視されがちです。

私はこの法則に確信を持った時にビジネスというものの本質も見えてきました。

ですから、投資だけではなく、ビジネスにも全く同じく当て嵌まります。

何より大切なことは、

時が経過してどうなったのか、ということです。

私は1年前の自分と今の自分とを毎月比較しています。

例えば今日からちょうど1年前というと、2015年の5月17日です。

当時を思い出してみると、まだ品川に三井の新築マンション最上階に家を借りていました。

ベンツのSクラスの新型を保有していましたね。

そして、日本に毎月帰っていた時です。

私が日本に毎月帰っていたとは今考えると驚きですが、

1年前はそういう時期だったんです。

他に何をしていたかと考えると日本で残った仕事を処理していて、

大部分の日本法人の清算も終えたところでした。

またダウンタウンなうとか、テレビや東スポなど新聞にもまだ出たりしていました。

そして、私はは6月21日を最後に日本を飛び立ち、以来日本へは一度も戻っていません。

もうかれこれ11か月です。シンガポールやドバイの光景が目に焼き付いていて、

今では日本の風景をすぐに思い出せないほどです。

先日渋谷駅のヒカリエ側の工事をテレビで見てとても驚きました。

なにせ以前は渋谷マークシティに会社を入れていたので渋谷は私の本当の故郷みたいな場所です。

そこがひどく小さくしょんぼりしたように見えてしまったんです。

さらに1年前のことを思い出すと、シンガポールがメインになっていたとはいえ、毎月の往復に加え

日本の仕事もあり、半ばまだ日本生活が抜けきっていませんでした。

行動パターンも似ていた気がします。

ちょうど1年前に1億円も出してフェラーリを買い、それが日本でニュースになったりしました。

あの時は、資産運用とかも本気で考えてはおらず、とにかく、日本に区切りを付けること

そして新しい旅立ちを確たるものにすることで精いっぱいでした。

1年ぐらい前から失敗者与沢から復活した与沢になったと思います。

あれから1年不動産投資を行い、

高額マンションメインでマレーシアに3件、ドバイに2件、フィリピンに1件、タイに1件と4カ国7物件を

計約10億円で購入しました。

当時の自分の思考レベルと今の思考レベルに違いがありすぎて、

一年前の自分はまだ幼かったなと思えます。

そして、来年はきっと今の私はまだ青ニ才だったなと思うことだと思います。

このように一年という時間を経過して、初めて、自分というものが成長する行動をしていたのか、ということの判断ができます。

1年前と比べて確実な成長を感じる場合、それは正しい努力をしているということだと思います。

一方で1年前とたいして変わらないと感じる場合、それは1日単位で間違った行動をしている可能性が極めて高いということです。

なぜなら人は1年あれば十分に成長していけるはずだからです。

人は1日単位で行動し、年単位で結果を手にします。

1日行動し、1日単位で結果を求める愚かな人はいないと思いますが、

1日単位で行動して、すぐに上手くいったかどうかを決めたがる人は多いかもしれませんね。

これは株でエントリーをしてから5分後に気になるようなものです。

5分後に利益がやや出ていてもそれは何ら意味を持ちません。

エントリーしてから時が経過しなければ、固い利益ではないわけです。

5分後の利益はただのブレですね。

もちろん1分単位で売買を繰り返すようなスキャルであればそれ自体が目的ですから、OKですが、

通常の投資とは、時の経過こそが利益の理由です。

人の成長もまた同じです。

ですから、1年後に今の自分と比べることが大切です。

逆に言えば、毎月1回、1年前の自分と比べていけば正しい判断ができるはずです。

ちなみに私は先月も2015年4月の自分と先月の自分とを比べました。

それぐらい1か月ごとでも自分に変化を感じています。

先月は4月で、4月といえば、その2年前に資金ショートした月だったので特段2年前と比べましたが、

当時と今とで状況が違いすぎて、自分でも驚いています。

2年前はまだ海外に来ることを決めていなかったからです。

2年前のことは強烈な体験だったので当時のことを人生のどの時期よりも鮮明に覚えていて、

あの時は、2年後に自分がここまで復活できているという確信はありませんでした。

日々を全力で生きては、たまに歩みを振り返って、今正しい方向に歩いているのかを検証する

ということを繰り返してきただけでした。

遠くに深遠なるビジョンを持ち始めたのはここ1年です。

そんな中で確信した成功法則は、

何事も時間が経過してからでないと結果を性急に判断してはならないということです。

時が経過するまではごちゃごちゃ言わずにとにかくやる。

特に1年で成長できている人はその後1年も成長できる可能性が高いわけです。

ですから例えばアベノミクスについても色々不安を書いていますが、

もしかしたら3年後の未来にとっては

極めて有効な経済政策だったと言われているかもしれませんし。

もちろん、その逆もありますが。

いずれにせよ、経済政策ですから個人レベルとは異なり1年とかでは判断しにくいものですね。

それに関連して、実は私が投資で大きな自信をつけた出来事が今年ありました。

それは香港の株式銘柄を3つ買って忘れていた最近の出来事です笑

実際に日々株価を見ていたらおそらくもっと手前で利食いしていたものを

なんと3か月放っておいたら利益がとても大きく出ていたのです。

ここで3か月待つということの大きな意味を理解しました。

またドル円を112円の時に100万ドル空売りして実は忘れていました。

そして気が付いたら107円になっていたんです。

100万ドルで5円ずれると500万円です。100万ドルといってもXMのスタンダード口座で10ロットだけですよ。

これ本当でトレーダーズスクールの生徒さんは500万円の利益を利確したところを見せたと思いますが、

あれは実はただ忘れていただけなんです笑

またこれは意識していたので、かろうじて覚えてはいましたが、日常ほとんどその存在を忘れていたぐらいのものに、原油があります。

これは1バレル29ドルの時に買いを入れて放っておいて、今もまだ放ってあります。

原油はまだ伸びうると思っているためです。

そして、実は上の完全忘却は、香港のホテル銘柄なのですが、

銀行を増やし過ぎて香港HSBCで初期デポジットを全部使って買ったのを忘れていたのです。

全部といっても1000万程度ですけどね。

今年の1月下旬頃に中国が暴落していて、

本当は短期間のリバウンドを取ろうと思って買ったのですが、

直後にグローバルトレーダーズスクールの準備に入り、ドバイへ行く準備をしていたら、

本当に忙殺されていて、なんと忘れたのです。

そして、続々と銀行を開設し、証券を開けている間に完全に忘れたのです。

で、先月ドバイHSBCを作る時に香港HSBCのバンクステートメントがいるというので、

ドバイでログインして思い出しました。

すると、今まで出したことがない利益率になっていました。笑

私は比較的短期トレードなので、ほとんどが1回の入り口出口は1%から10%以下の利益率です。

ここで再確信しました。

利益を出すには時間が必要だということです。

これらの出来事は偶然が呼び込んだ可能性ではありましたが、自分の中長期投資への確信となる出来事でした。

また利益の源泉は時の経過という考えは、

人生観としては1年前からもっていたことですから、徐々に不動産投資へ舵を切ることになりました。

今の私は新興国投資99%で事業戦略を立てていますから、

東南アジアや中東、そしてまだ観ぬアフリカや南アジアの経済成長率と同じ速度で自分が成長していければ十分と思っています。

これら新興国の経済成長率は高くても8%ぐらいです。

しかしその8%が10年続くと何倍になると思いますか?

答えは2.1倍です。

人は2倍も成長したら別人ですよ。

そしてポイントは国の経済成長率的な成長をしてきた人は、退化しないということです。

例えば10年前の私は起業したての年齢でした。

この10年年間ベースでは堅実な成長を維持してきており、10年前と比べると、どう転んでも当時の荒野のような何もない自分に戻ることはないなといつも思います。

日本の経済が失われた20年と言われようとやはり日本は一度成長しているから腐っても経済大国であり、今後も先進国です。

これが強さかなと思います。

そしてそれが全てを取っ払った本当の成長部分かなと思います。

例えば今の私から全財産を取っても残る生きる力。

これが成長の結果です。

もっとわかりやすく言うと美人から美貌を取って、金持ちから金をとった後に残るもの。

その残ったものだけで再度成功できるようであれば本物なわけです。

つまり本来の成長速度というのはとても緩やかなんです。

でも一度作られると大地のように強大な地盤となり、壊れることがありません。

1億稼いだ、とかそういう短期的な結果とかとは異なります。

緩やかで固い成長に投じるのが本物の投資だとすれば、

自分という対象こそが最大の投資対象であり、それを伸ばすことが結局現実世界でもっとも手っ取り早く結果を得られる方法であるように思います。

だから私は1年後はもちろん、当面は4年後の2020年の自分が楽しみです。

4年間私が真剣に稼ぐ額もさることながら、今投じている不動産が全て完成しています。

私はそれを見て4年間を振り返り何を思うのか、そしてそれら不動産資産を使い何をするのか?

またこれから4年間で見る異例の光景から次のきっかけをどう掴むのか。

そして、到来する2020年から2016年を振り返り、全てのスタートの今に感謝していると思います。

また、今思う海外に出てきたことの最大のメリットは何か?と聞かれれば、

それは未知の連続であるという点です。

知らないことだらけでそれを知ることが今の喜びです。

日本には罠が多すぎます。

それの最たるものは、絆という名の足の引っ張りあいと錯綜する純度の悪い情報の嵐です。

そして、本当のことを言えない世の中でもあります。それが日本です。

私の目から見ると日本人は目をさますべき罠がたくさんあるのですが、

私も実は発言をセーブしています。なぜなら日本は言える雰囲気にないからです。

絆論、助け合い論などについても、

本来は価値と価値がぶつかるだけだ、それが真実の姿だ、というのが私の考えで、

私が無価値になれば私はお金を稼げなくなりますし、技術を磨かなければ投資で文無しになると信じています。

だから常に価値ある人間であることが生きるということそのものであり、価値がなくなれば相手にされないだけと誰よりも強く思っています。

でもこれは実は私だけではなくあなたも同じ状況のはずなんですよ。

世の中は価値と価値の交換でしか絆すら芽生えません。

例えば、愛を下さる妻と妻を支える逞しい夫。

これも実は価値と価値が交換され混じりあっています。

愛と強さです。

そしてそれらは強制されるものではなく自然に共鳴し合うものです。

誰かに求めてもらえる価値を持っていない、あるいは、持てなくなった人は、衰退します。

常々そう認識しています。

人生を変える上でもっと大切なポイントがあります。

それは人に価値を与えられる人になるという一点です。

それを繰り返していると成長します。

誹謗中傷もよく受ける私ですが、その反面いつもこれだけの多くの方々が見て下さるのは、

私が価値を少しだけ提供できているからです。

それがなくなれば私は無価値です。

さあ、次はあなたの番ですよ。

1年前の自分と比べて成長したのか、これはすぐに確認してみて下さいね。

それが確かであると感じられる人は、間違いなく1年後、さらに上にいるでしょう。

逆にそうでないと感じられるならば、

私がお伝えした利益の源泉は時の経過という言葉を胸に刻んでほしいです。

確かな行動、そして時を待つ

このセットです。次の最短の結果は2017年なんです。

行動せずに待ってても意味がありませんから、行動した上で待つ、という成功の単純なサイクルをマスターして下さい。

よく自分のことを考えてみると、行動してしばらく待つ、これの繰り返ししか私もしていませんね。

PS:写真はフィリピンのグランドハイアットレジデンス(今年12月完成)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LINE@募集中!
ID検索で @yozawa です。
スマホからの直リンクはこちら
https://line.me/ti/p/%40yozawa
 
公式メルマガはこちらです。
https://canyon-ex.jp/fx18412/gu3atN

関連記事

  1. 【ビジネスVS投資】
  2. 固定費がなくなりました。
  3. 全ては絶対的必然
  4. 潜在成長からすればタダみたいなもの
  5. これからの時代の成功
  6. 【暇だから大切なことができる】
  7. コツコツやって、豪快に振り返れ
  8. 大きい存在を敵に回さない方が良いというお話

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 私の漫画が掲載されていました
  2. 【PAIZA】プラチナカードへ
  3. ブラックマヨネーズ

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

早朝から、最終リハーサルしました

早朝から、最終リハーサルしました!昨日は朝まで相川先生たちと1967で飲んでたの…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 書斎にデスクが来ました
  2. セブの素敵なスポットをご案内頂いています
PAGE TOP