仕事

観察に勝る成功法則なし

仕事ができる人は、世の中をよく見ている人だと思う。

例えば、社員のこと、取引先のこと、読者のこと、顧客のこと、とか。

自分以外の他者に対して、よく観察できている人は、例外なく仕事ができる人だと思う。

逆に、仕事ができない人は、全く物事を観察していない。

世の中のことも、恋人のことも、友達のことも、ビジネスのことも。

ただ、観察にも技術が要ると思っていて、

てんでお門違いな観察をしては逆効果になりかねないと思います。

観察するなら、正しく把握しないとならない。

そこで、今日は観察の技術についてお話したいと思います。

まず、対象を見るときは、色々な角度から、という大前提。

例えば、人を見るときは、表情、声のトーン、言葉使い、服装など、異なる視点から見る。

ビジネスを見るときは、売上だけでなく、利益、顧客単価、顧客層、社会性、実需、営業種別など。

男子が女子を見るときは、顔だけじゃなくておっぱいとお尻と足とお腹と腕と性格と声も観察した方がよいかもしれない笑

本当に大切なことは、色々な視点から見るということだと思います。

例えば、海外移住のメリットとデメリットについても、税制、地政学上のリスク、食事、遊び、健康、気候、ビジネス面、周辺国や政治情勢など

多様な視点から考察しないと、本当の意味で良い決断が下せるとは思えません。

一番わかりやすい例がトレードなのですが、

1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足全て表示チェックするべきだと思います。

もちろん短期トレーダーにとって月足や週足がそれほど意味がないことはわかるのですが、それでも見るべきだと思います。

森の中で、どこにいるかを見るためです。

全てチェックした上でも、判断に変更がないかを確認するべきです。

私が使っているシステムでは何台でもインストールが可能ですし、画面分割によって上に示した全ての足を一覧で表示できます。それどころか金、銀、原油、各種通貨ペアなども同時に表示できます。

観察というのは、色々な角度から見ることです。

時に上から下から左から右から正面から後ろから、全く見え方が異なります。

一つの視点から見て思い込む人が一番ビジネスには向かないと思います。

色々な可能性があることを知った上で、一つを選ぶセンスというものと、一つの視点から絶対そうだと思い込む勘違いの差は大きいと思いますね。

ウォーレンバフェットが自分が何をしているのかわかっていない人間は破たんする、それこそがリスクだと言っているのと同じです。

私が大切にしているのは、私は色々な視点から見た上で結果的に自分の人生を選んできているので、後悔のない結果になっているとは思います。

なぜなら、色々な視点から見ておけば、改善が早くできるので成長も早いからです。

そこで、観察する時は、多様な角度から、というのは覚えておいてほしいです。

次に大切なのは、変化を見るという点です。

清楚な子が派手になった、派手な子が清楚になった。

だらだらしていた人がしゃきっとするようになった。

この範囲にいたものが、その範囲の外に出てきた

青から赤になった

など変化はある状態から別の状態へ移り変わることですが、

その変化に注目するとビジネスが上手になると思います。

今まではこの流れだったけど、今はこういう流れ。

これが見えると人よりも少し先に行動できるようになるからです。

例えば、今世界で起こっている変化とは、アジアシフトですし、個人の時代の到来だと思います。

そして、3つ目の観察の技術は、継続性、です。

ある程度の長い期間で観察していかないと、変化が見えないし、各視点間の相関がわかってこないからです。

特に変化に注目できる人は多くても、左から見えたものと右から見えたもの2つの間のつながりに気が付く人は少ないです。

例えばですが、$円が下がるとユーロドルが上がることが多いのはなぜか、

FXにおいても異なる通貨ペアの間に一定の相関が発見できます。

また、日経指数が下がると、ゴールドの価値は逆相関して上がるのはなぜか、とか。

ですから、ある程度の期間見てあげないとダメだと思います。そういう相関も長い間深く観察するのです。

天体観測と同じでしょうね。

例えば子供の変化だけでなく、子供とその友達の相関なども見るべきです。

最後となりますが、最も大切なのは、個別具体的な現象を観察して法則を導き出すことです。

例えば、営業が上手な人10人のやり方を同時に多様な観点から継続して観察し、10人に共通する要素を抜き取ることで、営業の成功法則が抽出できます。

10人全員でなくとも半数以上に見られた特徴でも良いかもしれませんね。

株価の動きから法則を編み出すこともできます。

地合いは常に変化するので、過去の勝者が未来永劫勝者であるとは限らず、これまで初心者だったものが、これから勝者になることあります。

それは常に株価の動きには地合いごとに新しい法則が生まれているから、ともいえるわけです。

またビジネス全てにおいて、新しい法則が生まれていくので、それを早くに抽出できた人間が富を得るわけです。

そのような感じで、観察するときは、

色々な角度から

継続して、

変化を見つつ

相関を探り、

法則を抜き取る

という感じでやると、この世の中でうまくいかないことはない気がします。

これが、観察力です。

仕事ができない人は観察していない人、そして、一つの視点から勘違いな分析をしている人だと思います。

センスがよく成果を常に出せる人は、よく事物や現象を観察していて、かつ、多角的な視点から柔軟に幅広く考えられる人だと思います。

与沢 翼

関連記事

  1. シンガポールの夕焼け
  2. 与沢塾生さんや彼女のあーたんと豪華なクルージング
  3. すごいです。200名を超えていました。
  4. 1000万の勝負
  5. 今日は自宅で打ち合わせ
  6. 今日は自宅で不動産会議
  7. 伝説の起業家たち
  8. シンガポールからの荷物

最近の投稿

アーカイブ

PAGE TOP