思うこと

まずいと思っていますよ。

【与沢コラム】日本経済の行く末は、結構まずいと思います。
 
※これは私の個人的見解ですので、あしからず。また単に危機感をあおりたいわけでもございませんし、日本に文句を付けているわけでもありません。危機感と提言です。
 
海外に来て以来、私は世界経済のことを来る日も来る日も
 
徹底的に学びながら調べ続けています。
 
多くのことがつながり、もうすぐで
 
その全貌が見えそうなんです。
 
 
ここではっとしたのは、私はなぜこれまで経済を
 
見ずに生きてきたのだろうか?ということです。
  

これまでの無知に基づく行動がひどく恐ろしくなり、
 
33歳という年齢ですが、少なくとも今現時点でこれら一連のことに気が付いたことに安堵をしています。
  

大学生の時にそのまま起業してから10年以上ビジネスをやってきましたが、その中身はというと、マーケティングだとか、狭い業界のことだとか、マネジメントのことだとか、確かに学びはありましたが、とてもじゃないけど森を理解した上での経済合理性のある行動をしてきませんでした。

  
この2年私は徹底的に人生を考え抜いてきました。
 
そして、いよいよその核心部分に迫ってきています。
 
いずれパナマ文書ならず与沢文書を公開するかもしれませんが笑、
 
今日は私が今思っていることの一部をあなたに少しだけシェアします。

  
簡単に言うと、近い将来日本国債の暴落が起きるのは時間の問題だと言うことです。
  
 
最も重要なその理由については今回は限定的にお教えします。
 
私の事業戦略でもあるから全てを現段階で公開致しかねるためです。
 

ただ、お伝えしたいのは、経済学の有識者たちや麻生大臣が口を揃えて言うところの、
 
日本の借金は国内機関投資家や日銀がそのほとんどを保有しているのであるから問題ない、円建て国債なのだから円を刷れば償還できないという事態もない、という理論
 
について私は100%明確に反対の立場を取るということです。
 
それが自分で調べた結果です。
  

日本の国債の暴落の日が来たら一体自分達の生活に何が起きるのか、ということについても不安を煽ってもいけませんので、今回、詳細には申し上げません。
  

ただ言える範囲で言うならば、融資を受けて何かをしている人は利子が払いきれないほど高くなります。
 
そのため変動金利ではなく、マイナス金利の間に固定金利へと契約変更できる範囲でしておくべきです。
 
また日経は大暴落しますので、株をロングで持っている人は、損失を出します。長期金利が7%とかの水準に急騰したら、国債を保有している機関投資家が莫大な損失を出して、つまりは、まずは金融機関が壊滅します。金融機関が壊滅すると、連鎖的に不幸が起きます。既に三菱は国債の暴落に備え、プランを策定しており、有事の時は、数兆円でも売り払うことを視野に入れています。つまり国内投資家は売らないというのは嘘です。生き抜くためには売ります。
  

また、賃金が下がるにもかかわらず、物価が急騰しますので、生活に困窮が生じます。
  

これらは可愛い範囲ですが、
 
実際、国債が暴落したら、
 
日本の経済秩序は破壊されます。
  

そして、私はネガティブなことだけを調べているわけではありません。
 
今何をすべきなのか、今からどういう儲け方がやってくるのか、
 
ということも徹底的に調べ上げました。
 
私の準備が整い次第、自分の戦略の土台が実行できた後に、
 
メルマガの読者さんにだけ与沢レポートを公開します。

   
ちなみに申し上げておきますと、私はいたずらに皆さんの不安を
 
あおるつもりではありません。
 
防衛策と新しい稼ぎ方を考えるべきであるということです。

 
日本が置かれた問題のポイントは、異次元の金融緩和は間違っているということです。
 
そして、限界に達していること、
 
今は日本人が日本政府をとことん信じ切っているがゆえに、
 
経済及び金融が好景気のように映っておりますが、
 
この信頼が崩れる時、つまり、国民が政府への信頼を失う時、
 
過去最大の国のばらまき支出、これまでの財政出動及び金融政策の反動が来ます。
  

日本は、少子高齢化対策を放置し、移民、難民や外国人受け入れを無視して、
 
ただ単に増税へ舵を切り、支出を最大化してしまいました。
 
既に消費税を20%にしても社会保障費を負担できなくなっているんです。
 
10%になることなどただの通過点です。

  
簡単に言うと財政出動や金融政策ではなく、
 
本来はデフレのままで良いから、構造改革のみをおし進めるべきだったのに、
 
最終手段であるマイナス金利にまで手を出してしまいました。
  

日本政府の方策として、今や為替介入あるいは量的、質的金融緩和の追加しか策がないんです。
 
あとは市場が円安になると信じているだけ。
 
ここに大きな壁が立ちはだかりました。
 
米国財務省が円高は秩序だっているとして、肯定をし、円安による形状収支を不正な為替操作の可能性として
 
監視を始めたわけです。これは完全なる逆風です。影響はないと言っていますが、相手が米国ですから、
 
確実に為替介入もしづらい状況にあります。

  
そして、金融緩和は麻薬の機能です。
 
円高になると為替介入するぞと叫ぶ。
 
政府がなんとしても円安株高に振ろうとしていることはよくわかります。
 
今はその政府への信頼でなんとか維持されていますが、
 
日本人そのものが自ら選んだトップを信頼できなくなった時、この幻の蜃気楼は吹っ飛びます。
  

きっともうすぐ。本当に近い将来ギブアップするはずです。
 
既にドバイでは円の口座が廃止され、円口座を作ることすらできませんでした。
 
昨年まではできたのにです。ドバイ最大の財閥エミレーツ銀行が突如この春円預金口座を廃止しました。
 
この最新の情報を知っているのはタイミング的におそらく私だけです。
  

もちろんこれだけではありません。
  

日本は、麻薬に手を出してしまっており、
 
本質的な構造改革(赤字解消や外国人政策、税制、少子化対策、社会保障問題)
 
という本当に大切な日本の病気から目を背けています。
  

本来は税率を下げて、外国人を受け入れ富裕層を味方につけ、
 
英語の国際教育を子供たちに行い、デフレに耐え、構造改革しつつ、世界からマネーの集まる場所にすべきです。
 
私が日本に戻りたいと思うぐらいの魅力を制度として打ち出して欲しいのに、外から見た日本はますます帰りたくない気持ちが高まるばかりです。

  
自らの通貨価値を自然にではなく無理やりに薄めて、
 
それに連動して物価を上昇させようとするなど、自爆自傷行為です。潮目の変わった今年の企業決算を見ても、賃金が上がらなかった場合は、生活だけが苦しくなります。
  

全ては2020オリンピックに向けて、焦り過ぎていると思います。
 
もっともっと今から20年程度をかけてもいいから、
 
構造改革だけに集中し、質素倹約に努め、
 
国内産業を育てるべきです。

そもそも外に来て色々とわかったことは、日本は単体で優秀すぎるんだと思います。

自己完結できるということは、とてもすごいことで諸外国には真似できないことです。

企業の内部留保も3500兆ある、国民の金融資産も1500兆ある、だから国の借金はそれとの対比で言えば相対的には多くない、絶対額で見ないでほしいというスタンスだと思いますが、それは今までの前提に変化がない場合に限り問題とはならないのだと思いました。

今までの前提とは、1つに、日本国民が日本が大好きであること、日本政府を信頼していること、2つに、日本企業が世界で通用し続けること、3つに、閉鎖的であっても国内産業だけで景気が回ることです。

しかしながら、これらの前提が崩れた時、今のスタンスでは窮地に陥ると思います。日本人が日本を疑ってしまった時、日本企業の技術が諸外国の技術に勝てなくなった時、さらに国内産業が人口動態と預金性向の高さから、シュリンクした時です。

そうなってくると、今のやり方だと壁にぶつかります。段々と時代とずれてきている気がしています。

まずは経済特区を作って、金融規制を撤廃し、市場を一挙に開放するべきですね。

HSBCやCITIが日本から撤退した点などの話を聞くと、どう考えても閉鎖的です。

人種のるつぼにすべきです。

そして沖縄を世界に通用するリゾート地に開発し、カジノを作るべきだと思います。

沖縄こそが日本のキーになりえます。
  

また、輸出企業の増収のために円安にするといっても、
 
そもそも東芝も三菱もソニーも松下も、もう世界では
 
通用していないんです。
 
海外の電気店の売り場を見ればわかります。
 
日本は対外的には、自動車産業だけが通用しています。
  

また輸出企業が儲かるなら、反対に輸入企業にとってはコスト高
 
となっているわけで、既にアベノミクス円安を起因として
 
倒産している中小企業が多数あるんです。

 
また円安にしようとするということは、日本人が海外旅行を
 
できなくなるわけであり、さらには、円資本をもって
 
海外進出しようとする動機を削いでもいるんです。
 
さらに円を親元から送金してもらって海外に留学している
 
学生たちは生活コストが高くなりすぎて、
 
日本へ帰国している事例もあります。
 
これは本当にまずいと思います。

  
アベノミクスの副作用は将来必ずあります。
 
そしてそれは近いです。ドナルドトランプが米国大統領にもしも
 
なってしまった場合、イエレン議長をクビにし、
 
ドル安政策を導入すると公言していますから、
 
ドル安の反対は、円高です。
 
日本の投資家はまだ株高と円安を信じていますが、
 
確定的に日本政府を疑うのはドル円が
 
100円を大きく割った時でしょう。
 
ここから幻は一挙に潰えていくはずです。
 
将来に備えて下さい。
 
世界経済が見えていなければ
 
お金持ちになることなどほど遠いです。
 
それどころか自分個人の経済情勢を持続させることも不可能です。
 
与沢

LINE@募集中!
ID検索で @yozawa です。
スマホからの直リンクはこちら
https://line.me/ti/p/%40yozawa
 
公式メルマガはこちらです。
https://canyon-ex.jp/fx18412/gu3atN

関連記事

  1. 前向きなエネルギーを持とう
  2. 節目
  3. 与沢翼、魂の声
  4. 感覚で成功はできない
  5. 【確率の高い方へ掛け続ける】
  6. 振れ幅
  7. ドバイの街並み
  8. 新しい何かを創造する人

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 最近景気はいいですか?
  2. 友人が遊びに来てカジノへ
  3. 世界史を独学しています

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

「秒速1億円稼ぐ条件」を応援していただきありがとうございます

「秒速1億円稼ぐ条件」を応援していただきありがとうございます。電子書籍『…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ドバイマリーナのマンションを買いました。
  2. 久し振りにpaiza行ってきました
PAGE TOP