思うこと

有名人との付き合い方

3日コラムが空きました。すみません!

今日から平常運転に戻ります。

ここ数日含め、この1か月は色々な方にお会いし、

たくさんの勉強をさせていただきました。

私が最近お会いする方は、大物過ぎて、お名前や

お写真など絶対に出せない方がほとんどです。

このように言うと嘘くさく聞こえると思うのですが、

いずれも各界代表の著名人の方々ばかりで、

紛れもない真実です。

今日はまずそのあたり有名人、影響力者にまつわる話で、

大切なことをお伝えしたいです。

すぐに役立つ知識かはわかりませんが、

人生で覚えておいて損はないです。

著名人というのは、どこにいるのか、誰といるのか、いたのか、

そういう写真や個人の情報等をSNSに公開されることを極度に嫌います。

つまり、著名人との写真や情報をSNSにアップする人間は

著名人側から距離を置かれるということです。

かくいう私も昔は、著名人等との写真をSNSに投稿していた時代があり、

自分の失敗談でもあります。

といっても私は、テレビでお会いした方ばかりなので、

一応その時点で掲載する必然性と最低限の許可はあるのですが。

稀にプライベートでの写真を一部ミスしてしまい悪用されました。

一度でもこのように公開をしてしまうと、基本的に、芸能界等、

どの世界であってもそうでしょうが、業界から、危険視されていきます。

とにかく著名人は、自分のことを公開しようとする人が大嫌いです。

死ぬほど嫌いです。

一方、一般人というのは、著名人との写真をSNSにアップしたくて仕方ありません。

著名人と交流している、すごいと思われると、人が集まってくるからです。

つまり、一般人は自分のために有名人を利用するわけです。

有名人はファンサービスで仕方なくやらざるを得ないときもありますが、

状況によっては本当に嫌であって、気持ちが真逆、利害が一致しないわけです。

私も無名の頃は、有名人との写真を撮ったら公開したくて仕方ありませんでした。

ですから、その気持ちがわかります。したがって自分を棚上げするつもりはございません!

しかし、今は私も一般人というほど無名ではなく、有名人ではありませんが、

その手前ぐらいだと思います。

そんな無名と有名の間ぐらいの私には両方の立場がわかります。

無名の人が、有名の人にあやかろうとする気持ちもわかりますし、

有名な人が、利用されてしまうのをすごく嫌う理由もわかります。

嫌うというよりは、知らないところで恐ろしいことに使われていたりして、責任が取れないから困るわけです。

例えば、これは私によくある事例ですが、

仮想通貨やネットワークビジネスや投資関連の話などに、私が投資している、私もやっているとふれこみをされているという報告を、シンガポール移住後も、かなり頻繁にもらいます。

日本にいた時は半数以下になった気がしますが、それでもまだあります。

特に仮想通貨や新興国投資系は、私がシンガポールにいる関係上、それっぽく聞こえるようで、それに悪用されているそうです。

しかし、なにせ、私は、今、いかなる団体や組織、個人とも提携せず、一人で、トレードとカジノと不動産とネット関係のお仕事だけをしています。

ですから、そんな大それた事業に私が関与しているわけはないのですけどね。

なので、公式メルマガをみんながみてくれてたら有り難いです。

セミナーなどで、事例研究として引用していただくのは、大変ありがたいのですが、嘘をつかれると結構困ります。

昔あったのは、私と撮った写真をTWITTERに貼っていたため、実際に知り合いだと思って騙されてしまった、という方もいました。

私が5000万の出資を約束していると嘘をついてその会社に与沢を接待するための300万の経費ということで、申し出たそうです。

この相手というのが大物系の相手だったのですが、説明を求められても私は何もしていないし、大変困ったなという経緯があります。

これら一切の詳細は、関係者もおりますので省きますが、

この一例だけでなく私もたくさんのことに巻き込まれてきました。

そんな経緯を経てだいぶ前から、著名人と会ったことはおろか

写真を撮って欲しいと自分が願うこともなくなりました。

例えば、今私がどんな有名人と会っても写真を撮りたいとか思いません。

その有名人の方に信頼していただきたいとは思えど、その写真を撮れば、

相手には嫌われるからです。

しぶしぶOKしてくれても相手は本当に嫌な思いをしています。

結局それかって感じですね。

周囲のために二度と会わないであろうと思っている有名人を踏み台にするのか、

一生会える仲にするために秘密や情報を守って信頼してもらえる存在になるのか、

この違いです。

前者は、有名人よりも周囲から自分がどう見られたいかを大切にしており、

後者は、周囲よりもその目の前にいる相手から信頼されたいということを重視しているわけです。

そしてここからは一般論ですが、

著名人を見て写真を撮りたいと申し出るタイプは、まだ著名人慣れしていない人です。

著名人に慣れていない人は、条件反射的に写真やサインを求める傾向があります。

また、そうすると著名人が喜ぶと勘違いしている場合すらあります。

もちろん戦略的に写真を撮りたい理由があるのかもしれませんが、

一般論としては、著名人を見て、握手、サイン、写真を求めるのは、

成果を出していない人である傾向が圧倒的に多いです。

これは経験則からもなんとなくわかると思います。

私も昔は多少ミーハーな部分もあったかもしれませんが(それでも少ない方でしたが)

今なんて、別に有名人が目の前に同じ卓にいても何も思いません。

もちろんすごいとは思いますが、同じ人間ですし、もう慣れてしまって、特に何も思いません。

というより自分も有名の小さな真似事を体験してみて、テレビに出ていることがたいしたことでもない

と思うようになったからですね。

そして、このお話には例外があって、

大物が、大物のファンであるという現象がたまにあって、

これだと話が釣り合って成立したりします。

つまり、ある著名人や影響力者が、別の影響力者の大ファンで、

そのような状態で、写真やサインを求めると、求められた方も喜んで

自分のSNSに掲載して釣り合ったりすることもある、ということです。

例えば、東証一部上場企業の社長が別の東証一部上場企業の社長のファン

である場合は、写真公開も双方喜んで成立することが多いわけです。

それはつまりお互いのレベルが一緒だからです。

また、芸能界でも、ブログをしているタレントは多いですが、

誰はブログ写真NGとか、誰はOKかもしれないがそれであっても毎回写真付きで確認する

という慣習があるそうです。それをしないと事務所間で削除要請が飛んだり、

芸能界の中でも疎まれたり、距離を置かれたりするそうです。

ですから、著名人と一般人、その写真を公開する、されるという関係で考えたときに、

著名人側は、どちらかと言うとマイナスしかない一方、一般人はメリットしかない、

ということで、WINWINが成立していないわけです。

だから、嫌がられます。

著名人側は商売や自慢に使われるだけで、内容次第では、騙される人も出たり、実害も出ますからね。

責任問題に発展しても寝耳に水で全く知らない、ということすら起こるわけです。

そこで、これは皆さんへのアドバイスですが、著名人を見ても、サイン、握手、写真を求めない方が良いですよ。

自分のレベルの低さをわざわざ露呈するようなものです。

レベルが低くないとしても、相手の気持ちは考えてよくよく慎重にお願いします。

相手が自分をとてつもなく好んでくれているように感じられる場合など、双方釣り合う場合にした方がよいです。

つまり、このメルマガを読んでいるあなたが、

例えば、何らかの分野でかなりの結果を出した人で、

著名人側からも喜んで!お写真撮りましょう!と言われる人であれば良いのですが、

基本的には、著名人側は、そういうお願いをされること

自体が続いていて、辛いわけです。

断って空気が壊れることにも心を痛め、

我慢してOKして、結果望まない形で公開となる

のも嫌なんです。

もちろん、公開の仕方、範囲、文章の書き方によっては許容される範囲もあると思います。

しかし、あくまで許容であって、積極的に掲載されることを喜んでいるか

というそうではないことばかりだというわけです。

自分のメリットだけでなく、相手に自分はどんなメリットを提供できただろうか、

自分からまず相手に貢献してからというのが人間関係の常識であって、

例えばそれはメルマガなどでも、日ごろ、役に立つ情報なく、売り込みばかりであれば、

人間関係が成立しないのと同じで、このメルマガも成立しません。

そこで私は無料であってもまず貢献できることを皆さんに考えてやっています。

ということで、話を戻しますが、今後は写真やサインや握手はあまり求めない方が皆さんのためになります。

というのは、この人は秘密やプライベートをしっかり守れる人だと信じられると、一挙に芸能界や経済界の人脈が広がったりするからです。

しかし、写真を求めてくる人と著名人が次に会うことは、特別な状態を除いて、まずありません。

私もこのことについてはたくさん悩んできました。

自分が有名人を利用してしまったこともあるだろうし、自分が利用されてしまったこともあります。

両方を知っているからこそ、結果として今思うのは、やはり自分がされて嫌なことは辞めようということです。

そこから著名人にあやかるという気持ちは、自然と消えました。

それよりも自分らしさ、私は芸能人や著名人や実力者や成功者の誰になりたいわけでもなかったわけですから。

自分らしく生きること、たいしたことない自分であっても等身大で生きていくことに、カッコよさを感じるようになったというわけです。

私は私ですから、皆さんも皆さんです。

今日の結論ですが、

人に乗っかるのは、あまりかっこよくない。

自分が良くても、写真を載せられる側に迷惑をかけているということ。

迷惑でなくても本当にプラスなのか、ということ。

著名人を著名人扱いした時点で、著名人からは、あ、こういう人ねと思われて、受け入れられることはないです。

人として実績を出した者同士が、どちらが上とかなしに、尊敬し合いながら自然と付き合えることが大事。

人間関係は自然かどうか、これが何よりも大事です。

例えば、力もない人や実力もない人が飛び級で、上に割り込もうとしても、それは自然ではないので、

上が違和感を感じて、必ず排除されます。

人間関係は自然なのか、どうか、これが全てです。

出会うことが必然であり、互いの道で頑張った結果、ある時点で合流したという感じが自然です。

不釣り合いな関係や写真は相手に迷惑かけるだけだし、自然でないところを無理やりこじ開けても相手を傷つけるだけです。

それでもなお、もし今すぐ上の人脈に飛び級したい場合の唯一の方法は、GIVE GIVE GIVEです。

徹底的に貢献して、徹底的にもらわない、これを貫いて誠意を見せれば、上の人達が動く場合があります。

この精神性、貢献性、スタンス自体が素晴らしいと評価されて、何も実績もないのに上の人脈に導かれる人を何人も見てきました。

私はそういうタイプではなく、実績を示すタイプなので、そのやり方はよくわかりませんが、

ある意味自分が気に入って飛び級させる人の傾向を見ると可愛がられる人の特徴もわかります。

そんな感じです。

PS:これはぜひご覧ください!久しぶりに私が登場する対談が閲覧できます。

 ⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=3294&u=3&u=3

———————————————————-

与沢の本音(1日1個好き勝手なこと言います)

いずれによせ、自分のメリットよりも

相手のメリットを先に考えられるようになると、

ビジネスは一挙に伸びます。なぜなら支持されるからです。

ビジネスだけでなく、恋愛も人生もそうだと思います。

私は、お願いされたくないので、自分もお願いを他人に安易にしないです。

なるべく自分の頭と体で努力します。

一方、自分のメリットのことだけ話す人は、人生で行き詰まるでしょうね。

今日の写真の話も全く同じです。

ちなみに、私が今の彼女を選んだのも、自己犠牲して私に全てを捧げてくれたからです。

このあたりはまたいつか参考に話せればと思いますが、与沢翼の専横君主制についてきた女です!

ですから実は麻美も並じゃないです。ただ巨乳だからってわけでもないんです。

先に貢献されてしまったら、もう私も何も言えません。

結局、最強のあげまんでして、本当に感謝していますし、

これが俺を傘下に収める女性なんだな、本当にすごいなと

思っています笑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 生涯の安定
  2. いつまで働きますか?
  3. 他人の力を借りる
  4. 敵の鋭気を避け、その惰気を打つ
  5. 成長国家から学ぶビジョンの重要性
  6. 前向きなエネルギーを持とう
  7. 今日は改めて私の想いを少し書いてみようと思います

ソーシャルメディア

  1. FACEBOOK
  2. TWITTER
  3. YOUTUBE
  4. LINE@
  5. MAILMAGAZINE

アーカイブ

おすすめ記事

  1. バカラの大会に出てきます
  2. デート
  3. 高級車大国ドバイ

Mailmagazine

カテゴリー

おすすめ記事

フェラーリエンツォ一億八千万円です

フェラーリエンツォ一億八千万円です。取り敢えずうちの中に放り込まれていました^^…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ラルフの本棚とシャンデリアが届きました
  2. 帰国
PAGE TOP