思うこと

日本人は寝ぼけてる

こんばんは、与沢です。
 
このようなツイートを先ほどしました。
 
https://twitter.com/tsubasa_yozawa
 
日本は人口の無駄遣い。本気で勝負する人少な過ぎ。
 
ドバイがあるアラブ首長国連邦は人口950万湾岸協力会議6か国で3千万人しかいない。
 
シンガは人口5百万、人口少なくても日本より一人当たりGDPが高い国は25カ国ある。
 
外に出て思った、日本、人口多すぎだって。1億皆頑張れば世界一になるのに。
 

今日は、この続きを書きたいです。
 
私がまず海外に来て思ったのは、
 
例えばマレーシアの人口3000万と聞いた時、
 
最初は少な!っと思ったのですが、
 
実は違いますね。
 
3000万は多い。
 
タイ6000万は多すぎ。
 
そして、中東などを見ると人口数百万が当たり前。
 
シンガポール500万人でも今では普通だなと思います。
 
つまり1億2700万人なんて多すぎなんですよ。
 
日本から見ると中国13億人、アメリカ3億人が目について自分たちが普通だと思いがちですが、
 
世界と比べると人口1億は相対的に多すぎなんです。
 
ここに世界の国別の人口ランキングがあります。
 
http://ecodb.net/ranking/imf_lp.html
 
日本は世界11位です。
 
にもかかわらず一人当たりGDPは、26位
 
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpdpc.html
 
短絡的なことを言えば、人口11位なら一人当たりGDPも11位以上でよくないですか。

 
様々な国を見て検討し行きついた結果、
 
GDPの合計で見ても意味がないと思うということ。
 
なぜなら、同じ人口で比較していないのだから、
 
そもそも比較になっていないからです。
 
私たち国民の努力は一人当たりGDPに表れます。
 
例えば年商がでかいけど、社員一人当たり利益が小さい会社というのはたくさんあります。
 
人数が多いけど、社員一人当たりの売上や利益が小さい会社もたくさんあります。
 
そうなると、一人当たりに配分されるであろう所得も低いということにつながります。
 
一方、真に社員給与や役員報酬が高い企業というのは無駄な間接コスト(例えば上場維持費)などがなくて、
 
一人一人が努力し、一人当たり最終利益を高めている企業です。
 
だから国も一人当たりGDPで真実の比較をしないとならないと思います。
 
すると日本は26位です。
 
この数字がNEWSなどになることはないです。
 
なぜならグロスで日本は3位だとやっていた方が自尊心が満たされるからだと思います。
 
しかしながらかつては色々な分野で世界一と言われた日本です。
 
26位で甘んじている場合ではありません。
 
これを思うに日本人は甘ったれていますね。
 
寝ぼけているといったほうが良いか。
 
低欲望社会なんて言われてますが、
 
低欲望どころか無気力ですよ。
 
例えば、所得に比して安い値段でご飯が食べれて、性風俗産業とかは毎年のように低廉化していき、雨風をしのぐ家もある。
 
つまり、飯に困らず性欲処理にも満足し、とりあえず生きていければよいという寝ぼけた結末です。
 
私が思うに、日本をダメにしているのは国民自身です。
 
やる気を出さず、現状に満足し、だらだらと生きる。
 
勉強もしなければ、リーダーになる気概もない。
 
世界に目を向けず、ニュースも読めない。
 
少なくとも私は飯が食えて、性欲が処理できて、最低限住む家がある、なんて状態で満足するつもりなどありません。
 
もはや私から言わせるとそれは生きている意味がない、死んでいるも同然となります。
 
1億とはいわず、生産労働人口の5000万人が本気で立ち上がるだけでも日本は世界一になります。
 
それを目指さなきゃいけないのに、頑張ろうとする人が少な過ぎる。
 
やれ悪口、やれ噂、やれ不満と。
 
嫉妬、疑念、不安、いら立ちに満ちた終わっている民族に成り下がっています。
 
勇気を持たず、批判を恐れ、足並みをそろえて目立つのを恐れる。
 
努力しないことを人の足を引っ張ることで納得している。
 
みんなびびりのチキン野郎になってしまっているんですよ!!
 
この投稿をひっそりと読んでる人たちだけでも本気で人生を生きてほしいです。
 
一人当たりGDPで世界一を取って下さい。
 
まずやれることとしていえば、個人個人が、自分なりの限界を突破することに挑むことだと思います。
 
8時間働いている人は16時間働く。
 
5時間勉強している人は10時間勉強する。
 
またハードワークだけでなく、現状では突破できない目標にエントリーして、それに挑むことです。
 
大切なことは全てドランゴンボールが教えてくれました。
 
勝ち目のない相手と戦うことでしか自分の限界は突破できないです。
 
何にしても日本は宝の持ち腐れです。
 
1億という巨大な獅子、それも優秀な民族が眠っています。
 
でもどこの国も日本を恐れているように思えません。
 
それは眠りから覚める気配がないからですよ。
 
与沢 翼

PS:画像はリッツカールトンレジデンスからバンコクの眺め。
日刊のコラムを送るメルマガはこちらです。
 ⇒ https://canyon-ex.jp/fx18412/gu3atN

関連記事

  1. 第7話 米国株及びWGBSの詳細
  2. 最大公約数の理想とは何か?
  3. かなり感銘を受けた記事
  4. 今年最後にあなたがやる事
  5. 生涯の教訓とします
  6. 他人の力を借りる
  7. 第11話 成功しない人の特徴
  8. 蒼天已死

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. フェラーリが上場しました!
  2. これから日本に起きること、そして生き抜くために
  3. リッツカールトンレジデンスを3億弱で買いました。

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

馬と机と本棚

馬と机と本棚が届きました。ここでゴリゴリ仕事してます。 ところでドル円は105円台へ突入。…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【人は一人のときにしか成長しない】
  2. 【成功へのステップ③】
PAGE TOP