思うこと

なぜ動き続けるのか?

こんばんは、与沢です。

ドバイで怒涛のスケジュールをこなしています。

早くも1時間単位で計画を立てて動いていて、

とてつもない速度でビジネスが進展しています。

また追ってお話ししますが、既に2億5千万の投資を実行しました。

投資対象を見て、決断するまでに実に30分です。

これまでのすべての経験が総和となって、

私に直観を働かせています。

的中するかどうかを別に、私は大量の学習とその何倍もの行動

によって今までの人生を作ってきました。

タイトルの件ですが、なぜ私は動き続けるのか?

一つの事や所で安住せず、思いついたアイディアをすべて実行しています。

ある発想がよぎってもたいていは論理的に考えて辞めてしまうことが多いそうですが、

私の場合は、ある発想がよぎったら、とりあえずやる、と決めています。

そもそもある発想が私の場合には論理的に理に適っていることしか思いつかない

からというのが理由です。

そもそもロジック的におかしいことはしません。

常に根底にあるのは、今よりももっとよくするために、これをベースとして、

改善を積み重ねようとしています。

ローマは1日にしてならず

しかし待っていてもローマになるわけではなく、

動きまくって時間をかける

これが大切です。

そして何よりも動くことで、次の景色が見える

というのがあります。

あれこれ考えて結局辞める、多くの場合、これだと進歩はないです。

結局同じことを堂々巡りでするだけ。

それよりも動いてみると次の発見が必ずあり、その発見が第三の道へ通じます。

当たり前のことかもしれませんが、実際にアイディアを得ても躊躇する人は多いはずです。

行動するときに制約条件はつきものです。

海外に行こう でも予算が。

環境を変えよう でもうちの嫁が。

このように出せばいくらでも出てきます。

大切なのは、その制約条件をどうしたら乗り越えられるのかを

調べ、考え、試すことです。

とにかく動く、大量行動することでしか道は開けないと思います。

与沢 翼

関連記事

  1. 夢×熱狂=成功
  2. 2014年のテーマは【happyオーラ】で決まり
  3. 心を喜ばせてあげよう
  4. 最近考えたことをピックアップ
  5. 第6話 短期投資実践編
  6. 窮したときこそ、本質に戻るべきなのである
  7. 全ては絶対的必然
  8. 明日から7月

最近の投稿

アーカイブ

PAGE TOP